DJ DRAGONの気になる機材

機材が大好きなDJ DRAGONが気になる機材を紹介していきます。

気になる記事検索
WEB全体の検索(ページの下部に表示)
この記事内のキーワード検索は上部のFC2バーより
最新記事
カテゴリ一覧
DJ教則動画
Youtube動画リスト

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

PIONEER DDJ-WeGO3チェック!反応が良くなってる!

2014.11.22

category : デジタルDJ(コントローラー系)

少し前にマイナーチェンジしたDDJ-WeGO3をチェック!

入門機として人気の高いWeGOがマイナーチェンジしています!

大きく改善された点は


専用の電源が付属し、iPhoneの充電をしながらプレイできます。
WeGO2では充電が切れると終わりだったのでかなり便利になってます。


JOGの反応が格段に良くなっています!
旧モデルはとてもスクラッチできたもんじゃなかったのですが、今回のはスクラッチできます!

ついでに

WeGO2


WeGO3
クロスフェーダーの下の余白が多くなっててスクラッチやりやすいです!


WeGO2


WeGO3
つまみも実はハズレないタイプのつまみに変わっています!
コレは単純に助かります。


パソコンとつなぐ際、Serato DJ Introにも対応しました!
初代WeGOは対応してたのに、WeGO2は対応しなくなっていたのですが、これは嬉しいですね。


あと、全体的なフォルムが一新され、かっこよく、持ち運びしやすくなりました。
WeGO2の時よりも価格が安くなったので、良くなったのはこのくらいでしょうか?



逆にWeGO2の方が良かった点。

WeGO2は4デッキに対応していました。
iPhone等でやる場合は特に関係ないのですが、パソコンとつないでTRAKTORなどでプレイする時に便利ですね。


ちなみにWeGO3


WeGO2のJOGイルミネーション


WeGO2はこの辺りのつまみでRGBで好きな色に光らせる事が出来ました。
個人的にはどうでも良いですが、インテリア感が強い方には嬉しい機能でした。


特に残念だったのはこちら
WeGO2にはエフェクターの割り当てが5つあったのですが...


WeGO3では3つに!
エコー、フランジャー、フェイザー、ビットクラッシャー、ゲートの内から3つのエフェクターが使えるのですが、WeGO2で使えてたフィルターとキーが無くなっちゃいました。残念!
(iPhoneの画面からかけることはできます。)
ミックス等でもよく使うエフェクトなのでちょっと不便ですね。


ついでにLOOPもこっちの方が良かった。
MOVEもいける!


と、WeGO3は基本性能がアップして、あまり使われていない機能を省いた印象です。iPhoneの充電に対応して、Serato DJ Introに対応したのもポイントです。

しかし、4デッキ、フィルター、JOGイルミネーション等、WeGO2の方が良い点もあるので2の方が良い方は安くなってるので今のうちにゲットしましょう。

ブログパーツ
スポンサーサイト

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

comment(0)  trackback(0)

PIONEER DDJ-SX2チェック。現行のDDJ-SX1との変更点

2014.08.23

category : デジタルDJ(コントローラー系)


今度モデルチェンジするDDJ-SX2をチェックしてきました~♫


DDJ-SX2


DDJ-SXとの大きな違いは、
PADがカラーになったのと、JOGの真ん中に赤いランプが4つ分付いたのと


Serato DJの新機能FLIPに対応した点

あと、プラグインは別売りですが、

DVS機能に対応!
アナログターンテーブル等を繋いでバイナルコントロールが出来ちゃいます!!
これは現行のDDJ-SXは対応しません。

ちなみにFLIP機能は

PARAMETERのボタンと連動しているようで、現行のDDJ-SXでもFLIPプラグインだけ購入すれば使えるようになるそうです。

以前JOGの光り方を変える方法をご紹介しましたが、今回はフェーダーのカットラグの位置の調整方法

SHIFT+再生ボタンを押しながら電源ON


こんな感じになって、曲を選ぶブラウズを左の方に回すとキレが良くなります。
詳しくは取説を見てね♫


ここが一番左で


こっから音が入ります!

現行のDDJ-SXとの違い
・PADがフルカラー対応
・JOGに赤いインジケーターがついた。
・FLIP機能専用のボタン(FLIP機能標準搭載)
・DVS機能拡張可能。




パイオニア DJコントローラー DDJ-SX2 Pioneer DDJSX2

パイオニア DJコントローラー DDJ-SX2 Pioneer DDJSX2
価格:102,708円(税込、送料込)



ブログパーツ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

comment(0)  trackback(0)

RELOOP Beatmix4をチェック

2014.07.24

category : デジタルDJ(コントローラー系)


前回はiPhoneでも使用できるBeatpadをご紹介いたしましたが、今回はSetato DJ 対応のBeatmix4をお借りしましたのでご紹介


Beatnix4には現在キャンペーンでSerato DJのシリアルが付いて来るので、Serato DJで起動。(限定100台)
置いてみると、思ったよりもデカイな~!という印象。しかし、やっぱりこの位の存在感があった方がやってる感、ワクワク感、があってヤル気がします!!



Beatmix4の紹介!
ミキサー部分

ミキサーは4ch仕様!シンプルでスッキリして使いやすそうです♫


プレイヤーは2ch分しか無いので、このボタンで切り替えて使えます。


GAINが独立して付いているのは、ポイントです。低価格でもこういうとこをオートゲインにしないところがRELOOPのこだわりでしょうか?
MASTERボリュームもここにあるのは嬉しいです!


この縦フェーダーの真ん中がMASTERになっていたりするものもありますが、結構困ります。SAMPLERのボリューム調整ができるのはかなり便利です!


曲選びもかなりシンプルで迷わない作り!この部分かなり重要なんですよね~!もしかするとコントローラーで一番使う部分かもしれませんので、曲が選びやすいのは重要です!



JOG部分

Beatmix4の大きなポイントがコレ!
JOGのマーカーがついています!低価格帯では珍しい♫しかも、マーカーがズレません!ちょっと前にあったDDJ-S1とか、NS6とかに似た感じです。しかもJOGが大きめなのでかなり使いやすい!

ちなみにBeatmix2だとSeratoDJを使ってもこのマーカーは光らないそうです!


試しに同じ曲を読み込んでジャグリングやってみましたが、コレ行けます!
4chなのでやりにくいかと思ってましたが、左右のプレイヤーの間隔がアナログでやる時に近いのでしっくり来るんです!


フェーダー部分

スクラッチも結構いける方。
恒例の一番右


こっから音が入ります。


ついでに、フェーダーにはリループのロゴ入り


PAD部分

全体的にかなり気に入ったのですが、ちょっと残念なのがPAD部分。


PAD MODE A
上段でCUEを4つ使えます。5-8はSerato DJでも使えませんでした。

下段ではLOOP。
しかし、Serato DJ Introの時と同じく、1拍より細かく出来ませんでしたT^T

Serato DJなら外部MIDIコントローラーにアサインできるので、nanoPadとか買ってアサインした方がイイかもですね。


PAD MODE B
上段でサンプラー4つならせます。
下段はSHIFT押しながらでサンプラーの音を消せます。
せっかくなのでSerato DJの時は6まで鳴らせて、バンク切り替えができるようにしてて欲しかったですね。
Introでもサンプラー鳴らせました。


実際よく使いそうなのがコレ
A/BのSPLIT
上段CUE、下段サンプラー


エフェクター部分

エフェクターは結構使いやすく、ツマミを回すと自動でエフェクトがONになるので使いやすい。SHIFTを押しながらツマミを回すとエフェクターの種類が選べます。



INTROとの比較


Serato DJ Introでも起動してみました!
Introでも4Deck使えるんですね~♫


Introだと一番困るのがJOGイルミネーションが光らなくなる点!やっぱりIntroだとジャグリングはムリです。あと、エフェクターの数もかなり少ないです。録音も出来ない。
サンプラーのPADも赤く光ってくれません。(ならしてる時だけ光ります)

Serato DJとSerato DJ Introの比較
SERATO.jpg
※−Dirigentホームページより



入出力端子

ヘッドホンアウトは標準とミニがあるのでイヤホン等でも使えそうです。


アウトプットはRCA(赤白)のみ



最後に、Macでよくある接続時のトラブルシューティング!
OS10.9等で、何故かSeratoの上のプレイヤー部分が出てこない事がよくあります。そんな時は

Finderでユーティリティに移動


AUDIO MIDI設定を開きます。


MIDIウィンドウを表示


ここにBeatnixが出ていなければ


新規構成


好きに名前を付けてOK


Beatmix4が現れればOK

ブログパーツ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

comment(0)  trackback(0)

薄々DJコントローラーNumark MIXTRACK EDGE!

2013.12.12

category : デジタルDJ(コントローラー系)


面白い商品を見せてもらいました!


Mac Bookとより小さいですね。


薄さは同じくらいです。

正体はこれ!

Mix Track Edge!


パソコンに繋いでDJができます。持ち運びには楽すぎますね♫

各部の見てみましょう。

縦フェーダー薄!!


まぁ、スクラッチは無理っぽいですね。


ミキサーの上の方。
BROWSEボタンでJOGを使って曲を選びます。


JOGも薄くて小さいですが、十分の機能性。このサイズでHOT CUEが付いていることにビックリ!


JOGの上の部分にEQが付いています。
サンプラーやLOOPも出来ちゃう!
エフェクター等も操作できたはずです。


こんな薄型なのに、USBとオーディオインターフェイス機能も搭載!


ヘッドホンジャックは右側


最後に、こんな感じなので持ち運びには最適!


これも同時にチェックできたので今度紹介します。

ブログパーツ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

comment(0)  trackback(0)

Serato DJ Intro用PIONEER DDJ-SB

2013.12.11

category : デジタルDJ(コントローラー系)


Serato DJ用のDDJ-SXが大ヒットして、その廉価版DDJ-SRが発売と、ノリノリのシリーズですが、今回ご紹介するのは、同シリーズですが、Serato DJ Intto用のDDJ-SBです!

個人的予想としては
SX=Serato Xtreamとか
SR=Serato Reguler
SB=Serato Beginer
という感じかな~?とか思ってます。(違ってたらすみません。)


まず、JOGはSRやSXと比べて、ちょっと小さいくらいです。もちろん光りません。


Serato DJ Intro用なので、Padの下の段が再生や、CUEボタンになっています。


上の段の4つのPadで、CUEやサンプラーがならせます。赤い文字はShiftを押してからの機能ですが、こちらはSerato DJにバージョンアップしないと使えないようです。
AUTO LOOPは1/2/4/8だったと思います。MANUAL LOOPだと1/2が付いてるので1拍より小さくしたい場合はMANUAL LOOPを使いましょう。


エフェクターはつまみ1個。
このツマミを回すとSerato DJ Intro側の3つのエフェクターのツマミがまとめて動きます。


ミキサー部分にFILTERのつまみがあるのはかなり便利。GAINはオート。
曲のブラウズのすぐ隣にLOADボタンがあるので選曲がやりやすいですす。


DDJ-SB独自の機能がこのFILTER FADE!
クロスフェーダーを切り替える動作でフィルターが上手いことかかります。

これは動画を撮ったのでそちらをご覧ください。



ホントにビギナーにはお手頃でカッコ良いのでいい機材だと思いますが、ちょっと出来るようになるとSerato DJにアップグレードか買い替えってなるなら1つ上のDDJ-SR。もっとやるならSXやXDJ-R1、CDJ、ターンテーブル+Seratoという感じでしょう。
私が言うのもおかしいですが、ネットの情報を鵜呑みにせず、購入前に出来る店員さんにイロイロ教えてもらうのがオススメです!

ブログパーツ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

comment(0)  trackback(0)

Native Instruments TRAKTOR KONTROL Z1使ってみました。

2013.07.11

category : デジタルDJ(コントローラー系)

Traktor - Dj Software - Traktor Dj - Products
びっくりしましたね!
TRAKTORのiPad,iPhoneアプリが無料になっています!
DRAGONはiPad版とiPhone版を普通の値段で買ったので、複雑です!



そんなTRAKTOR DJ用としても使えるコントローラー兼オーディオインターフェイス。
「TRAKTOR KONTROL Z1」の実機を触ってみました。
Traktor - Dj Mixer - Traktor Kontrol Z1 - Products

とりあえず、iPad miniにつないで使ってみました。
IMG_3206.jpg
普通のミキサーとしては使用できませんが、
TRAKTOR内部のミキサーのコントローラーです。
2ch分のミキサーのコントロールができます。

IMG_3208.jpg
このあたりで、EQやヘッドホンモニター等のコントローラーができます。
TRAKTOR内部のEQ等のコントロールです。

IMG_3205.jpg
ということで、ヘッドホン専用のアウトプットも搭載されています。

IMG_3207.jpg
この部分で、FILTERのコントロールができます。
MODEボタンを押しながらFILTER/FXのボタンを押すと
FILTERとFXの切り替えができます。
青がFILTER、オレンジがエフェクターだったと思います。

IMG_3212.jpg
付属のコネクタは30ピンのDockコネクタなので、
iPad mini等に繋ぐときは変換が必要です。
(※-その際は、必ずApple純正を使用してください。)

IMG_3216_20130711034629.jpg
iPhoneでも使用できますが、iPhone5の場合同じく変換を。

IMG_3204.jpg
iPhone,iPad等と繋ぐ際は、付属の電源を接続する必要があります。
パソコンに繋ぐ場合はUSBバス電源でも動きます。
IOは、マスターアウトとヘッドホンアウトのみ。

ちなみに、付属品は
Z1、TRAKTOR LE 2ライセンス、USBケーブル、iOS 30-Pin ケーブル、電源、e-バウチャー

ソフトはLEなので、PROが欲しい人は別途ダウンロードでの購入が必要ですが、
e-バウチャーってのが、割引クーポンみたいなものなので、お安くダウンロード購入できます。



なんとなく、動画を撮ってみたので、お時間のある方はご覧ください。

iPadでの使用。


iPhoneでの使用。

動画ではiPad版と、iPhone版でエフェクターの種類が違いますが、
エフェクターは
Delay/Reverb/Gater/Flanger/Beatmasher/Digital LoFi/LP Filter/HP Filter
の中から好きなものを選んで3つ選択しておくことができます。
上の3つのエフェクターを下にスワイプするとエフェクトのリストが出てきます。

ブログパーツ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

comment(0)  trackback(0)

PIONEER DDJ-SXでDJプレイに動画を取り入れよう♪ DUAL DECKを活用!

2013.04.15

category : デジタルDJ(コントローラー系)

musikmesse2013でいくつか新商品が発表になっていましたが、
思ったほどのびっくりするような商品は無かった印象ですね。

PIONEER DJのサイトをのぞくと4月19日にDDJ-SXのスペシャルイベントがあるらしい!
h1_s1.jpg

ちょっと前にTwitterでつぶやいたことだけど、良い機会なのでご紹介。

zoom_ddjsx-v.jpg
DDJ-SXって、4チャンネルですが、Youtube等でいろんな動画を見ても、4チャンネル使っている人ってあんまりいませんよね!

IMG_2484.jpg
さらに、DUAL DECK機能を使っている人もまだ見たこと無いかもしれない・・・

DJ DRAGON的にいろいろ考えたDUAL DECKとDDJ-SXの4チャンネルの効果的な使い方をご紹介。



そうだ!映像を使おう!

DDJ-SXにSerato Videoを追加してビデオミックスをしている動画を発見。
動画って、準備するの大変そう。
もっと簡単なノリでやってみたい。
という方にオススメなやり方。

IMG_2482.jpg
チャンネル1と2に、動画を読み込み。
チャンネル3と4に、音楽を読み込み。

で、DUAL DECKをオンにしてプレイするだけ。

IMG_2491_20130415024222.jpg
注意点として、映像に音が入っている場合は、ボリュームフェーダーを下音を消します。

IMG_2492_20130415024222.jpg
そのまま下げると、映像がフェードアウトしてしまう。

IMG_2493_20130415024525.jpg
縦フェーダーで映像はフェードアウトしないで、音量だけ下げるには。

IMG_2494_20130415024526.jpg
この部分のLINKを解除すればOK。
この場合は、音楽を縦フェーダーでミックスして、映像をクロスフェーダーで切り替えるほうが良いでしょうか?もしくは別途MIDIコントローラーを映像用に準備?

IMG_2483.jpg
もしくは、GAINを0にして、音を消します。
この場合、クロスフェーダーのLINKを解除して縦フェーダーで映像をミックス。
クロスフェーダーは3-4チャンネルのDJプレイに使えるので、こちらがオススメ。

ココからはセンスの問題。


映像をループさせておく。
IMG_2495.jpg
例えば、よくVJで見かけるビジュアライザ的な映像を繰り返しながら

IMG_2490_20130415024820.jpg
3-4チャンネルで普通にDJプレイをしても良し!
DUAL DECKをオンにしていれば、LOOPやROLL、スクラッチ等をやったときに映像も動くので面白い。
テキストも入れれるので、DJネームやメッセージなど自分で入れれますね!



ホットキューを連動させる
IMG_2485_20130415025743.jpg
DUAL DECKをオンにして、ホットキューを押すと、

IMG_2487_20130415025743.jpg
デッキ1とデッキ3はそれぞれのトラックで記録したホットキューのポイントにジャンプします。

IMG_2488_20130415025744.jpg
コレを上手く使って、映像と音声のリアルタイムマッシュアップが完成!
この画像では、スーパーマリオのBGMに、マイケルジャクソンのムーンウォークをあわせてみています。
今回面倒なので、動画は撮りませんでしたので、やってみた方いたら教えてください♪



ちなみに、Macから映像を出力するには、別途USB-VGAの変換等が必要になります。

そこに別のモニターやプロジェクターを接続すればセカンドモニターとして認識するので、そちらのモニターの方に出力の映像を持っていって最大化すればOK。



実際に実機を触ってみたい!って方はパイオニアHPの取り扱い店舗リストを確認してお近くの店舗で触ってみてください。
(実際に置いているかは各店舗へ確認してみてください。)


ブログパーツ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

comment(0)  trackback(0)

Numark N4があればiPadでDVSが使える!

2013.03.14

category : デジタルDJ(コントローラー系)

今回は、かなり前にNumarkさんよりお借りしていたN4について。
ちょっとあれこれやってるうちに記事を書くのを忘れてました・・・

まずは、N4の基本的なところ。
IMG_2800.jpg
恒例?のMIXTRACK PROとのサイズ比較
ピチコンの幅がN4のほうが広く、プレイしやすそうですね。

IMG_2799.jpg
チャンネル数もMIXTRACK PROが2CHに対し、N4は4Ch。

NK123_2.jpg
通常は、4デッキ対応Virtual DJ LEが付属。

写真取り忘れたんですが、N4用のVirtual DJ LEはかなり画面が見やすいです。
4Ch使いたかったらVirtualDJLEを使って良いと思います。
ただ、本格的にやるならソフトをTRAKTOR等に変えたほうが良いかもしれません。
(なんとなく、VDJ=初心者、TRAKTOR=HOUSE、Serato=HIPHOPというイメージ。)

IMG_2821.jpg
チャンネルごとに色が分かれていて理解しやすいです。

IMG_2818.jpg
で、SeratoのDJ INTROにも対応しているので、最新版をダウンロードすれば使用可能。
DJ INTROは2CHのみ
4chの意味が無いじゃん!って思われるかもしれませんが

IMG_2822.jpg
N4には外部入力が搭載されています!!

IMG_2820.jpg
ミキサー機能も搭載されているので、1+2をDJ INTRO
3+4をアナログターンテーブルや、CDJで使用可能です。

IMG_2823.jpg
ついでにアウトプットBOOTH OUTもあるところが本格派!



本題はココから!!

IMG_2808.jpg
では、ターンテーブルを繋いで見ました。


IMG_2801.jpg
ジャーン!!
真ん中にあるのは、PCじゃなくiPad!!!
カメラコネクションキットを使って、USB接続しています。
今回はiPadの「DJ PLAYER」というアプリとN4を使って
ターンテーブルのDVSを使うというのが本題!

IMG_2824.jpg
実は、USB端子の横にこういうレバーが!!
Timecodeに対応しています。

IMG_0112_20130314015732.jpg
iPadの設定画面でいろいろ設定できる。
Serato以外にも、TRAKTOR等のコントロールバイナルにも対応します。

IMG_0111.jpg
スクラッチの設定がオススメですが。

IMG_2802.jpg
これが、一番端にフェーダーを持っていったところ。

IMG_2803.jpg
通常アナログタンテ等を繋いでスクラッチするときにはこの場所から音が入る。

IMG_2804.jpg
i PadのDJ PLAYERでスクラッチするときはこのあたりから音が入る。

すみません。今回は少し前のテストだったので詳しく覚えていません・・・
N4をDJ PLAYERに繋いでプレイしている動画をご覧ください。


IMG_2817.jpg
動画に出てくるエフェクターの操作パネル。

IMG_0113.jpg
このミキサー画面のフィルターとかと連動します。

iPadにほとんど曲入れていないんですが、相当前のネタがあったのでやってみた。

内容相当ひどいので、限定公開・・・。
寝巻きだし

内容はさておき、結構ついてきてるでしょ?
あんまり素早く操作しなければプレイできます。

以前、AKAI EIEを使ってDJ PLAYERとターンテーブルを接続する
iPadアプリ「DJ PLAYER」をDVSでプレイしてみた。って記事も書いているので、そちらも参考にしてみてください。


と、いうことで。
Numark N4ならiPadアプリ「DJ PLAYER」と接続してiPad内の曲でDJプレイができます!
しかも、DJ PLAYERには、ターンテーブルでコントロールするDVS機能も搭載!!

期待してたTRAKTORのiPadアプリが外部コントローラー使えなさそうだったので
DJ DRAGON的にはやはり、DJ PLAYERに期待!!

ブログパーツ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

comment(1)  trackback(0)

PIONEER DDJ-SXのJOGイルミネーションなどの各種設定変更

2012.12.16

category : デジタルDJ(コントローラー系)

SX_JOG.png
この前発売されて話題のPIONEER DDJ-SXですが、

JOGの光り方が気に入らない!って思っている人も多いと思います。
●明るすぎ・・・
●2個消えているけど、1個にならないのか?
ってのがDJ DRAGONも思った感想。

でも、これ簡単に変更ができます!
詳しくは、こちらから取説をダウンロードして、P24を・・・
と、行きたいところですが、簡単にご紹介します。

まず、DDJ-SXとPCをつないでいるUSBケーブルをはずして、
電源を消します。
IMG_1882.jpg
SHIFTボタンと、再生ボタンを押しながら、電源をON!

これで、ユーティリティ設定モードへ入ります!
基本的に左側のプレイヤー部で設定を行います。

JOGイルミネーションを変更する。
IMG_1870_20121215233632.jpg
ここ(8つのパッド部分)で、JOGイルミネーションの設定変更ができるわけですが、

IMG_1878_20121215233959.jpg
ユーティリティモードに入ると初期ではこうなっていると思います。
2個が消えているパターン

JOGイルミネーションは全部で5パターン。
IMG_1877_20121215233959.jpg
左上、1個が消えてるパターン

IMG_1879_20121215234000.jpg
DJ DRAGONはコレが好き!
1個がついているパターン。
上の2つは明るすぎて目がチカチカする・・・

IMG_1880_20121215234000.jpg
2つがついているパターン
人によってはコレもありかな?

IMG_1881_20121215234000.jpg
派手でかっこいいパターン


Serato以外のDJソフトでDDJ-SXを使用する
IMG_1884.jpg
この部分。初期では消えています。
この状態だと、SeratoDJを使う設定です。
IMG_1885.jpg
つけてみると、他のDJソフトで使うMIDIコントローラーモードです。
例えば、TRAKTORとかで使いたいときはこちらに設定。

チェンネルフェーダースタートの設定
IMG_1886.jpg
ここの、エフェクトのONボタンで、フェーダースタートの設定ができます。
初期は真ん中が光ってます。
●左側:SYNCありのフェーダースタート
●真ん中:SYNCナシのフェーダースタート
●右側:フェーダースタート無効

フェーダースタート必要なければ、右側にしましょう。

マスターのアッテネーター機能
IMG_1887.jpg
HOTCUEが光っているとき:0db(アッテネーターなし、初期)
IMG_1888.jpg
ROLLが光っているとき:-3db
IMG_1889.jpg
SLICERが光っているとき:-6db

音が大きすぎたときに使うわけですが、DDJ-S1のようにアウトプットの横についていたほうが使いやすいなー
zoom_ddjs1_b_20121216000012.jpg


スリップモードフラッシング設定
IMG_1890.jpg
これは、ちょっと分かりづらいんですが、
スリップモードをオンにしたときに、スリップモードが有効になるボタンが光るようですが、それのON/OFFです。

デモモード解除
IMG_1891_20121216000419.jpg
10分間くらい何も操作しないと、DDJ-SXがデモモードに入るんですが、それのON/OFFです。

サンプラーのベロシティカーブの調整
IMG_1892_20121216000928.jpg
この部分ですが、ここでサンプラーの叩く強さでの音量の大小の変わり具合の設定です。

これは、取説のほうが分かりやすかった・・・
7899_1.png
7899_2.png

サンプラーのアフタータッチのON/OFFもいけるようだ!!
IMG_1896_20121216001152.jpg
このボタンが光っているときが、アフタータッチ有効。
消えていたらアフタータッチ無効。

アフタータッチってのは、ボタンを最初ゆっくり押して、徐々に強く押していったら、徐々に音量上がっていくとか、後からのボタンの押す力の変化を有効にするかどうかの設定。

使ってるPCのスペックが低いなどの場合の対処
IMG_1898_20121216001548.jpg
SHIFTボタンを押してみると、
IMG_1899_20121216001549.jpgIMG_1900_20121216001549.jpgIMG_1901.jpg
レベルメーターの光り方が変わっていきます。

これは、JOGから出力されるデータの送信間隔の変更です。
初期設定では、3msのようです。
7899_3.png
SHIFTを押すごとに、送信間隔が変更になっていきます。

使っているPCで問題なければ、初期設定のままでOKですが、
問題があるようなら、問題がなくなるところまであげて使ってください。


以上!!
あっ!終わったら、そのまま電源を消して、PCとつなぎなおしてください。

取説を読まない人にはわからない機能ですが、結構重要なものもありそうです。
JOGは人によっては光り方が変えれるかで買うか買わないかが分かれるくらいのポイントになると思います。
何度か触ってみましたが、やっぱりJOGイルミネーションを変えるとかなりしっくりきますよ!


実際に触ってみたいって方は、パイオニアDJ機器取り扱い店舗リストから
近くの店舗を探して、実際に触ってみることをオススメします♪
(実際に置いているかどうかは、直接聞いてみてくださいね♪)


ブログパーツ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

comment(0)  trackback(0)

Serato DJ専用、PIONEER DDJ-SXチェック!

2012.10.18

category : デジタルDJ(コントローラー系)

IMG_2371.jpg
Seratoの新しいソフトウェア「Serato DJ」用の
初のコントローラーとして話題の「DDJ-SX」をチェック!
DJ DRAGONのSCRATCHi PHONEとどっちがスクラッチやりやすいか試して見ました!

IMG_2374.jpg
このDDJ-SXで一番驚いたのは、クロスフェーダーの切れ味!!
まずは、JOGだろ!って思ってましたが、フェーダーが一番すごいです!!

IMG_2372.jpg
これが、一番右に持っていったときの状態

IMG_2373.jpg
ここで音が入ります!!
ヤバイですこれ!!これでリアルミキサーとしても使えるんですよね!
SCRATCHi PHONEは惜しくも負けたわけですが、今出てるスクラッチ用ミキサーと
比べてもすごいです!!VestaxのPMC05PRO4の次くらいかも知れません。

IMG_2388.jpg
トップパネルにネジ穴があるのが少し気になりましたが(爪が引っかからないか)
普通よりもネジ穴の場所を外にしているようで、爪があたったりもせず、
問題なくスクラッチできました!!

IMG_2375.jpg
もちろん、フェーダーのカーブコントロールがついています。

IMG_2377.jpgIMG_2378.jpg
しかも、一度設定した後、押すとへこみます。



IMG_2379.jpg
曲の選択も、LOADボタンがすぐ近くにあるので
使いやすく、その下にはTRAKTORライクなFXボタンが。
4トラックだし、TRAKTORをかなり意識してますね。

IMG_2387.jpg
DDJ-SXのもう一つのポイントは、
4トラックのリアルミキサーとしても使用できるという点です。

PIONEERといえば、DJM900NEXUSなど、世界標準といわれる程の
4CHのDJミキサーでは定評のあるブランドです!
そのPIONEER製のミキサーだから悪いわけはありませんが・・・

IMG_2376.jpg
インプットの切り替えが手前にあるのもポイントですが、
ここで、Serato DJの音と、インプットの音と切りかえれます。

20121017-IMG_1702.jpg
さらに、EQやFILTERもリアルミキサー時にはリアルEQとFILTERが搭載されています。(当然ですが・・・)
SeratoDJと繋いだときは、もちろんSeratoDJのEQとFILTER(iZotope製)のコントローラーになります。

IMG_2386.jpg
マスターアウトにはキャノン(XLR)もついていて、プロ仕様!!



ようやくJOGです!!
IMG_1700.jpg
CDJ850ライクなJOGがかなり目を引きます♪♪
サイズは、約13cmくらい。
【参考】
●TRAKTOR S4:8cmくらい
●DDJ-S1:11cmくらい
●CDJ350:11cmくらい
●MIXTRACK PRO:13cmくらい
●TerminalMix:17cmくらい
●CDJ850:20cmくらい

十分なサイズです♪♪

ちなみに、タッチセンサータイプ。
JOGの感度調整ももちろん搭載です。

IMG_2382.jpg
もう一つのポイントはこの「DUAL DECK」機能!
例えば、アカペラと、ビートを1と3で同期させて、スクラッチができます。
これは、いろんなDJが面白い使い方を編み出してくれるのではないでしょうか?

IMG_2380.jpg
来ました!大型PAD!
DJ DRAGONの愛用しているKORGのPadKontrolくらいのサイズでしょうか?
当然叩きやすいですので、DUAL DECK プラス PAD演奏もできそう!!

IMG_2384.jpg
最後になってしまったのですが、Serato DJの目玉の一つ!
エフェクターはiZotope社製の高品位なものになっています!

エフェクターはTRAKTORに大きく差をつけられていたので、
Serato的にはかなり力を入れているのでしょう!!
つまみの配置もTRAKTORライクですけどね。

ニードルサーチ機能や、SLIP機能もあって盛りだくさん!



IMG_2383.jpg
このあたりは現状は分かりませんでしたが、便利そう。

IMG_2385.jpg
サイドには、持つところもついていました。

なかなかよさそうですね!
後は、Seratoの「Serato DJ」待ちというところのようです。



発売後すぐに見たい!!
っていう方はPIONEER製品取り扱い店舗リストから、近くの販売店を探して見に行ってはいかがでしょうか?
実際に発売時に入荷するかは各販売店に問い合わせてみてください♪


ブログパーツ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

comment(3)  trackback(0)

RELOOP TerminalMix4チェック!何でもいけるDJコントローラー!!

2012.10.02

category : デジタルDJ(コントローラー系)

以前、BeatMixと一緒にお借りした
RELOOPのTerminalMix4ですが
IMG_2256.jpg

BeatMixはすぐにレビューを書いたのに、TerminalMixは
今までレビューを書かなかった。

その原因は、「よく分からなかった」からです。
何がよく分からなかったかというと、

付属のソフトウェアが、VirtualDJ LEと、DJ INTRO。
以前コントローラー仕分けで書いたように、
この2つは初心者向けかな?というソフトウェアです。

ハードウェアはかなりのハイクオリティで、現場でも使えそうなレベルなのに、
ソフトウェアは初心者用?っていうところで、
今まで保留にしていたのですが、すごいことに気づいたんです!!

L_e3fddfd9dd.jpg
TerminalMixは、TRAKTORで使うと良いのではないか?
ということ。(TRAKTORは音質重視の現場DJ向けソフト)

実は、TRAKTOR PRO 2.5は、NIのホームページ
¥7,800で販売されているんです!!

TerminalMix4が、¥69,800で、TRAKTOR PRO2ダウンロードで、合計¥77,600
TerminalMix2が、¥49,800で、TRAKTOR PRO2ダウンロードで、合計¥57,600

TRAKTOR KONTROL S4/S2と比較してもかなりお買い得感のある価格ではないでしょうか?


ダウンロードがちょっと・・・って方は
T_d9eac346e7.jpg
TRAKTOR PRO 2付属のTRAKTOR AUDIO 2DJを買えば良いんです!これは¥10,800!
T_32d80d8982.png
USB端子とアウトプットが2系統と、かなりシンプルで超小型のオーディオインターフェイスです。
大きなコントローラーを持っていけないところでも、
T_3740bb8e53.jpg
こんなつなぎ方や、

T_c504145320.jpg
こんなつなぎ方で、簡易DJシステムが構築できます。
持ってて損はないモノです。

TerminalMix4が、¥69,800で、TRAKTOR AUDIO2DJと合わせて、合計¥80,600
TerminalMix2が、¥49,800で、TRAKTOR AUDIO2DJと合わせて、合計¥60,600
コレでも全然お得ですよね!



ということで、TerminalMix4は、
初心者用のVirtualDJ LEが付属していて、
●HOUSE等の4つ打ち系に人気のTRAKTORで使ってもお得で、
HIPHOP系に強いDJ INTROもついている!(ここだけ現状ちょっと弱いですが。)
と、オールマイティなコントローラーだったんです!!


さあ!それでは、コントローラーの紹介へ参りましょう。
IMG_2226.jpg
見るからに高級感があり、質感重視な感じですね!

IMG_2234.jpg
フェーダーまわりも質感が良かったです。

IMG_2228.jpg
特にクロスフェーダーは、キレッキレで、フェーダーのつまみの
両サイドにはRELOOPのLOGOが入っているというこだわりよう。

IMG_2235.jpg
曲を選ぶのもかなり分かりやすくて、使いやすい!

IMG_2236.jpg
EQ周りも超質感!です。
低価格のもので省かれているGAINもちゃんとついていますし、
EQの下にFILTERがついているのもGOODですね!

IMG_2237.jpg
アウトプットのボリュームが2系統!

IMG_2242.jpg
当然アウトプット端子も2つ分ついています!
現場で重宝しそうですね!

IMG_2238.jpg
ついでにインプット1個

IMG_2241.jpg
電源周りとUSB端子


プレイヤー側
IMG_2230.jpg
HOTCUE、SAMPLER、LOOP等も標準的な配置で使いやすいです。

IMG_2231.jpg
エフェクター周りは、TRAKTORで使うと便利そうな配置ですね!

IMG_2233.jpg
ピッチコントローラーはMIXTRACK PROと比較しましたが
かなりストロークが長く、細かい設定がやりやすそうです。


IMG_2229.jpg
気になったのはJOG!
結構大きめで、質感も良いのですが、
JOGが少し軽い気がしました。回りすぎる・・・
2枚使いとかやる人じゃなければ気にならないかも知れませんし、
回りすぎたほうが良いって人もいるとは思いますが、
DJ DRAGON的には2枚使いでJOGを離したときに立ち上がりがもたついて苦手です。

ちょっと、初期設定の感度が弱く、たまに反応が鈍いことがあったんですが
IMG_2259.jpg
曲選択用のこの部分の、
CRATESと、BACKと、TRAXを押しながら電源を入れると、

IMG_2260.jpg
ここの4の部分が点灯します。
ここでJOGの感度調整ができるようです。

IMG_2262.jpg
この状態が一番感度が良い状態。
DJ DRAGONはこの状態が一番しっくり来ました。

IMG_2261.jpg
一番感度を弱めたこの状態のときは、ほぼスクラッチができませんでしたが
JOGではピッチベンドしかやらないっていう人はこの設定がベストかもしれません。

IMG_2243.jpg
どうですかね?
すぐにレビュー書かないからちょっと記憶が薄れてますが、
TerminalMix4の特徴は伝わったでしょうか?


最後に初心者の方向けのポイントです。

WS000000_20121001234632.jpg
実は、付属のVirtualDJ LEは、このTerminalMix4専用設計で、
かなり分かりやすい画面になっています。

特に、DECKの切り替えが分かりやすかった!
WS0_A.jpg
これが、DECK1を選択した状態。

WS000001_20121001234632.jpg
DECK3を選択した状態。
なかなか考えられたレイアウトだなー!と感じました。

IMG_2263_20121001235119.jpg
さらにスタートアップガイドがついていて

IMG_2264_20121001235119.jpg
DJ INTROのダウンロード方法や

IMG_2265_20121001235119.jpg
DJプレイの基本から

IMG_2266_20121001235119.jpg
エフェクターを使った応用プレイまで、
サポート体制が充実しています!



始めにも書きましたが、TerminalMix4は、
初心者用のVirtualDJ LEが付属していて、
●HOUSE等の4つ打ち系に人気のTRAKTORで使ってもお得で、
HIPHOP系に強いDJ INTROもついている!(ここだけ現状ちょっと弱いですが。)
と、オールマイティなコントローラーだったんです!!


product_tmix2_02.png
で、TerminalMix2は何が違うのか?
●ミキサー部分が2CH分のみになっている。
●付属ソフトはDJ INTROのみ
という感じです。

しかし、
product_tmix2_04.png
DECKは4台分切り替えができるようになっています!!
コレなんか、付属のDJ INTROには2DECKしかないから、
まさにTRAKTORでも使ってくれ!っていう仕様ですよね!

ということで、TerminalMix2は、
●HOUSE等の4つ打ち系に人気のTRAKTORで使ってもお得で、
●初心者用~HIPHOP系に強いDJ INTROもついている!(ここは現状ちょっと弱いですが。)
と、オールマイティなコントローラーだったんです!!

TRAKTORで使う場合でも
TRAKTOR KONTROL S2は2DECK分しか操作できないのに対して
TerminalMix2は4台分操作ができるので、かなりお得なコントローラーですね!

TerminalMix2はDDJ-ERGOとかぶりますがハードウェアの質感ではTerminalMix2。
イルミネーションのキレイさや操作性ではDDJ-ERGO。
どっちを選ぶかは好みで分かれるとは思いますが、
これらをオールマイティタイプと位置づけましょう!


Reloop Terminal Mix: Live Mix Demo performed by DJ Angelo


Reloop Terminal Mix 2 Showcase at the Airport // feat. DJ Flip




英語ですが、TRAKTORで使っている動画を発見

Reloop Terminal Mix 4 TRAKTORのマッピング方法


TRAKTOR用のコントローラー比較的な


Terminal Mix 4 × TRAKTOR PROでプレイ




TerminalMixを実際触ってみたいという方は
RELOOPの販売店リストをみて、近くの店舗に見に行ってはいかがでしょうか?
実際どのモデルが置いているかは直接聞いてみてくださいね。

ブログパーツ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

comment(0)  trackback(0)

PIONEER DDJ-WeGO実機レビュー!

2012.09.20

category : デジタルDJ(コントローラー系)

今日はバンバン記事更新しています!!

今度は、¥29,800ラインの大本命「DDJ-WeGO」です!


実機をみて、思った以上に良かった!!
IMG_2180.jpg
サイズも最小サイズでしょう。15インチのPCより横幅ちょっと出ますが、
奥行きがかなり小さいので、場所をとりません。
しかも入出力ケーブルが横にあり、邪魔にならない。

付属ソフトはVirtualDJ
ddjwego_img05.jpg



JOGまわり
IMG_2183.jpg
こちらは、HOTCUEとサンプラーのボタン。
この価格でHOTCUEとサンプラーボタンが付いているだけでもうれしいですが、
このWeGOのすごいところが↓

IMG_2185.jpg
コレまで、差し替えが利かない上に、変な音がサンプリングされていて、
使い物にならなかったVirtualDJ LEのサンプラーですが、
このDDJ-WeGOは、レゲエホーンやサイレンなど、実用性のあるサンプラー音が入っています!

DDJ-WeGO真ん中のSHIFTボタンを押しながらサンプラーボタンで、
連射が可能!(ファファファ・ファーーーン みたいな。)

エフェクター
IMG_2184.jpg
エフェクターもコレまでのVirtualDJ LEだと使い物にならなかったのですが、
さすがパイオニアといったところです。
エフェクトを5つのボタンから選んで、JOGをまわすだけで簡単です!
しかもエフェクトを掛けるとJOGがカラフルに光る♪♪

IMG_2186.jpg
AとBは決まっていますが、FX1-3は11個のエフェクトの中から
好きなエフェクトを設定しておくことが可能です。
これも通常のVirtualDJ LEより数が多いようです。

AUTO LOOPや、SYNC機能も当然搭載しています。



JOGイルミネーション
IMG_2187.jpgIMG_2188.jpg
気になるJOGイルミですが、コレがハンパ無い!!

IMG_2181.jpg
真ん中のこの部分。
SHIFTを押しながらCUEを押すとJOGのカラーがどんどん変わっていきます。
しかも左右別々の色などの設定も可能。

コレは、簡単に動画にしましたので、ご覧ください。


さらに!
IMG_2182.jpg
SHIFTを押しながらEQをいじると!
LOW:BLUE MID:GREEN HIGH:RED
と、色の3原色をいじることで、生み出せるJOGのカラーは無限大!!
きっと好みの色が見つかることでしょう!!
ちなみに、ゲインはオートゲインらしい。

ddjwego_img03_2.jpg
ボディの色も5色から選べます。

IMG_2191.jpg
ソフトウェア側のボディの色と、JOGの色もカスタマイズ可能!

↑のソフトウェアの画像でちょっと見えていますが、
IMG_1534444.jpg
この価格で、4DECKに対応しているんです!!



簡単で、使える設計に変更されたVirtualDJと、カラフルなイルミネーションの融合!
9月末にはVirtualDJの他にも対応するソフトウェアが公開されるようです。
ってことはやっぱりTRAKTORにも対応するのでしょうか?
¥29,800ラインの大本命になることは間違いないでしょう!!

実際触ってみたいって方はお近くの
パイオニアDJ機器取扱店舗へ行ってみてはいかがでしょうか?
実際においているかは直接お確かめください。

ブログパーツ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

comment(24)  trackback(0)

Reloop BeatMix VS Numark MIXTRACK PRO レビュー

2012.09.19

category : デジタルDJ(コントローラー系)

まもなく発売で、プロモーション動画などでも盛り上がっているReloopの新商品「BeatMix」



価格は¥23,800で、VirtualDJ LE付属ということで、
DJ DRAGONもGETしてみたNumark MIXTRACK PROと比較してみた。
MIXTRACK PROは現在¥19,000前後が主流になってきているようですが、2万前後というくくりで考えるとこの2機種で選ぶ方も多いのではないかと思います。

IMG_2223.jpg
パッケージはBeatMixの方が明らかに小さい。

IMG_2199.jpg
横幅もBeatMixの方が小さい。

IMG_2200.jpg
縦はほぼ同じサイズ

正直、明らかにReloopの方が高級感ありますね!


225067_Reloop_AB1.jpg
付属ソフトは、どちらもVirtualDJ LEで、
MIXTRACK PROは、SeratoのDJ INTROでも使用可能!
BeatMixのVirtualDJは専用のスキンを採用。

DJ DRAGONは、DJ INTROが使えて、安いからMIXTRACK PROをGETしたので、
BeatMixもDJ INTROで使えるようにして欲しい!


では、プレイヤー部から比較していきましょうか?
IMG_2206.jpg
再生やシンク機能などの部分はどちらもほぼ同じ。
BeatMixはSHIFTを押しながらで、キーロックや頭だしが可能。

JOGは、
IMG_2203.jpg
MIXTRACK PROは、金属っぽく、DJ DRAGONは以前のMIXTRACK PROチューンナップの記事
で紹介したように、上からテープを貼っています。

IMG_2204.jpg
RELOOPのBeatMixは手触りも違和感なく、手に吸い付いてきます。
JOGのサイズはMIXTRACK PROの方が直径で1cmくらい大きいようです。


ピッチコントローラー
IMG_2207.jpg
ピッチコントローラーは、BeatMixの方が長いものを使用しており、
細かいピッチコントロールができそうです。

IMG_2208.jpg
BeatMixのピッチベンドはこの位置に。



HOTCUE
IMG_2210.jpg
HOTCUEはどちらもほぼ同じ。

IMG_2209.jpg
エフェクターのコントローラは配置は少し違いますが、ほぼ同じ。
画像が少し切れてますが、LOOPはBeatMixはつまみの一つが
ボタンにもなるノブになっており、操作性が良い。



ミキサー部を比較
まずはフェーダー
IMG_2201.jpg
MIXTRACK PROはこれも以前のMIXTRACK PROチューンナップの記事で紹介したように
少し切れが悪いので、多少改造するとクロスフェーダーの切れが良くなる。

IMG_2202.jpg
BeatMixはフェーダー自体がかなり軽く、スクラッチもしやすそう。遊びも少なめ。
だが、付属ソフトがVirtualDJって事で、スクラッチには期待できそうに無い。
(DJ INTROの方がスクラッチをやるなら最適!)

フェーダー周り
IMG_2211.jpg
MIXTRACK PROは、何故かここにマスターボリュームがあります。
(後でふれますが、VOLUMEではなくGAIN)
IMG_2219.jpg
BeatMixは、MASTERボリュームが別についています。

IMG_2212.jpg
BeatMixはシンプルで使いやすいフェーダー回りです。



ブラウズ機能
IMG_2213.jpg
MIXTRACK PROのブラウズ機能
普通に使いやすいです。

IMG_2214.jpg
BeatMixのブラウズ機能。
すごくシンプルです。

IMG_2215.jpg
操作子が少なくても、SHIFTボタンがついているので、2系統アサインされている。



EQなど
IMG_2216.jpg
MIXTRACK PROのEQまわり

IMG_2217.jpg
BeatMixのEQまわり。
コレで気づいたでしょうか?先ほどのMASTERボリュームが多いのと、
MIXTRACK PROには、GAINがついていませんね。

IMG_2211.jpg
MIXTRACK PROはボリュームフェーダーと、GAINが一緒になってしまっています。
これは、DJ DRAGONもかなり不満があり、この位置より上に上げると音が割れたりすることがあります。



入出力
IMG_2221.jpg
ヘッドホン・マイク部分。
BeatMixは端子部分がへこんでいて、ヘッドホンを刺していてもそれほど邪魔にならなそうです。

IMG_2252.jpg
一緒に借りた、ヘッドホンRHP-10はL字プラグで

IMG_2267.jpg
ちょうど良い感じになります。

IMG_2222.jpg
アウトプットはどちらも2系統。
BeatMixにはJOGの感度調整用のつまみがついています。
MIXTRACK PROも感度等は全く問題ないですが、感度調整がついていることで
微調整が可能なので、安心感がありますね!



番外編
IMG_2263.jpg
RELOOPのDJコントローラーには、このような冊子がついてきます。
これが、初心者にはかなり親切で、

IMG_2265.jpg
DJプレイのスタートマニュアルから

IMG_2266.jpg
応用など、簡単なDJプレイまでのマニュアルが付いています。



両方の特徴をまとめます。

MIXTRACK PROの良い点
●価格!¥19,000前後は魅力!
●DJ INTROに対応(スクラッチやるならDJ INTROがオススメ)
 (JOGのリリース時の立ち上がりや、フェーダーの切れ等が良い)


BeatMixが良い点
●全体的な質感で軍配!
●VOLUME/GAINが分かれている。
●専用設計の分かりやすいソフトウェア
●JOGの手触り
●ピチコンのストロークの長さ
●JOGの感度調整
●専用マニュアル付属

どうでしょう!?
価格が安く、DJ INTRO対応ってのはかなり大きなポイントですが、
VirtualDJ LEでのプレイを考えている方は、ソフトウェアの分かりやすさや
コントローラーの質感など、圧倒的にBeatMixでしょう!



実機を触ってみたい!っていう方は
RELOOP販売店リストより、近くの販売店へ見に行ってみてはいかがでしょうか?
実際にどの機種が置いているかなどは、各販売店へお問い合わせしてみてください。

ブログパーツ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

comment(21)  trackback(0)

PCDJコントローラーの選び方。PCDJ仕分け!

2012.07.05

category : デジタルDJ(コントローラー系)

ここ最近の新しいDJ機材といえば、PCに繋いで
ソフトとコントローラーでDJプレイを行う
「PCDJコントローラ」ばかり。
どんどんいろんな機材が出てきます。

ソフトウェアとコントローラーなので、価格も安く
新規参入がやりやすいとはいえ、いろいろありすぎでしょ!

コントローラーは
Vestax、PIONEER、Numark、NativeInstruments(以下、NI)、
Novation、DENON、RELOOP、・・・

ソフトウェアにいたっては、
SeratoのITCH、DJ INTRO。 
ScratchLiveは何が違うの? などや
NIのTRAKTOR、TRAKTOR SCRATCH?
あと、AtomixのVirtualDJ LE、algoriddimのdjay・・・

ということで、今回はかなり大雑把に仕分けしてみます。
細かいことは、のちのちやっていきますので詳しい方は
おさらいのつもりでお付き合いください・・・



では、DJコントローラーといえども、ソフトウェアがあっての
コントローラーですので、まずはソフトウェアを分類しましょう!
1itch.jpg1traktor.jpg

1virtual_ergo.jpg1intro.jpg

しかーし!まず、避けては通れないのが
「INTERNAL」「EXTERNAL」の説明ですか?
出来れば面倒なので、無視したい内容ですが・・・

INTERNAL・・・内部
EXTERNAL・・・外部

ってことですが、コレは「ミキサー」のことです。

「INTERNAL」
WS000000_20120705024056.jpg
インターナルの場合、DJミキサーがパソコンの内部にあり、
PC内部のDJセットをコントローラーでコントロールする。
大抵の場合、オーディオインターフェイスを兼ねているので、
音はコントローラー経由でPA機器に出力されます。

「EXTERNAL」
WS000001_20120705024055.jpg
エクスターナルは、少し複雑っぽい絵になってしまったが
ミキサーがPCの外部にある。
PC内では大抵プレイヤーのみが動いている。

エクスターナルの場合、もう一つポイントになるのが
「DVS(DIGITAL VINYL SYSTEM)」です。
外部のターンテーブルや、CDJから専用のレコードかCDを使って
音声信号でPC内部のプレイヤーをコントロールします。
iPhonesのsiriが分かりやすいだろうか?音声認識の技術がここまで進んだ
今の時代なら、音声でコントロールするのは理解できるでしょう。

音声は、オーディオインターフェイスから、各プレイヤーの音が
それぞれミキサーのインプットに出力され、ミキサーでミックス後
PAへ出力されます。

※-分かりにくいですが、DJコントローラーでPC内部のプレイヤーを
コントロールするのと、外部ターンテーブルでコントロールするのでは
コントロールする仕組みが全く違うので、区別が必要。


あまり触れたくは無い、「INTERNAL」「EXTERNAL」の説明でした。
理解できたでしょうか?



で、今回はこの「INTERNAL」でのコントロールのみに絞って
PCDJ仕分けをやって行きたい訳です。しかも大雑把に!

PCDJソフトを大きく分けると、系4つ!
①SERATO ITCH
1itch.jpg
SeratoはScratchLiveの大ヒットで一気にPCDJの分野を切り開いたメーカーです。
とにかく設定がほぼ皆無な、ソフトウェアの使いやすさと安定性で、HipHop系のDJを
中心に受け入れられ、DJバトルなどではScratchLiveの使用などもよく見かける。

しかし、このScratchLiveは「EXTERNAL」ですので今回は省きますが、このScratchLiveを
「INTERNAL」で使用できるようにしたのが、今回紹介する「ITCH」に当たります。

HipHop、REGAAE、R&B系のジャンルにオススメ
設定がほぼ無用なので、初心者やPCが苦手な方でも安心。
・基本、プレイヤー2台の仕様(例外あり)
・サンプラーを使用する方(ポン出し)
スクラッチ、ジャグリング等をする方
・ScratchLiveとCUEやサンプラー、曲リストの互換性がある

②NI TRAKTOR PRO
1traktor.jpg
TRAKTORは、音楽制作用の音源やエフェクター等でも定評のある
NativeInstrumentsが手がけていることもあり、
音質と、エフェクターのクオリティに特に定評のあるソフトです。
HOUSEなどのジャンルで特に良く使用されている。
「INTERNAL」「EXTERNAL」でソフトウェアの区別はなく、TRAKTOR内の
設定で切り替えが可能。「DVS」を追加するためにはTRAKTOR SCRATCH PROが必要。

HOUSE、TECHNO、TRANCE、ELECTRO系のジャンルにオススメ
音質のよさ、エフェクターのクオリティに定評がある。
ビートシンクの精度が高い。
・細かい設定が可能で、いろんなシチュエーションに対応。
プレイヤー4台が使用可能
・サンプラー機能が大幅に強化!(RemixDeck
・ポン出しサンプラーにも使用可能。(RemixDeck)
・ロングミックス系、3台以上のプレイヤーを使用する系

③ATOMIX VirtualDJ LE
1virtual_ergo.jpg
以前はTRAKTOR LEが付属されていたVestaxのTyphoonが付属ソフトをVirtualDJ LEに
変更したことから、国内でも認知されてきたソフトウェアです。
変更の理由としては、購入者がほぼ初心者のTyphoonとしては、TRAKTORは設定項目が
多すぎて、少し複雑だった点と、録音機能がついていなかったことがあげられる。
後は、スキンがTyphoonそっくりに出来るのでUIがわかりやすい点でしょう。

・LE版はあくまで低価格で多機能なのがポイント(特に録音機能、映像ミックス
・カスタマイズ性に優れていることで、コントローラーに合わせたソフト画面で提供
・設定はサウンドカードの設定のみと、比較的簡単。
・プレイヤーの数もコントローラーに合わせてさまざま
・上位ソフトはスキンや、エフェクトなどなどカスタマイズがいろいろ出来、ヨーロッパ系で人気
・LE版についているエフェクターは初心者だましなものばかり(DJっぽいくらいのもの)
・LE版についているサンプラーは音の変更が出来ず、使えない。
・ビデオのミックスが可能。(LE版は画面が大きく出来ない)
・LE版は低価格のコントローラーを作っているメーカーが、安く使えるソフトウェアとして
選択しているソフトであるという風に認識してください。
(他の低価格ソフトだと、録音機能がついていない。)

④SERATO DJ INTRO
1intro.jpg
低価格のソフトといえば、コレまでTRAKTOR LE、VirtualDJ LEが主流でしたが、
Seratoが出してきたソフトウェアがこのDJ INTROです。
Seratoの場合、対応するコントローラーを持っていればフリーダウンロードで使用できるので
コントローラーのメーカーが対応させてくれていれば、フリーダウンロードで使用可能。

・VirtualDJのLEが付属のコントローラーで大抵使用できるソフト(フリーダウンロード
・基本的にITCHの機能を削ったバージョン
(録音機能、サンプラーの数、エフェクターの数などが削減)
・プレイヤー2台の仕様
サンプラーが4つ搭載(ポン出し)
・VirtualDJより強い機能:スクラッチ、JOGの反応向上、サンプラー、エフェクター
・VirtualDJより弱い機能:録音、映像、プレイヤー数

以上の4つに分類されます。

③と④は大抵の場合③が付属のコントローラーの場合④も使用できるので、
コントローラーの説明では一つにまとめます。
ということで、計3つに分類。

DJコントローラーによっては、いろんなソフトウェアで使用できる
ものもいくつかありますが、基本的にコントローラーに付属の
ソフトウェアでの仕分けにします。



①SERATO ITCH付属のコントローラー
1itch.jpg

DJ DRAGONの独断と偏見でお気に入り順

Vestax VCI-380
itch_vci380.jpg【Amazon】【楽天】
VCI-380の紹介記事
発売後、話題になっているVCI-380。
VCI-300MK2でDJ DRAGONが不満に思っていた点がほぼ改善されている!
JOGイルミネーション、PADの強化でCUEの数、サンプラー機能を搭載。
さらに、リアルミキサー機能を搭載し、アナログやCDJの追加が可能。
または、通常のDJセットを持っている方がミキサーをVCI380に変えるということも
考えられる。クラブ等へも持ち込みやすいサイズ。

PIONEER DDJ-S1
itch_ddjs1.jpg【Amazon】【楽天】
DDJ-S1の紹介記事
DDJ-S1のクロスフェーダーをキレキレに!
CDJで世界標準になっているPIONEERがデザインしたITCH用コントローラーDDJ-S1
さすがに操作性は抜群!JOGイルミネーションの反応なども抜群。
もちろん音質もGOODです。操作性の良いITCH用を求めるならコレ!

Numark NS6
itch_ns6.jpg【Amazon】【楽天】
NS6の紹介記事
ITCHで4DECKのコントロールが可能なDJコントローラー!
さらに、4CHのミキサー機能を搭載。エフェクターも搭載。
JOGイルミネーション等もついており、機能性は抜群!

Vestax VCI-300MK2+SeratoVideo
【Amazon】【楽天】
VCI300チューンナップ日記
PCDJコントローラーの火付け役がこのVCI-300です!!
この機材があったから今のDJコントローラーブームがあるといっても過言ではありません!
持ち運びがやりやすいサイズでありながら、操作性は抜群!
JOGの重さの調整や、クロスフェーダーの切れも良いため、HIPHOP系に大人気!
今は標準でSeratoVideoが付属されているため、VJも可能。

Numark NS7FX
itch_ns7.jpg【Amazon】【楽天】
NS7の紹介記事1
NS7の紹介記事2
一体型DJコントローラーで唯一アナログ感覚なプラッターが搭載!
ターンテーブルの感覚に近いコントローラーを必要としている方にはこのNS7FXが最適!
クロスフェーダーもキレキレ!
ただ、重すぎるのがネックになる方も多いようです。

Novation Twitch
itch_twitch.jpg【Amazon】【楽天】
TWITCHの紹介記事
JOGが無いので、敬遠するかたも多いようですが、リボンコントローラーで
スクラッチ等も出来てしまう。小型・軽量なコントローラーです。
VCI380に搭載されたSLICE機能などをはじめに搭載したモデル。
縦フェーダーでエフェクターをコントロールできるなど、面白い機能満載。
値段もお得になったので、お買い得。



②NI TRAKTOR付属のコントローラー
1traktor.jpg

NI TRAKTOR KONTROL S4
track_s4.jpg【Amazon】【楽天】
TRAKTOR KONTROL S4紹介記事
DDJ-T1 VS TRAKTOR KONTROL S4記事
TRAKTOR KONTROL S4紹介ビデオ
TRAKTORのソフトウェアを開発しているNativeInstruments製のハードウェアなので、
TRAKTOR PROとの相性は抜群!洗練されたフォルムで、人気が高い。
ソフトウェアは、「TRAKTOR PRO 2」がはじめから付属。

PIONEER DDJ-T1
track_ddjt1.jpg【Amazon】【楽天】
DDJ-T1・DDJ-S1紹介記事
DDJ-T1 VS TRAKTOR KONTROL S4記事
CDJで世界標準になっているPIONEERがデザインしたTRAKTOR用コントローラーDDJ-T1
さすがに操作性は抜群!JOGイルミネーションの反応なども抜群。
ソフトウェアは「TRAKTOR PIONEER DDJ-T1 EDITION 2」が付属。
エフェクターの数が少なく、2.5への無償アップグレードは出来ない。
もちろん音質もGOODです。パイオニアのレイアウト、フェーダースタート等
独自の機能で、操作性も良い。クラブスタンダードのレイアウトを使用して
TRAKTORを操作したかったらコレがオススメ!

NI TRAKTOR KONTROL S2
track_s2.jpg【Amazon】【楽天】
プレイヤー/ミキサーは2CH分しかないが、ソフトウェアは「TRAKTOR PRO 2」が付属。
TRAKTOR KONTROL F1との組み合わせでTRAKTOR PRO 2.5がフルに活かせるので、
F1発売後人気になっている。シンプルに2CHでプレイするならコレのみでOKだが
TRAKTOR KONTROL F1とのセットがオススメ!

Numark 4Trak
track_4track.jpg【Amazon】【楽天】
ソフトウェアはTraktor2 - 4TRAKエディションが付属。
4CHリアルミキサーも搭載しているため、CDJやアナログも接続可能。
エフェクターの角度が絶妙で、コントロールしやすい。

Vestax VCI-100MK2
tracktor_vci100.jpg【Amazon】【楽天】
ソフトウェアは、TRAKTOR LEが付属。Serato DJ Introも使用可能。
コンパクトで低価格なTRAKTOR専用コントローラーならコレ!
こちらもTRAKTOR KONTROL F1との購入がオススメ。



③ATOMIX VirtualDJ LE付属のコントローラー
④SERATO DJ INTROダウンロード可
1virtual_ergo.jpg 1intro.jpg

PIONEER DDJ-ERGO-V
virtual_ergo.jpg【Amazon】【楽天】
DDJ-ERGO-V紹介記事
DDJ-ERGO × Serato DJ Introでの使用
VirtualDJ LE付属。エフェクターを掛けたときやシンク時のライティングなど
イルミネーションが派手にプレイを盛り上げてくれます。
また、ミキサーは2CH分しかないように見えますが、プレイヤーで4デッキ分の切り替えで使用可能。
Serato DJ Introも使用可能ですが、イルミネーションは使用できません。
TRAKTOR PRO使用時はイルミネーションも使用できるため、TRAKTOR KONTROL F1との
セット購入もオススメ。
JOGイルミネーションが光るが、マーカーがずれる。

Vestax Typhoon
virtual_typhoon.jpg【Amazon】【楽天】
Typhoon紹介記事
Typhoon紹介記事2+教則ビデオ
Vestax Typhoon VS Numark Mixdeck Pro
【裏技】Typhoonのクロスフェーダーの切れをよくする。
VCI-300が落ち着いてきた頃にDJコントローラーを再び盛り上げたのがTYPHOON!
低価格でオーディオインターフェイス搭載なのが、当時は斬新だった!
付属ソフトはVirtualDJ LE。Serato DJ Introも使用可能。
小型・軽量で、LEDレベルメーターなどもついて、
MixtrackPROよりも、より安定感のある仕様。

Numark MixTrackPRO
intro_mixtrackpro.jpg【Amazon】【楽天】
MIXTRACK PRO購入後チューンナップ
Vestax Typhoon VS Numark Mixdeck Pro
付属ソフトはVirtualDJ LE。Serato DJ Introも使用可能。
GAINや電源、LED等がTyphoonと比べ省略されているが、
低価格ながら、HOTCUEや、エフェクター用のコントロールが可能。
TRAKTOR KONTROL F1と一緒に購入して、TRAKTOR PRO 2.5での使用も面白そう。
オーディオインターフェイス機能の無い、MIXTRACKと、AUDIO2とのセットも面白い。

Numark N4
intro_n4.jpg【Amazon】【楽天】
MIXTRACK PROに4CH分のDJミキサー機能を追加したようなDJコントローラー
付属ソフトは4デッキ版のVirtualDJ LE。Serato DJ Introも使用可能。
当然TRAKTOR PRO 2にも対応するので、F1とのセットもGOOD。



番外編
track_f1.jpg【Amazon】【楽天】
今、ちまたで話題になっているのがこのTRAKTOR KONTROL F1です。
これは、TRAKTOR PRO 2.5で追加された、RemixDeckを完璧にコントロールできる
コントローラーなわけですが、なんと!「TRAKTOR PRO 2.5」が付属しています!

ということは、DDJ-ERGOや、VCI-100MK2、MIXTRACK PROなどなどの
VirtualDJ LE付属のコントローラーとF1を一緒に買えば、
TRAKTOR PRO 2.5でプレイできるようになるわけです!





あと、これ!
AUDIO2.jpgAUDIO2_2.jpg【Amazon】【楽天】
アウトプットのみ搭載のオーディオインターフェイスですが、
これにもTRAKTOR PRO 2.5が付属!!

ってことは、オーディオインターフェイスが搭載されていないコントローラーと
このAUDIO2を購入すれば、TRAKTOR PRO 2.5でDJが出来る!



紹介していない機材も時間のあるときに紹介していきたいですね。

大抵、ジャンル等で大雑把に
●ITCH=HIPHOP、R&B、REGGAE
●TRAKTOR=HOUSE、TECHNO、TRANCE、Electro
●VirtualDJ=低価格、入門DJ
という分け方で良いとは思いますが、今後どう変わっていくか気になります。

現状、seratoが強いですが、TRAKTORの勢いすごいですね!
RemixDeckの搭載で、サンプラーのウィークポイントを解消し、
新しいことをやりたがるターンテーブリスト系のDJも興味を持っている人が増えています。
Seratoが何をやり返してくるのか!今月のSUMMER NAMM2012あたりで何か出てこないかな?

ブログパーツ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

comment(9)  trackback(0)

Vestax VCI380を触ってみました。

2012.04.02

category : デジタルDJ(コントローラー系)

今回のMusikmesse2012でDJ DRAGONが一番気になったのがコレ!

VestaxのVCI-380!!

VCI300を使用していたDJ DRAGON的に気になっていた
JOGイルミネーションを搭載して、
さらに2chのDJミキサーとしても使用可能とのこと!
Hotcueの数も気になっていたので、
コレはまず間違いないだろう!!と思っていた商品です。

ソフトウェアの「ITCH」がまだ正式に対応していないようなので
ハードウェアだけですがチェックすることが出来ました。


IMG_0358.jpg
まずは、電源をつけさせてもらおう・・・
(電源コードがかなり短く感じたのは私だけ?)

IMG_0349.jpg
ここで、気づいたのですが
VCI380はUSBバスパワーで使用できないみたい。

IMG_0354.jpg
こちらはVCI300mk2の電源部分。

でも、電源をつけてみて納得。
IMG_0356.jpg
暗いところで電源をつけてみました。
ソフトウェアとつなげるともっといろんな部分が光りそうです♪



では、ハードウェアの紹介に戻りましょう♪
まずは、JOG
IMG_0363_20120415010008.jpg

イルミネーションが光るのがかなりうれしい!
少し反応がヌルッとしていましたが、十分使えます!
JOGの真ん中でJOGの重さを調整も可能です。

IMG_0359.jpg
PADは、
HOTCUE、SLICE、LOOP、ROLL、SAMPLER
と切り替えて使用できるようです。
リボンコントローラーも搭載されています。

IMG_0363.jpg
SHIFTを押しながらHOTCUEボタンでサンプラーモードになります。
サンプラーモードでは、1-6がサンプラーのボタンで、
7-8でバンク切り替え。
Padの感触もやわらかくて気持ち良いです♪
PadOneを作った経験がここで活きてきているみたいな気がします。

IMG_0340.jpg
Pad部分には傾斜がついていて、操作性への配慮も怠っていませんね。

IMG_0364.jpg
実は、このPAD FXのつまみでエフェクターを選び、
押すとエフェクトがONになります。
Padがアフタータッチに対応していて、深く押し込んだ際に
エフェクターがかかるようになっています。
Rollなどと、エフェクターを併用して使うと面白い遊びが出来そうです。

IMG_0342.jpg
PadFXとは別に、エフェクターも標準搭載。
ここは、エフェクトONのボタンを押しているときのみ
エフェクトがかかるようになっていました。

IMG_0341.jpg
使いやすそうなブラウズのJOG等の配置です。
AREAで、ブラウズ部分のエリアを行き来できます。
VIEWボタンを押すとITCHの上部のレイアウトが切り替わります。
SORTボタンで、曲名などをSORT可能。

IMG_0362.jpg
この切り替えスイッチで、PCの音とミキサーの
インプットに繋いだ音を切り替えて使用できるようです。
ターンテーブルやCDJを後で追加できるので、
これからDJを始める方も安心してVCI380を購入できますね!!

IMG_0350.jpg
こちらが、ミキサーのインプット部分
PRE TRIMとかいう気の利いたつまみがついてますね!

IMG_0347.jpg
アウトプットはXLR(バランス)とBOOTH(RCAピン)が搭載。
XLRのボリュームはMASTERボリュームで調整し、BOOTHのボリュームは
BOOTH端子の横にあるつまみでボリューム調整。

IMG_0345.jpg
マイク入力も2系統。

IMG_0361.jpg
JOGのセンサーや、フェーダー類のカーブコントロール機能があります。

IMG_03432.jpg
クロスフェーダーも結構切れます!!
クラブスクラッチが普通にやって入る感じです。

IMG_0343.jpg
縦フェーダーは少し抵抗がある感じで、
「しっかりしているフェーダー」という感じです。
パイオニアのミキサーに似た感覚でしょうか?
JOGと縦フェーダーの感覚がVCI300より広くなったのも好印象
VCI300だとたまに縦フェーダーにあたることがあったので。


VCI-300MK2とサイズを比べてみました。
IMG_0353.jpg
IMG_0352.jpg
縦、横ちょっとずつ大きい感じです。



DJ DRAGONみたいにすでにやられた方は
初回分を早めに予約しちゃおう!!
5月上旬発売予定で、¥69,800

実際触ってみたいって方はお近くの
ベスタクス製品取扱店舗へ行ってみてはいかがでしょうか?
実際においているかは直接お確かめください。


ブログパーツ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

comment(0)  trackback(0)

Vestax Typhoon VS Numark Mixdeck Pro

2012.02.21

category : デジタルDJ(コントローラー系)

Numark Mixtrack Proとよく比べられるであろう
VestaxのTyphoonと軽く比較

【まずは、サイズ】
IMG_0158.jpg
モバイル製をとるならTyphoon!

【EQ】
Typhoonはミニスライダー
MixtrackProは通常のミキサーと同じつまみ

【JOG】
IMG_0156.jpg
JOGのサイズで比べるとMixtrackPro!
でもJOGの質感はTyphoonの方が好き♪


【オプション】
IMG_0153_20120220234754.jpg
Typhoonには、JOGの感度調整がついている。
また、どちらもUSBバス電源で動くのですが、
PCの電力が足りない場合などのために、Typhoonでは
オプションで電源アダプターを接続することができる。
(MixtrackProは電源のオプションはナシ)

【価格】
Typhoonは3万円前後
MixtrackProは2万円前後

【MixtrackPROのみの機能】
IMG_0164.jpg
LOOPはどちらもついているが、
HOTCUEが3つ搭載!
エフェクターのつまみが3つとON/OFFボタン。
↑この部分がかなりポイントではないでしょうか?

【Typhoonのみの機能】
IMG_0154_20120220235259.jpg
こちらが普通なのですが、
入力感度調整のGAINと、ボリュームがあります。
MixtrackProはこの2つが1つにまとまっています。

IMG_0160.jpg
それから、INPUTとOUTPUTのレベルメーターが搭載。

ということで、
安くていろんなボタンがついているのがMixtrackPro
モバイル製に優れ、電源、レベルメーター、センサー調整など
安定性に優れているのがTyphoon。

私はHOTCUEと価格でMixtrackProでしたが、Typhoonの方が良い方もいるのではないでしょうか?



実際触ってみたいって方はお近くの
ベスタクス製品取扱店舗へ行ってみてはいかがでしょうか?
実際においているかは直接お確かめください。






ブログパーツ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

comment(3)  trackback(0)

Numark Mixtrack Pro買って、チューンナップしてみました。

2012.02.20

category : デジタルDJ(コントローラー系)

ニューマークジャパンのショールームに行ってから
ずっと気になっていた機材をついに購入!!


当然、DJ DRAGON的にチューンナップをやってみました!
DJ DRAGONはScratchLiveユーザーなので、
ちょっとした旅行や、軽く曲の整理をしたりする際などに
使おうと思い購入したので、SeratoのDJ INTROで使っています。
(ScratchLiveの曲リストがそのまま使用できます。)
DJ INTROの場合、録音機能がついていないので、DJプレイの録音を
する際は、付属のVirtualDJ LEを使用するほうがよさそうです。


使ってみて、気になったのがJOGの質感と、クロスフェーダーの切れ。
今回はこの2点をカスタマイズしてみました。

IMG_1696.jpg
完成形!!

それでは、例のごとくチューンナップ内容をご紹介。


まずは、JOGの質感のチューンナップ
あまり気にならない方もいるとは思いますが、
乾燥肌のDJ DRAGON的にはザラザラの鉄っぽさが少し苦手でした。
IMG_1675.jpg
これをレコードに近い感じにしてみたい!
と思って、思いついたのがこいつ!!
IMG_1677.jpg
家にあったただの透明のテープです!!
この100円ショップのテープの質感がちょうど良かった!!
薄いので、少しゴムっぽさがあり、レコードっぽい!!
IMG_1678.jpg
これを真ん中から貼ってみます。

おっ!!いけそう。

IMG_1679.jpg
あまったところをカット!


IMG_1680.jpg
3回やると完成!!
少しヌルッとした質感です。

粘着剤付ブックカバー カバースルA5

粘着剤付ブックカバー カバースルA5
価格:378円(税込、送料別)


↑こちらのブックカバーが良いといううわさを聞いたことがあるんですが
実際に試していないので、やってみる方は自己責任で。
(やってみたかたいればご報告お待ちしています。)


せっかく透明だし、真ん中が空いていたので、
IMG_1682.jpg
このブログのロゴを入れてみた・・・
(イラレか、フリーソフトのINKSCAPE等で、直径4.5cmの円を作ってその中に画像を入れて簡単に作成できます。)

IMG_1686.jpg
ドラゴンボールも候補にあったんですが、
完成形を想像してやめました・・・

IMG_1685.jpg



次にやったのが、クロスフェーダーのチューンナップ
以前DDJ-S1のチューンナップで紹介したやり方を試してみましたが

・MixtrackProのフェーダーの上下がDDJ-S1より狭いせいか、すぐにパーツが外れる。
・パーツをつけてもパーツが届かず、フェーダーの切れが改善されなかった。

ということで、以前のパーツをさらに調整。
以前のパーツがこちら
TSUMAMI.jpg

MixtrackPro用がこちら
IMG_1688.jpg
以前のパーツの両端が足りなかったため、100均とかに売っている
グルーガンで足して、きれいに整えてみました。
それから、上下をかなり薄くして、引っかかりはほぼなくなったものの
たまに落ちることがあったため、左右をグルーガンでつなげてみました。
両端は音がキレキレになるポイントまで少しずつカットして調整。

IMG_1692.jpg
フェーダーにつけたらこんな感じ。

IMG_1693.jpg
一番端まで持っていったときがこのくらいの位置。

IMG_1694.jpg
この位置から音が入り始めるので、かなりキレキレです。

IMG_1696.jpg

次は、ヘッドホンジャックの場所と、マイクの場所の交換と
アウトプットの2からヘッドホンの音が出るんだけど、
必要な良いので、外部入力にしてみようか?




オーディオインターフェイス機能がついていない
MIXTRACKにご注意ください。



ブログパーツ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

comment(2)  trackback(0)

DDJ-ERGO-VがSerato DJ Introに対応!

2011.12.16

category : デジタルDJ(コントローラー系)

今、人気NO,1のPCDJコントローラー「DDJ-ERGO」が
SeratoのDJ INTROについに対応!!

ちょっと試してみたので、ご紹介します。



まずは、DJ INTROの最新バージョンを
Seratoのホームページよりダウンロード

DD-ERGOのアップデータをパイオニアのホームページよりダウンロード。

以上の2つのソフトウェアをインストールする必要があります。
ここは、飛ばします。何とかやってみてください。

あとは、起動するのみ。


起動してみると、上部のプレイヤー部は2通り選択できます。
CM Capture 5

CM Capture 6

Typhoonで出来なかったHOTCUEがコントローラー側から使用可能!
IMG_0190.jpg

気になっていたサンプラーもコントローラー側から使用可能。
CM Capture 7
サンプラーが再生中のみランプが付くようになっているようです。
ERGO側についているサンプラーのVOLも使えます。

セットアップ画面
CM Capture 1
セットアップ画面で、クロスフェーダーの調整をすることで
スクラッチに関しては、DDJ-S1とほぼ同等のクオリティになります。

CM Capture 2
エフェクターもほぼ全てのパラメータをコントロール可能。

CM Capture 4
6種類のエフェクターが搭載。

CM Capture 3

IMG_0189.jpg
エフェクターはソフト側とコントローラー側がほぼ同じレイアウト。
一番右はテンポと拍の調整が可能でした。

しかし、エフェクターがオンになっても
コントローラー側のランプは付かないようです。
(ここまでは、許容範囲でしょう。)

zoom_ddjergo.jpg
フィルターのつまみはそのまま使用可能。


IMG_0188.jpg
一つだけ難点なのがJOGイルミネーションが機能しなくなる点です。
JOGのマーカーはもちろん、エフェクターをかけた際のイルミネーション
などが機能しないようです。

コレは、ソフトウェア側の問題のようです。
DJ INTROでは、JOGイルミを今後もつけないつもりなのか、
今後対応するのかは未定分かりませんが、
5万台でここまで出来れば十分でしょう・・・。
(VCI-300もJOGイルミ付いていないし・・・)

ちなみに、VirtualDJで使用したときのJOGの様子。
IMG_0191.jpg



対応表
PIONEERの元ページはこちら
pioneer.jpg
pioneer2.jpg
pioneer4.jpg
pioneer3.jpg








ブログパーツ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

comment(0)  trackback(0)

PIONEER DDJ-ERGO-v実機チェック

2011.10.18

category : デジタルDJ(コントローラー系)

冬のボーナスシーズンに向けて、新商品が続々発表されていますが、
11月発売予定のDDJ-ERGOの実機を触ってみました。

IMG_0011.jpg

このDDJ-ERGOは、他のDDJシリーズ同様「DJソフト」と「専用コントローラー」のセットです。
付属するソフトは、こちら
IMG_0030.jpg
「Virtual DJ Limited Edition」が付属。
DDJ-ERGOのイルミネーションにあわせてソフト側も変化します。

このDDJ-ERGOは、コレまでのDDJシリーズと比べ、低価格で手が出しやすく
一般の方(DJをこれから始めようという方)向けに、考えられた商品のような感じです。

VirtualDJは世界的には、シェアNO,1のソフトで、一般受けする機能が多く含まれています。
例えば:動画のMIX、スキンの変更、録音機能など。

イルミネーションの演出で、カラフルに光ったりするのも、自宅にミラーボール
を置きたいという方の気持ちをくすぐる演出な気がします。

DDJ-ERGOのポイントを挙げるとしたら
・4CHのプレイヤーをコントロールできる。
・動画ファイルもプレイが出来る。
・イルミネーションがカラフル
・サイズがほどよい
・機能的には、上位機種と比べても遜色ない。



では、各部を順にご紹介。

まずは、プレイヤー部分
IMG_0012.jpg
このJOG周りの光の演出がDDJ-ERGOの最大の特徴ですが、
光り方としては

・エフェクターを使ったときにエフェクト効果とあわせて光る。
・左右のプレイヤーのBPMが合うと強く光る。
・曲の読み込みのとき。
・あと、ボリュームのとこが音量にあわせて光ります。

この再生ボタンやCUEの配置が、商品名の「Ergonomic=人間工学」なのでしょうか。

あと、DDJ-S1等では、HOTCUEを使うとJOGのライトが12時のところにジャンプして、
近くにCUEポイントがあると2枚使いがかなりやりにくかったのですが、
DDJ-ERGOはその点は改善されていました。(ソフト側の問題なのか?)

追記
しかし、2枚使いやジャグリングをやっていると、マーカーの位置が徐々にずれていくことに気が付きました・・・
この価格だし、そういうプレイを求める方は、DDJ-S1にしましょう!!

このプレイヤー部のソフト画面はこちらの右側です。
IMG_0027.jpg



次は、プレイヤー部の上部
IMG_0013.jpg
真ん中の上から、エフェクター、サンプラー、HOTCUE。
右側に、FILTER、エフェクターのON/OFF、サンプラーのボリューム
右上のDECKA/Cでプレイヤーを切り替えることが出来ます。

↑のコントローラー部分と、↓のソフト上の画面がほぼリンクしているので、簡単です。
IMG_0029.jpg

エフェクターの詳細が画面下に表示でき、
IMG_0031_20111018134107.jpg
黄色い丸のところが左右のプレイヤーで選択しているエフェクターになります。

あと、この部分では、動画のエフェクターがコントロールできます。
IMG_0033_20111018134107.jpg



ミキサー部。上のほうから順に。
IMG_0016.jpg
一番上のつまみで、曲を選んで、その下の2つのボタンで曲を読み込み。
このつまみを押すと、曲のリストが最大化して、曲が選びやすくなります。
その他のミキサー部は、通常のものと同じ。

フェーダー周りは、特に何でもない感じですが、
IMG_0015.jpg

ソフトウェア側に、フェーダーのカーブコントロール機能が搭載されています。
IMG_0028.jpg
フェーダーの切れ味は、今回ほぼ同時に発表されたDJM-250のフェーダーがキレキレだったので、期待して触りましたが、DDJ-S1と同じくらいかと思います。
以前紹介した改造で改善できるかも知れません。



ハードのその他の紹介
IMG_0020.jpg
外部入力はMICかLINEで1系統。

IMG_0018.jpg
ヘッドホンの小さいのも使えます。

IMG_0039.jpg
この足で、斜めに置けます。
もちろん取り外しも可能。



ソフトのその他の紹介。
IMG_0025.jpg
とにかく設定はコレだけの簡単仕様。

IMG_0030s.jpg
サンプラー保存は出来ません。

IMG_0032.jpg
録音機能。


あと、写真撮り忘れましたが、動画のMIXも可能です。



DDJ-ERGO動画








実際触ってみたいって方はお近くの
パイオニアDJ機器取扱店舗へ行ってみてはいかがでしょうか?
実際においているかは直接お確かめください。



ブログパーツ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

comment(4)  trackback(0)

Seratoより、DJ intro 無料ダウンロード開始!

2011.10.02

category : デジタルDJ(コントローラー系)

また、仕事が大変でブログの更新ができないという
新たな都市伝説に遭遇していますが、
DJシーンでは、面白いアイテムがどんどん出てきているようです。

まずは、SERATOより、DJintroなる新たなソフトウェアが登場しました!

Seratoのホームページを訪れると
Serato Audio Research
TOPページに大々的にDJintroの告知が!
気合の入りようが良くわかります。
Serato DJ Intro - Serato.com
で、このDJintroはseratoのソフトなので、ほかのソフトと同じく
無料でダウンロードが可能ですが、使用できるハードウェアが決まっています。

まずは、Numark
Serato DJ Intro - Tech Specs - Serato.com
●MixDeck  ●MixDeck Express  ●MixTrack Pro
と、DJintroの後に発表された
N4というコントローラー
n4_angle_lg.jpg

Vestaxは
Serato DJ Intro2 - Tech Specs - Serato.com
●Typhoon  ●VCI100MK2
と、同じく10/1に発表された
VCI400というコントローラー
VCI-400_45R_black_with_pc.jpg
このコントローラーはあらゆるソフトウェアに対応するようです。
software_logo.jpg
下の方まで行くと良く知らないソフトまで対応していますね。

では、DJintroを簡単に紹介。
13589_product_page_popup.jpg
見た目は、ほぼITCHと同じ感じですが、
機能が簡素化されている印象です。
ITCHの下位バージョンということで問題なさそうです。
録音機能や、ブラウズなどは付いていないようです。

プレイヤー部(上部)のレイアウトを2通り変更可能。
WS000000_20111002104551.jpg
横表示
WS000001_20111002104551.jpg
縦表示

うれしいのが、サンプラーの搭載。
WS000004_20111002104551.jpg
4つのサンプラーが搭載。
WS0000042_20111002104551.jpg
サンプラーのスタートをCUE等に設定できます。

次にエフェクター
WS000002_20111002105145.jpg
左右に3つのエフェクターが設定可能です。
WS000003_20111002105145.jpg
エフェクターの種類は
●HPF ●LPF ●FLANGER ●PHASER ●ECHO ●REVERB
これだけあれば、ある程度のジャンルで事足りますよね。

セットアップ画面がこちら
WS000006.jpg
クロスフェーダーのカーブコントロールも付いていて
Typhoon等でもスクラッチがOKのようです。



DJintroが使用できるコントローラー





ブログパーツ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

comment(0)  trackback(0)

New Pioneer DJ Controller for Mac???

2011.09.06

category : デジタルDJ(コントローラー系)

先日ご紹介した、パイオニアの新商品情報の新しい動画を発見!

VirtualDJでプレイしているが・・・
どんなのが出てくるのか楽しみだ♪

ブログパーツ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

comment(0)  trackback(0)

PIONEER 次の新商品はDDJシリーズの小さい版?

2011.09.02

category : デジタルDJ(コントローラー系)

PIONEER DJのFACEBOOKのページ
新商品らしきもののチラ見画像がアップされていた・・・
PIONEERPCDJ.jpg
これ!

VestaxのTyphoonやVCI100MK2くらいのサイズの新しいPCDJコントローラーなのかな?
っていう想像が掻き立てられます・・・。

もう少し見たい・・・。って思って
若者が必死でモザイクを消そうとするように。
やってみた。
PIONEERPCDJ_LIGHTUP.jpg
画像を明るくしまくって、一番見やすいところで落ち着いた・・・。

手前には、パイオニアのCDJみたいなボタンが見えます。
ピチコンはどこだろう・・・。
上のほうにつまみが4つ並んでいる・・・
ということは、TRAKTOR用か?
(TRAKTORのエフェクターのつまみの配置)
JOGの上のほうには、ボタンが横に4つ並んでいるのが3列だろうか?
TRAKTOR用だとしたら上のエフェクター用のものと、HOTCUEとサンプラーだろう。
JOGは光るのだろうか?
TRAKTORだとしたら、どのバージョンが付くのか?
INPUT等が付くのか?
スクラッチはどの程度できるのか?
一番見えにくいブラウズ機能はどうなっているの?

などなど、正式に発表されるまで、いろんな想像をして楽しむのが
デジタル機器の面白さの一つですよね♪



この記事を書いた後ページを見てみたら、
Youtubeの動画が!!!


なんと、ほぼ想像通りですが、
ピチコンは手前にちゃんとありますね。
動画の真ん中あたりの斜めになるのはDDJシリーズの
LaptopDock機能の新型でしょうか?
DDJ-T1を2CHにして小さくしたみたいに感じます。
ブラウズ等も使いやすそうで、持ち運び何かやる方にはよさそうですね♪

<追記>

新たな動画を発見!
VirtualDJを使っているが・・・?
タイトルが「New Pioneer DJ Controller for Mac」
Mac専用?????
発表が楽しみだ♪

ブログパーツ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

comment(0)  trackback(0)

SERATO ITCH2.0正式リリース

2011.08.03

category : デジタルDJ(コントローラー系)

big-itch-2.jpg

seratoのITCH2.0が正式リリースされました!!
ITCH2.0のポイントの動画がこちら


主な変更点です。
●4つのデッキのサポート
●ナイト&デイモード。
●複数の表示モード
●アルバムアートビュー。
●正確なグリッドのセラートSmartSyncエンジン。
●SP - 6サンプルプレイヤー(サンプル同期を含む)
●必要に応じ外付けドライブへクレート&トラックをコピーできます。
●オートフィル:音楽ライブラリからキーワードを使用してスマートなクレート作成
●またはオンラインでトラックリストを共有する。




まずはディスプレイの変更点から。

●ナイト&デイモード
12841_product_page_popup.jpeg
↑ナイトモード
12845_product_page_popup.jpeg
↑デイモード


●複数の表示モード
上部の表示モードは以下の4つから選択できます。
dr000008_20110803205141.jpg

dr000007_20110803205141.jpg

dr000006_20110803205140.jpg

dr000005_20110803205140.jpg

●アルバムアートビュー。
プレイリスト部分の表示は以下の4つから選択できます。
dr000001_20110803205409.jpg

dr000002_20110803205409.jpg

dr000003_20110803205409.jpg

dr000004_20110803205409.jpg



●正確なグリッドのセラートSmartSyncエンジン。
dr000010.jpg
シンク機能がさらに進化したことで、HOUSE系のDJにもおススメなソフトウェアに進化!
上の画面はコントローラーをつないでいない状態で、拍の位置が調整できるというもの。
BPMの設定と拍位置の調整が出来ればシンク機能はバッチリなはず!

dr000011.jpg
この画像がビートをシンクした状態。
冒頭の動画でも分かるようにきっちり同期しています。



●SP - 6サンプルプレイヤー(サンプル同期を含む)
dr000012.jpg
ITCH2.0の一番のポイントがやっぱりこのサンプラーでしょう!
さらに、サンプラーまでシンク機能がついている!!!




ITCH2.0対応のコントローラー(発売順)

VCI-300MK2
12849_product_page_small.jpg
元祖ITCH専用コントローラー!
モバイル製に一番優れています。

ITCH2.0使用動画



NS-7
12905_product_page_small.jpg
7インチのプラッターが回る。
一番アナログ感覚に近いコントローラーです。
DJ DRAGONもひそかに注目しているコントローラーです。
ただ、少し重い・・・。




DDJ-S1
12917_product_page_small.jpg
ITCH用コントローラーの大本命。
PIONEERが手がけたことで、ハードウェアの使いやすさは抜群です。


DDJ-S1はITCH2.0になったことで、HOTCUEとフェーダースタートの組み合わせができるようになりました。


NS-6
12901_product_page_small.jpg
今、注目されているNS-6。
4トラックのデッキコントロールができ、
4チャンネルのリアルミキサーとしても使用できます。
DDJ-S1と同じようにJOGイルミネーションが回ることも特徴でしょう。



TWITCH
12897_product_page_small.jpg
まだ発売していないため、未知の領域の商品ですが
今回のITCH2.0へは一番相性がよいかもしれません。















ブログパーツ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

comment(2)  trackback(0)

PIONEER DJM-T1が発売しました!

2011.08.03

category : デジタルDJ(コントローラー系)

パイオニアの話題の新商品が気づいたら発売していました!!
この商品。一度触ってみましたが、かなり好感触でした!!
01-ja.jpg

まず、DJ DRAGON的にはミキサーとしての基本性能にひかれました♪
ミキサーとしては、かなりの人気商品だったけれども短期間で廃盤になってしまった
DJM-909の下位機種DJM-707に近いものを感じます。

それが当時¥79,800でした。
それに、TRAKTOR SCRATCH DUO2が¥39,800
それに、TRAKTOR KONTROL X1相当のコントローラーが¥24,800
これらを単純に合計すると、¥144,400 ですが、
これらをそろえてセットアップするとなると結構めんどくさい・・・。
しかも、ミキサーに一体化することで操作性が抜群になります。

というのがこのDJM-T1の特徴です。

まずは、こちらの動画をご覧ください。
超かっこいいDEMO動画です。




まず、ミキサー機能ですが
djmt1_img02_20110803144153.jpg
頑丈で重さの調整やカットラグの調整が出来るクロスフェーダーが搭載。
dr000008.jpg

その、クロスフェーダーの調整動画


zoom_djmt1f_20110803144742.jpg
zoom_djmt1r_20110803144742.jpg



次に、このミキサーの特徴的な部分
TRAKTOR SCRATCH DUO2について。
djmt1_img01_20110803144939.jpg
この画像のように、TRAKTOR SCRAATCH DUO2のソフトウェアと
コントロールバイナル+CDが付属されています。(当然USBケーブルも)
dr000007.jpg
当然TRAKTOR SCRATCH PRO2でも使えます。

djmt1_img03_20110803144938.jpg
接続もこんな感じでシンプルで簡単です。

djmt1_img04.jpg
ミキサーとPC間の接続はDJM-T1に付属のエディターでアサインができます。
TRAKTOR側の設定とこのエディターで上手いこと設定すればOKです。



最後にTRAKTORのコントローラー機能について。
dr000003_20110803192848.jpg
こちらのミキサー上部で曲の選択などが行えるようになっています。

dr000005.jpg
このつまみはループ機能。

dr000004_20110803192848.jpg
で、トラクターといえばやっぱりエフェクター。
トラクター側の配置と同じようになっているので、直感的に操作できます。
もちろん。TRAKTOR PROでも問題なく使用可能。
(PROの場合、エフェクターの数が30種以上になるため
TRAKTORの設定画面で、使わないエフェクターを表示しないようにしたり、
お気に入りエフェクトに良く使うのを設定したりすると使いやすくなります。

TRAKTOR DUOに入っているエフェクターの音紹介動画


dr000002_20110803192848.jpg
冒頭の動画で、この部分を使い倒していたんですが、
HOTCUEとサンプラーの2つの機能を切り替えで使い分けることが出来ます。

HOTCUEはボタンを押すと設定したポイントにジャンプするわけですが
TRAKTOR 2の特徴でもあるサンプラーを使ったプレイが面白そうです。
冒頭の動画ではこの2つを上手いこと切り替えてプレイしていますね。



以上。
DVSの導入とミキサーの買い替えを検討している方や
クラブでトラクターでのプレイを考えている方など。
かなり面白いミキサーではないでしょうか?










ブログパーツ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

comment(0)  trackback(0)

PIONEER DDJ-S1のクロスフェーダーをキレキレに改造♪

2011.06.03

category : デジタルDJ(コントローラー系)

ddjs1top2.jpg

SeratoにITCH専用のコントローラーとして大人気中のパイオニアDDJ-S1

DJ DRAGON的にはVCI-300同様クロスフェーダーの切れ味が納得いかないところ・・・

それ以外のクオリティがかなり高いだけに何とか改造を!と思い、やってみました。

VCI-300の時のやり方は難しそうな気がしたので、今回は別のやり方です。

では、早速DJ DRAGONがやった改造をご紹介。


1SP1000454.jpg
これが、初期状態。

1TP1000452.jpg
こちらが、改造後
フェーダーの両端に何かついています。



これをつけることによって・・・

2SP1000449.jpg
通常は、クロスフェーダーを一番右に持ってくると
ココまでフェーダーがきます。

2TP1000444.jpg
で、音が出るのがこの赤い線の部分だから
右端から音が出るところまでの遊びがこんなにあいています。

全然スクラッチできないかといえば、そうでもないですが
クラブなどは意識して浅くやらないと音が入らないことがあるんです。

2TP1000445.jpg
改造後は、この位置が一番右端になるので、
クラブなどの細かいスクラッチもしっかり音がでて、キレキレになります♪



では、フェーダーのつまみを取って見ます。

3P1000445.jpg
DDJ-S1はつまみが取れてなくなったりする事故をなくす為、
フェーダーがこのように3つのパーツから出来ています。
はずすときは無理やりはずさないように気をつけてください。
つまみの白いところを先にはずせば簡単に取り外しが出来ます。

4TP1000446.jpg
フェーダーのシャフトの部分の両端にこういうパーツをつけて、
フェーダーのカットラグを埋めることに成功!
我ながらなかなか面白いアイデアだと思います♪

5TP1000447.jpg
はずしてみるとこんな感じ。
画質悪くてすいません。



それでは、特許出願したいくらいのこのパーツの作り方。
用意するものは
DP1010031.jpg
・Technics フェーダーつまみ(RGV0194K)
・ニッパー
・やすり
以上です。
このテクニクスのつまみが一番しっくりきそうな気がしたので
ためしに作ってみたらぴったり合いました。

DP1010039.jpg
まずは、こんな感じで切ってください。

DP1010042.jpg
こうなりました。
右側の部分だけ使います。

DP1010048.jpg
そのままだと大きすぎるので、
この部分をやすりで薄くします。
なんとなくですが、1mm以下くらいだと思います。
手前側のほうがスペースが狭かったので、少し薄めにします。
(DDJ-S1のフェーダーのとこに突っ込んでチャックしながらやってみてください。)

DP1010051.jpg
厚さが大丈夫そうなくらいになったら
この部分から切ります。

DP1010052.jpg
これで完成!!
これをクロスフェーダーのシャフトにつけるとキレキレです。

6TP1000450.jpg
つけてみて、上下に当たってひっかかりがあるときは、
ひっかかりが無くなるまで薄くしてください。高さも同じく。


これで、DDJ-S1の価値がグッと上がりました!

結構作るのはめんどうですが、こんなパーツなら簡単に作れて
コストもかからないと思うので、パイオニアで作ってくれないですかね?



商品情報




TECHNICSのフェーダーのつまみは、楽天やアマゾンに掲載されていませんでしたが、
ちょっと気の利いたお店だと置いていると思います。
(値段安すぎるから楽天とかに乗せていないだけだと思います。)

ブログパーツ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

comment(0)  trackback(0)

VCI100MK2 × TRAKTOR PROで、オートスクラッチ!

2011.05.18

category : デジタルDJ(コントローラー系)

最近ご無沙汰していました。
仕事が忙しくてブログが書けないっていう
都市伝説に遭遇していました・・・


まずは、この動画をご覧ください。

わかりますか?
このインチキスクラッチ!

スクラッチの音をLOOPさせて、
TRAKTORについているGaterのエフェクターをかけています。
その際、エフェクトのかかり具合を最大にして
RATEで音が途切れる感覚を調整すればOKです。

次にこちらの動画(50秒あたりから)

RATEのアサインをクロスフェーダーに当てて、
いかにもスクラッチをやっているっぽく見えますね?

このやりかたは、GaterがついていればOKですので、
TRAKTOR S4や、DDJ-T1でももちろん可能です。
(DDJ-T1はクロスフェーダーへのアサインはできないかもしれません。)

その他、DDJ-S1やVCI300MK2など、ITCHを使うコントローラーでは
TREMOROというエフェクターを使ってAUTOSCRATCHが可能ですが、
クロスフェーダーへのアサインはできないです。

あと、VevstaxのSPINには始めからオートスクラッチ機能が搭載されています。


趣味程度でDJコントローラーを購入する方には
うれしい機能かもしれませんね。


関連商品
Pioneer パイオニア / DDJ-T1 DJ コントローラ

Pioneer パイオニア / DDJ-T1 DJ コントローラ
価格:99,800円(税込、送料込)











ブログパーツ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

comment(0)  trackback(0)

パイオニア DDJ-T1 VS NI TRAKTOR S4

2011.02.15

category : デジタルDJ(コントローラー系)

DJ DRAGONの気になる機材
今月のトップはやっぱりパイオニアからまもなく発売されるDDJ-T1!!
でも、ちょっと前に出ていたTRAKTOR KONTROL S4も気になる!!
ってことで、簡単に比較・・・。
VS.jpg

どっち買うべきか?って方いるんじゃないかな?



まずは、どちらにも共通する機能
プレイヤーから

IMG_1295.jpgC_1e03f67011.jpg
まずは、JOG。
左がDDJ-T1、右がTRAKTOR KONTROL S4(以後同じ)
当然JOGの周りにライトが光るDDJ-T1の方が操作性は上です。
サイズもT1が11cmくらいでS4は8cmくらいだったと思います。
あと、手前側にあるため、DDJ-T1の方が使いやすいと思います。

あと、ピッチコントローラーの場所。
T1は左右どちらのプレイヤーも右側についているのに対し、
S4は左右対称に外側についている。
片耳ヘッドホンなどでやるDJなどは特に片方の手でテンポを触るとの事。
IMG_1294.jpgC_04898d0a87.jpg
こちらはプレイイングアドレス。
曲の好きなポジションに瞬時にジャンプできる機能です。
T1はこのスライダーを触った場所にジャンプできます。
S4はSHIFTボタンを押しながらJOGをまわすことで同じように曲をサーチできます。

CUEの数は8個ずつ、ループ等も同等です。

プレイヤー部はJOGのイルミネーションでDDJ-T1が優勢。



ミキサー部

IMG_1291.jpgO_7a1fc82d84.jpg
T1の上の方から順に比べていくと
曲の選択はどちらもJOGが付いていて簡単。
しかし、曲のロードの際T1の方が1-4チャンネルの
読み込みがすぐ近くにあるので選択しやすい。
EQはそれほど違わないが、S4の方はミキサー部にFILTERが付いている。
T1の方はプレイヤー側のリボンコントローラーの横にFILTERがついている。
特筆すべきは、T1にはシンクのマスター、スレイブのボタンと
チャンネルフェーダースタートのスイッチがある。
これはTRAKTORの精度の高いシンク機能を使って、フェーダーの抜き差しで
曲の展開をつけるというプレイをすることが可能になる。

フェーダーのクオリティは好みも分かれますが、
縦フェーダーはパイオニアの方が質がよいように感じます。
クロスフェーダーはT1の方は初期状態ではミックスモード(ゆっくり音が入っていく)のみ、
ソフトウェアをバージョンアップすると、スクラッチもできそう。
S4は遊びがかなり少なくできるので、スクラッチならS4の方がキレます。

ミキサー部はテクノ・ハウス系にはDDJ-T1
スクラッチ系もやるならTRAKTOR S4がオススメ。

USBバスパワーにも対応
どちらも、電源を接続しなくてもUSBバスパワーで使用可能。
イルミネーションが暗くなります。


と、ここからは、片方にしかない機能をご紹介していきます。
まずは、DDJ-T1の方がよいポイント。

☆「LAPTOPドック」構造を採用
ddj-t1_img02_20110215012741.jpgIMG_1300_20110215012753.jpg
PCが下に入りディスプレイが手元に来る。
☆クラブスタンダードのパイオニアレイアウト
(ボタンや、ピッチコントローラーの位置など)



TRAKTOR KONTROL S4がよいポイント

☆TRAKTOR PRO 2付属(2011年4月より)
T_760fb22477.jpg
2011年4月1日より最新のTRAKTOR PRO 2*バージョンにアップデートされるようです。
(S4ユーザーには無償アップデート!)
☆豊富な入出力(ターンテーブル、CDJ等の接続が可能)
front_and_back_1200px2_20110215013651.jpg
ターンテーブルやCDJを接続できるインプットが豊富です。
接続した機器は一度パソコン内に入って処理されるため、パソコンを繋いでいないと音は出ないようになっていますが、TRAKTOR内のエフェクターなども利用できるなど、とても便利。

☆TRAKTOR KONTROL S4 Scratch UpgradeでDVSコントロールバイナルを使用可能。
T_bfa4677d22.png
2011年4月より、S4ユーザーはTRAKTOR KONTROL S4 Scratch Upgradeを購入してS4システムにスクラッチ機能を追加することができます。
S4のシステムのJOGで2台分のプレイヤーをコントロールし、
ターンテーブル等を繋いで、コントロールバイナルでもう2台をコントロールする
ってことができるようになりそうです。
☆24bit / 96 kH対応
こちらは、スペック上こちらが上ですが、音のよさはどちらが上ともいえません。





うーん、これは迷いますよね?
どちらもよい商品だと思います。
PCDJのカテゴリーを引っ張っていって欲しいです♪

ブログパーツ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

comment(0)  trackback(0)

【裏技】Typhoonのクロスフェーダーの切れをよくする。

2011.01.03

category : デジタルDJ(コントローラー系)

あけまして、おめでとうございます。
DJ DRAGONの気になる機材今年初の記事です。
今年はDJ DRAGON的に大きく飛躍できる年にしたいものです。

さて、今、大人気の Vestax Typhoon (VirtualDJ LE)ですが、
TRAKTOR LEからVirtualDJ LEに変更になった際の唯一不満だった点で、
クロスフェーダーがミックス向けに、ゆっくり音が入っていく設定にしかできませんでした。
tp_top.jpg
JOGの反応もVCI-300程よくないため、スクラッチ向きではないにしても、
クロスフェーダーは切れきれに設定したいものです。
(簡単なスクラッチくらいはできるようになるので・・・。)

そこで!
DJ DRAGONが裏技を発見!!

このやり方は、メーカーでも把握していないのではないでしょうか?
その為ソフトウェアの仕様変更などでできなくなる場合もあるので、ご了承ください。



こちらが、Typhoonに付属のVirtualDJ LEの画面。
v1.jpg

そして、こちらが設定画面。
v2.jpg
オーディオの設定画面と
v3.jpg
PROへバージョンアップ。
の設定だけしかなく、当然フェーダーのカーブの調整はできません。

で、ここからが重要。
VirtualDJ のホームページにて、Virtual DJ LEフリーバージョンをダウンロードしてください。
(ダウンロード後インストール)

で、インストールしたら、Virtual DJ FREEを立ち上げます。
WS000001_20110103005326.jpg

いろんなスキンがありますが、立ち上げるとこんな画面です。
WS000002.jpg

立ち上げるときにわかりますが、FREEのバージョンでは
10分間しか使用できません。
(iPadやiPhoneのコントローラーだったらずっと使えそうです。←こちらは次回ご紹介)


右上のCONFIGより、設定画面を開いて、
オプションの項目を選択。
WS0000042.jpg

クロスフェーダー設定の部分を何度かクリックして、SCRATCHに変更。→OK
WS000005_20110103005534.jpg

以上。
これでVirtual DJ FREEは閉じてOKです。

VirtualDJ LEを立ち上げて使用すると
クロスフェーダーの切れがスクラッチ向けの
設定に変更になっているはずです。

ほかの設定も変更して見ましたが、
LEでは反映されませんでした。
これ以外で発見したら教えてくださいね。





ブログパーツ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

comment(0)  trackback(0)

Numark iDJ3触ってみました。

2010.12.21

category : デジタルDJ(コントローラー系)

以前少し紹介した、iDJ3ですが、
実機をチェックしてみました♪

これまでの、iDJ2と違い、今回のiDJ3は
基本的には、PCDJコントローラー「MIXTRACK」「MIXTRACK PRO」の上位機種で
iPodは録音と再生のみの対応です。スクラッチやピッチ変更はできません。

なので、まずMixTrackを軽くご紹介
上で述べたようにTyphoonやSPINのようなDJ用ソフトが付属した
PCDJ用のコントローラーで、「MIXTRACK」「MIXTRACK PRO」の違いは
オーディオインターフェイスがあるか、ないかと
ソフトウェアが「TRAKTOR LE」か「VirtualDJ LE」かの違いです。

3機種の比較
機能\モデル名iDJ3MixTrack ProMixTrack
スクラッチ
オーディオインターフェイス×
付属ソフトVirtualDJ LE 6VirtualDJ LE 6TRAKTOR LE
iPodドッグ録音/再生用××
エフェクトコントロールノブ×
価格2万後半2万前半1万後半
発売2010年12月末2011年2月2010年12月末


iDJ3
P1030551.jpg
iPhoneをおいてみた。

P1030559.jpg
iPodをさすところです。

P1030557.jpg
ここで、PC内の曲を選んで左右のデッキに読み込み。
iDJ2のときみたいにこれでiPod内の曲を選ぶなんてことはできそうにないです。
ほんとにiPodは音を出すのと録音ができるってだけのための物です。
(録音もソフト側でできるので、単純に再生だけって感じです。)

P1030552.jpg
ミキサー部分です。
クロスフェーダーのキレとかは時間なくてPCにつなげなかったので
試せてませんが、VirtualDJ LEの仕様上ゆっくる音が入るタイプでしょう。

P1030553.jpg
EQとLOOP。
EQのMUTEとかいらないから、CUEつけるべきだと思った・・・。

P1030554.jpg
JOGの部分です。

P1030558.jpg
JOGのどアップ。
タッチセンサー式なので、素材は鉄系です。
レコードっぽくザラザラ

P1030555.jpg
ヘッドホンアウトとマイクインプット

P1030556.jpg
アウトプット。




numark_mixtrackpro_angle_large.jpg
こちらはMixTrack PRO

NK112_2.jpg
こちらが、MixTrack





ブログパーツ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

comment(0)  trackback(0)

CITRONIC CD MIX 1 & Ibiza Sound Full Station

2010.12.08

category : デジタルDJ(コントローラー系)

一個前で書いた記事の、来年以降こんなの出して欲しいっていうのの
いい例があったので、ご紹介。

こちらは、CITRONIC CD-MX1
citronic_cdmx1.jpg
DJ IBIZA FULL STATION
contoleur-mp3-ibiza-sound-full-station-1-1z.jpg

まるで、GEMINIのあれににてますが、
そう!JOGにディスプレイが!
どちらもチープそうですが、このデザインそのままパイ○ニアに作って欲しいです。
真ん中にもう一個ディスプレイつけて、曲の選択ができるようにしたり、
エフェクターつけたり・・・。

一応動画です。
CITRONIC CD-MX1

DJ IBIZA FULL STATION


ブログパーツ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

comment(0)  trackback(0)

プロフィール

DJ DRAGON

DJ DRAGONの気になる機材へようこそ!


    メーカーやSHOPのように、商品べた褒めではなく、感じたことを感じたままにお伝えします。
  • RSSに登録
人気ページランキング
DJ DRAGONへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

記事のリクエスト等お気軽に。
FC2カウンター

Copyright ©DJ DRAGONの気になる機材. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

アクセスランキング テスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。