DJ DRAGONの気になる機材

機材が大好きなDJ DRAGONが気になる機材を紹介していきます。

気になる記事検索
WEB全体の検索(ページの下部に表示)
この記事内のキーワード検索は上部のFC2バーより
最新記事
カテゴリ一覧
DJ教則動画
Youtube動画リスト

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

【iPhone】NanoStudioとPadKontrol KPC1の組み合わせがGOOD!

2011.08.24

category : iPhone・iPad

最近、iPodとPadKontrolでMPCみたいな
環境を作ろうとしています。
DIMG_1560.jpg
完成系はこんな感じの予定ですが、
使っているiPhoneが古く、USBのアクセサリが接続ができない状況。
なので、現状はこの環境で構築中。

iPhoneがUSBカメラコネクションキット?に対応していないことが発覚!
結局、MIDIMIDImobilizerを買うしかないのか?
DIMG_1553.jpg

接続に使っているのがこちら。
DIMG_1554.jpg

DIMG_1555.jpg
USBでPadKontrolを接続。
AVアウトからLINEで出力という接続にしています。

愛用しているのは、KORGのPadKontrol KPC-1です。
こいつは、Padの数がBESTの4×4の16個。
さらに感度もよく、アーティストの愛用者も多いです。

それだけでなく、このKPC1のポイントは
ハード側で出力する信号を簡単に変更できる点です。
DIMG_1562.jpg
こんな感じで、出力する信号のノートナンバーを
簡単に変更できるんです。
これによって、このPadはバスドラにしようって時に、
Padを叩きながらノートナンバーを変更していけば
そのうちバスドラが見つかるってことです。

DIMG_1564.jpg
さらには、コントロールチェンジ(CC)もアサインできます。

DIMG_1563.jpg
このスイッチタイプのボタンがかなり便利!
普通はボタンを押すと音が鳴り、離すと消えます。
このモードを変えると、
ボタンを一度押すと、もう一度押すまでボタンを押し続けている状態になります。

このような設定を16個のシーンで登録できますので、かなり便利。
DIMG_1556.jpg
このシーンボタンを押しながら各PADを押すことで
16個のシーンが呼び出しできます。
こんな感じでシールを貼っておくと便利です。


Padkontorlの凄い動画




で、DJ DRAGONが今使っているアプリがこちらのNanoStudio
nano.jpgNanoStudio ¥1300
NanoStudio - Blip Interactive Ltd


このアプリはNanoStudioのサイトより、WIN用と、Mac用は
無料でダウンロードできます。
アプリのものとまったく同じなので、ためしに使ってみてください。


正直なところBeatMaker2が第一候補だったんですが、
CoreMIDIがうまく機能してくれないので、
今後のバージョンアップで機能してくれれば乗り換えるかもしれません・・・
beatmaker2.jpgBeatMaker 2 ¥1,700
BeatMaker 2 - INTUA




NanoStudioの場合
CoreMIDI未接続の状態。
IMG_0151.jpg
これに、USBで接続すると
IMG_0155.jpg
CoreMIDIがうまく認識されて、KPC1で
サンプラーが鳴らせます。



NanoStudioの簡単な紹介です。
IMG_0138.jpg
まず、ドラムサンプラーのTRGですが、

IMG_0152.jpg
この画面でSETの読み込みが出きます。
808.trgとなっているのがセットのデータです。

当然考えるのが、外部から自分の好きなサンプルを入れれるのか
ということでしょうが、まったく問題ありません。
日本語は文字化けしてしまいましたが、
iFUNBOX等を使用して、フォルダごと指定のフォルダにコピペでOKです。
var/mobile/Applications/D5F5A63E-445B-48BB-A948-3A067F4F7ED0/Documents/User
となってましたが、この中にTRG BANKなどがあったので、
そこに放り込めばOKでした。

こちらは、PAD一つ一つのエディット画面。
この画面で、PADごとにWAVファイルをアサインできます。
(MP3ファイルは無理でした。)
IMG_0153.jpg
やっている内で一つ問題になったのが、
ボタンを一度押すとずっとLOOP再生したかったんですが、
NanoStudioの設定のLOOPはボタンを押している間だけのLOOPでした。
これは、BeatMaker2も同じような仕様でした。
これを解決するのが、先ほど紹介した、PadKontorolのこの機能
DIMG_1563.jpg
Padkontrol側で一度押すと、もう一度押すまでPadを押し続けている状態
に設定しておけば、解決です。



NanoStudioのその他の画面の紹介。
IMG_0148.jpg
実は15個のトラックがあって、
初期状態ではトラック5まで使用可能。
TRGとEDENというシンセサイザーが切り替えできます。
6以降はストアで追加購入しないといけなそうです。
あと、クオンタイズやメトロノームの設定ができます。
正直メトロノームの音がかなり電子音で好きじゃないです。
BeatMaker2のメトロノームみたいなクリック音が好きです。

IMG_0149.jpg
こちらがSONGエディタ画面。
わかりやすくて使いやすいです。

IMG_0150.jpg
SONGの保存や読み込みなどや、
各種設定がこちらでできます。



シンセサイザーEDENの各画面。
結構使えるキーボードサンプラーですが、
長くなるので、簡単に説明。
IMG_0139.jpg
BANK A-Cで、A-Bにプリセットがいろいろ入っています。
当然エディットもOK。Cなどに好きな音源だけコピーもOK

IMG_0140.jpg
XY PAD フィルター等かけれます。

IMG_0141.jpg
2段に。

IMG_0142.jpg
OSC
ここで、波形を作ったり、SAMPLEにして、好きな音源を
読み込んだりできます。これもiFUNBOX等で入れた音源を
読み込むことができます。

IMG_0143.jpg
フィルターとか

IMG_0144.jpg
AMP部分

IMG_0145.jpg
LFO

IMG_0146.jpg
まとめ的な

IMG_0147.jpg
エフェクター

もうおなかいっぱいってくらいいろいろ付いています。


PadKontrolとiPadの接続に使ったのがこれ


PadKontrolがこちら
iPadからの電源供給ができなかったので、電源が必要。
KORG コルグ KA181 ACアダプター

KORG コルグ KA181 ACアダプター
価格:1,680円(税込、送料別)



ブログパーツ
スポンサーサイト

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

comment(3)  trackback(0)

蓄光アサラトを作ってみた。

2011.08.19

category : アサラト

最近またアサラトを触りだしたDJ DRAGONですが、
クラブ等でアサラトを光らせたいと、ふと思い
蓄光アサラトを作ってみました。

使ったのは、こちらの蓄光塗料
【アサヒペン】 夜光塗料4ML赤

【アサヒペン】 夜光塗料4ML赤
価格:580円(税込、送料別)

【アサヒペン】 夜光塗料4ML若草色

【アサヒペン】 夜光塗料4ML若草色
価格:580円(税込、送料別)



なんとなく、赤と青みたいな感じにしたかったので、
2色買ってみました。←これが間違いでした・・・

塗装をしていたので、除光液で塗装をはがして、
この夜光塗料を塗ってみました。
IMG_1545.jpg
乾かし中。青すぎる・・・。
もう少し透明な感じに仕上がると思っていたので、かなりへこみました。

でも、乾かし終わって、実験。
明るいところ
IMG_1548.jpg
暗いところ
IMG_1547.jpg
一応暗くすると色が2色みたいになるようです。
が・・・、あまりにも青いので、塗りなおすことに。

IMG_1552.jpg
仕上がりがこちら。なかなか自然な感じですね。
両方赤で塗ってみました。
夜光塗料を塗ってよーく乾かしてからトップコートを塗っています。

ついでに、ホームセンターの近くにあった登山ショップで、
5mmのザイルをGETして、ひもも変えてみました。
(調べたら、長さは35cmがいいらしい)

こんな感じになると思います。




5色あるみたいなので、お好きな色で。
4つ塗ってちょっとあまるくらいで、ちょうどいい量です。

【アサヒペン】 夜光塗料4ML赤

【アサヒペン】 夜光塗料4ML赤
価格:580円(税込、送料別)

【アサヒペン】 夜光塗料4ML若草色

【アサヒペン】 夜光塗料4ML若草色
価格:580円(税込、送料別)

【アサヒペン】 夜光塗料4ML黄色

【アサヒペン】 夜光塗料4ML黄色
価格:580円(税込、送料別)



【アサヒペン】 夜光塗料4MLだいだい色

【アサヒペン】 夜光塗料4MLだいだい色
価格:580円(税込、送料別)

【アサヒペン】 夜光塗料4ML水色

【アサヒペン】 夜光塗料4ML水色
価格:580円(税込、送料別)



ザイルは、色は選べないみたいです。
近くの登山ショップを探してみるのがいいかもしれません。


ブログパーツ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

comment(0)  trackback(0)

DJ用ワイヤレスヘッドホン MOTO DW-05

2011.08.18

category : ヘッドホン

DMCが徐々に盛り上がってきたので、
いろんなDJの過去の動画を探して見ていたら
DJ威蔵さんのこんな動画を発見!

何か、おかしいな?と思って、調べてみたら
DJ用のワイヤレスヘッドホンのデモ動画でした!
こんなボディトリックヘッドホンつけながらできないですよね!!

そのヘッドホンがこちらです。
MOTO.jpg

バトル系のDJの練習で夜ヘッドホンで練習しているとき
ボディトリックを少し入れるとケーブルが絡まった経験がありませんか?
もしくは、ケーブルが届かないからあまり動き回れない・・・など。

そんな時、このヘッドホンがあれば、ってことですね。

でも、気になるのは、音質や音の遅れはないのか?や
使い勝手は?という点だと思います。
このヘッドホンのサイトを見て、どんどん気になってきました!



送信機と受信機がこんな感じ。
item_m.jpg

まず、DJ用ということで気になったのが
イヤーパッド部は回るのか?という点でしたが
002_m (1)
こちらのケースに入っている画像を見る限り、
反転して肩にかけて使いやすそうです。

ついでに付属品が上の画像のケースとこちら
001_m (1)

音質についても、Bluetoothと違い、2.4GHz周波数使用とのこと。
それにより、高音質で遅延時間無く送信出来るそうだ。

また、ペアリング機能により、複数同時に使用しても
混信等もなく使用できそうで、クラブでの使用もできそうです。
003_m.jpg

音声到達距離の2段階切り替えが可能
LO:約10m、HI:約30m (※LOの方が消費電力を抑える事が出来ます)
002_m.jpg

ヘッドホン側にボリュームも搭載。
001_m.jpg

それから、送信機側は、USB充電式
約6時間使用可能(USB充電式)
受信のヘッドホン側は電池駆動
約20時間使用可能(単4形アルカリ乾電池2本使用)
004_m.jpg

ケースや、本体のつくりから
オーディオテクニカに似てますが、かなり魅力的な商品だとおもいます。
今のところAZDEN(アツデン)さんのオンラインストア
でしか購入できないようですが、面白いアイテムなので、
DJ系のショップや楽天等で買えるようになるといいですね♪
価格は14,490円(内税)のようです。

ブログパーツ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

comment(0)  trackback(0)

iPADにPadKontrolを繋いでみた

2011.08.12

category : iPadアプリ

DJ DRAGONが今セットアップ中なのが
MPCみたいなセットをiPadかiPhoneで組むってことです。

LIVE8とPadKontorolでいいじゃん!って思うでしょうが
ノートPCはScratchLiveで使用してて、それとは別でMPCみたいな
Padサンプラーが欲しいっていう希望です。

で、とりあえず現状を報告。
KORG コルグ KA181 ACアダプター

KORG コルグ KA181 ACアダプター
価格:1,680円(税込、送料別)



Padの大定番、Padkontrolは持っているので、
最近凄いiPadなんかのサンプラーアプリと連動できればいいじゃん!
ってことで、いろいろやってみました。



お気に入りのiPahoneアプリがこちら
nano.jpgNanoStudio ¥900
NanoStudio - Blip Interactive Ltd
nano1.jpg
これを見たら欲しくなる動画


なんと、NanoStudioはホームページより
Win版と、Mac版が無料でダウンロードができるみたいです。
一度これで試してからiPhone版とか買うといいと思います。



beatmaker2.jpgBeatMaker 2 ¥1,700
BeatMaker 2 - INTUA
beatmaker2_2.jpg
これも凄い動画


iPhoneのサンプラーアプリって最近のは凄いんです。
MPC見たいな事が簡単にできちゃいます。
でも、タッチパネルのPadじゃ何か雰囲気が出ないです・・・。


で、とりあえず、友人が持っていたMIDI Mobilizerをつないで見ました。

そのときは、NanoStudioしか試してませんが、外部MIDIキーボードでサンプラーパッドを鳴らすことができました。
これでOKじゃん!って思っていましたが、
DJミキサーにつなぐとき、これだとヘッドホンアウトからになってしまう・・・。
一度スタジオでiPadのヘッドホンアウトから音を出してみたんですが
音がこもって全然使い物にならなかったので、
せめてLineOut出せるDockが必要になりそうです。


【AppleDockラインアウトケーブル】Fiio L30(1.0m)

【AppleDockラインアウトケーブル】Fiio L30(1.0m)
価格:2,100円(税込、送料別)


こういうのをつけたいところですが、MidiMobilizerを使っていると
これは接続できない・・・。
ALESIS の ioDockを待つか・・・

とりあえず、手持ちのもので実験してみました。




今回使ったのがこれ!

以前、動画を大きいテレビで見たいのと
PCのキーボードを繋げてみようと思って買ってみた物です。

iPadのOS4.2からcoreMIDIに対応しているようで、
USB端子にnanoKEYなどをつなげて使用ができるといううわさがあったので、やってみました。
home.jpg

結果、目的のNanoStudio、BeatMaker2ではうまくいきませんでした。
しかし、GarageBand、FLStudio、MusicStuio等のアプリでは
きちんとPadKontorlでMIDI入力ができました。
きちんとLineOutで出すこともできています。
あと、補足ですが、PadKontorlへの電源供給がうまくいかないようなので、
専用の電源が必要でした。
nanoPADなどをつなぐと電源供給もOKでした。

追記
NanoStudioを最新バージョンにアップすると
使えるようになりました!!詳細はこちらの記事でご紹介。


原因はわかりませんが、NanoStudioのホームページの解説では
MidiMobilzerは正式対応とあり、coreMIDIも使えるみたいに書いてたんですが
MANAGE画面のMIDI項目でこうなってるので、うまく認識できてないのかな?と思います。
nano2.jpg

ということで、ガレージバンドなどでやってしまうか、
ioDockを待つか、何とか使えるようにするか、今後検討しようと思います。




とりあえず、PadKontorlで使えたアプリがこちら。

garage3.jpgGarageBand ¥450
GarageBand - Apple�
garage.jpg



fl.jpgFL Studio Mobile ¥1,300
FL Studio Mobile - Image Line Software
fl.jpgFL Studio Mobile HD ¥1,700
FL Studio Mobile HD - Image Line Software
flpic.jpg



msicon1.jpgMusic Studio ¥1,300
Music Studio - Alexander GrossiPhone、iPad用

msliteicon.jpgMusic Studio Lite 無料
Music Studio Lite - Alexander GrossiPhone、iPad用
ms.jpg

ブログパーツ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

comment(1)  trackback(0)

Ableton Live8でトラックメイク始めませんか?

2011.08.11

category : Ableton Live

最近またトラックメイクなどをやりだそうとしているDJ DRAGONです。
今回は、いつも愛用しているなくてはならにソフトウェアLIVE8 についてです。

とっても簡単というイメージですが、奥の深さも併せ持っているソフトです。
今回は、DJ DRAGONがよく使っている機能だけを間単にご紹介します。


まずは、この2画面があることを覚えといてほしいわけですが、
こちらが縦画面(セッションビュー)
01session_s.jpg
普通のDAWならミキサー画面に当たるのではないかと思いますが
LIVEの場合、独特の機能がかなり詰まっています。
この部分の説明は今度・・・

こちらが横画面(アレンジメントビュー)
02arrangement_s.jpg
これが通常のDAWのメイン画面に近いと思います。
今回はこちらを使ってLIVE8をご紹介します。

まずは、こちらの動画
LIVEintroの紹介動画なので、シンプルでLIVEの基本がわかります。




それでは、DJ DRAGONがいつも使っている機能だけ紹介していきます。
細かい部分はかなり省きますが、それでもLIVE8の凄さが伝わると思います。

まず、画面の左上の部分ですが、
フォルダのマークになっているボタンが3つありますが、
一番上が基本的にLIVEに入っているLOOP素材などが入っているフォルダで、
2番目、3番目はミュージックフォルダなど、好きなフォルダを設定できます。
03ライブラリ
このマークはLIVEに搭載されている音源や、エフェクターが入っています。
04LIVEデバイス
LIVEの凄いところは、これらのフォルダの中の音の試聴も簡単にでき、
アレンジメントビューにドラッグ&ドロップで簡単に貼り付けができるんです。
MIDIクリップも、音源と一緒に貼りつき、とっても簡単です。
さらに!どんな音源も曲のテンポに勝手に合わせてくれちゃいます♪




あと、一番使う機能がこちらの「DRUM RACK」機能!
05DRUMRACK.jpg
パッと見てわかると思いますが、MPCみたいなPADサンプラーです。
16個のPadが7~8個分くらいある、十分すぎるサンプラーです。
これにPadKontrolなんかを接続するとMPCみたいにプレイできます。

あと、このドラムラックを使った面白い機能が
こちらのスライス機能。
06スライス
まず、オーディオ素材をアレンジメントビューに放り込みます。
そして、右クリックすると、下のほうに「新規MIDIトラックへスライス」という項目があります。
(Macだとたぶんコマンド+クリック)

すると、こういうスライスの設定が出てきます。
07スライス設定
よさそうなものを選んでください。

08スライスDRUMRACK
こんな感じで、ドラムラックにスライスされます。

09MIDIクリップ
同時にこういうMIDIクリップも作成されます。
少し長めにスライスして、このクリップの入れ替えをすると
ビートの組み換えが簡単にできちゃうんですね。

この動画の4:12くらいからスライス機能の紹介。

その他の動画は以前のブログでご紹介しています。



あとは、ドラムラックの代わりみたいなサンプラーです。
LiveのIntroなどでは、DrumRackの編集ができないので、
こちらの「Impulse」をメインで使うことになりますS。
10Impulse.jpg
Pad8つのサンプラーです。
画像のSWAP機能を押すと左上によさそうな音が出てきますので、
簡単にドラムセットを作ることができます。

そして、結構便利なのがこちらの「Simpler」
シンプルな単音サンプラーです。
11SIMPLER.jpg
自分の好きな音を放り込んで、それに音階をつけて打ち込みができます。
ペットの声なんかを録音して、ペットが歌ってるみたいになんてことも簡単です。

あらかじめ入っている単音の音源を捜すなら「InstrumentRack」
WS000000_20110818015359.jpg
Suite8ならこの部分の音源がかなりの容量入っています。
一応、インストール容量は
SUITE8が48GB、LIVE8が約20GB、LiveIntroが8GB必要。



単音のサンプラーがあってもメロディの入力なんてできない!
って人のためのMIDIエフェクターが結構便利です。
12Chord_arp.jpg
左側が、CHORDのエフェクター
単音のキーを引くとその音を元にコードみたいに鳴らしてくれます。
右側はアルペジエイターで、勝手にメロディを弾いてくれます。

13rand_Scale.jpg
こちらの左側はランダム。
キーボードを押すたびに勝手にランダムに演奏します。
右側はスケール。
ギターなどだと、スケールを覚えて、そのポジションを弾けば
ソロパートが演奏できるようになりますが、
このMIDIエフェクトはそのスケール以外の音が発音されないようになります。

これらのMIDIエフェクトをSimplerの前において
うまいこと組み合わせればキーボードがまったく弾けなくても
以外にメロディの打ち込みができます。



最後にちょっと便利なLIVE8の機能をご紹介。
KEY_MIDI.jpg
画面右上のこの部分ですが
左側のキーボードみたいなボタンを押すと
PCのキーボードのAからド・レ・ミとキーボードの入力ができるんです。
Z/Xでオクターブの変更もできちゃいます。

それから、その隣のKEYとMIDIのボタン。
KEYMAP.jpg
KEYを押すとPCのキーボードにアサインできる部分が赤くなります。

MIDIMAP.jpg
MIDIを押すと外部MIDIコントローラー等へアサインできる部分が青くなります。

これらの色の変わった部分をクリックして、アサインしたいキーボードのボタンや
MIDIコンのボタンなどをいじるだけで簡単にアサインができちゃいますS。

これ、普通のDAWならかなりめんどくさい設定なんですけどLIVE8なら簡単♪




いつも使っている機能だけの簡単な紹介でしたが、
LIVE8の良さは伝わったんでしょうか?

こちらから、Live8のデモバージョンがダウンロードできますので
気になった方は、ちょっと試してみてはいかがでしょう?

また、LIVEの3つのラインナップの比較表はこちらをご覧ください。










学生割引バージョン


ブログパーツ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

comment(0)  trackback(0)

SERATO ITCH2.0正式リリース

2011.08.03

category : デジタルDJ(コントローラー系)

big-itch-2.jpg

seratoのITCH2.0が正式リリースされました!!
ITCH2.0のポイントの動画がこちら


主な変更点です。
●4つのデッキのサポート
●ナイト&デイモード。
●複数の表示モード
●アルバムアートビュー。
●正確なグリッドのセラートSmartSyncエンジン。
●SP - 6サンプルプレイヤー(サンプル同期を含む)
●必要に応じ外付けドライブへクレート&トラックをコピーできます。
●オートフィル:音楽ライブラリからキーワードを使用してスマートなクレート作成
●またはオンラインでトラックリストを共有する。




まずはディスプレイの変更点から。

●ナイト&デイモード
12841_product_page_popup.jpeg
↑ナイトモード
12845_product_page_popup.jpeg
↑デイモード


●複数の表示モード
上部の表示モードは以下の4つから選択できます。
dr000008_20110803205141.jpg

dr000007_20110803205141.jpg

dr000006_20110803205140.jpg

dr000005_20110803205140.jpg

●アルバムアートビュー。
プレイリスト部分の表示は以下の4つから選択できます。
dr000001_20110803205409.jpg

dr000002_20110803205409.jpg

dr000003_20110803205409.jpg

dr000004_20110803205409.jpg



●正確なグリッドのセラートSmartSyncエンジン。
dr000010.jpg
シンク機能がさらに進化したことで、HOUSE系のDJにもおススメなソフトウェアに進化!
上の画面はコントローラーをつないでいない状態で、拍の位置が調整できるというもの。
BPMの設定と拍位置の調整が出来ればシンク機能はバッチリなはず!

dr000011.jpg
この画像がビートをシンクした状態。
冒頭の動画でも分かるようにきっちり同期しています。



●SP - 6サンプルプレイヤー(サンプル同期を含む)
dr000012.jpg
ITCH2.0の一番のポイントがやっぱりこのサンプラーでしょう!
さらに、サンプラーまでシンク機能がついている!!!




ITCH2.0対応のコントローラー(発売順)

VCI-300MK2
12849_product_page_small.jpg
元祖ITCH専用コントローラー!
モバイル製に一番優れています。

ITCH2.0使用動画



NS-7
12905_product_page_small.jpg
7インチのプラッターが回る。
一番アナログ感覚に近いコントローラーです。
DJ DRAGONもひそかに注目しているコントローラーです。
ただ、少し重い・・・。




DDJ-S1
12917_product_page_small.jpg
ITCH用コントローラーの大本命。
PIONEERが手がけたことで、ハードウェアの使いやすさは抜群です。


DDJ-S1はITCH2.0になったことで、HOTCUEとフェーダースタートの組み合わせができるようになりました。


NS-6
12901_product_page_small.jpg
今、注目されているNS-6。
4トラックのデッキコントロールができ、
4チャンネルのリアルミキサーとしても使用できます。
DDJ-S1と同じようにJOGイルミネーションが回ることも特徴でしょう。



TWITCH
12897_product_page_small.jpg
まだ発売していないため、未知の領域の商品ですが
今回のITCH2.0へは一番相性がよいかもしれません。















ブログパーツ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

comment(2)  trackback(0)

PIONEER DJM-T1が発売しました!

2011.08.03

category : デジタルDJ(コントローラー系)

パイオニアの話題の新商品が気づいたら発売していました!!
この商品。一度触ってみましたが、かなり好感触でした!!
01-ja.jpg

まず、DJ DRAGON的にはミキサーとしての基本性能にひかれました♪
ミキサーとしては、かなりの人気商品だったけれども短期間で廃盤になってしまった
DJM-909の下位機種DJM-707に近いものを感じます。

それが当時¥79,800でした。
それに、TRAKTOR SCRATCH DUO2が¥39,800
それに、TRAKTOR KONTROL X1相当のコントローラーが¥24,800
これらを単純に合計すると、¥144,400 ですが、
これらをそろえてセットアップするとなると結構めんどくさい・・・。
しかも、ミキサーに一体化することで操作性が抜群になります。

というのがこのDJM-T1の特徴です。

まずは、こちらの動画をご覧ください。
超かっこいいDEMO動画です。




まず、ミキサー機能ですが
djmt1_img02_20110803144153.jpg
頑丈で重さの調整やカットラグの調整が出来るクロスフェーダーが搭載。
dr000008.jpg

その、クロスフェーダーの調整動画


zoom_djmt1f_20110803144742.jpg
zoom_djmt1r_20110803144742.jpg



次に、このミキサーの特徴的な部分
TRAKTOR SCRATCH DUO2について。
djmt1_img01_20110803144939.jpg
この画像のように、TRAKTOR SCRAATCH DUO2のソフトウェアと
コントロールバイナル+CDが付属されています。(当然USBケーブルも)
dr000007.jpg
当然TRAKTOR SCRATCH PRO2でも使えます。

djmt1_img03_20110803144938.jpg
接続もこんな感じでシンプルで簡単です。

djmt1_img04.jpg
ミキサーとPC間の接続はDJM-T1に付属のエディターでアサインができます。
TRAKTOR側の設定とこのエディターで上手いこと設定すればOKです。



最後にTRAKTORのコントローラー機能について。
dr000003_20110803192848.jpg
こちらのミキサー上部で曲の選択などが行えるようになっています。

dr000005.jpg
このつまみはループ機能。

dr000004_20110803192848.jpg
で、トラクターといえばやっぱりエフェクター。
トラクター側の配置と同じようになっているので、直感的に操作できます。
もちろん。TRAKTOR PROでも問題なく使用可能。
(PROの場合、エフェクターの数が30種以上になるため
TRAKTORの設定画面で、使わないエフェクターを表示しないようにしたり、
お気に入りエフェクトに良く使うのを設定したりすると使いやすくなります。

TRAKTOR DUOに入っているエフェクターの音紹介動画


dr000002_20110803192848.jpg
冒頭の動画で、この部分を使い倒していたんですが、
HOTCUEとサンプラーの2つの機能を切り替えで使い分けることが出来ます。

HOTCUEはボタンを押すと設定したポイントにジャンプするわけですが
TRAKTOR 2の特徴でもあるサンプラーを使ったプレイが面白そうです。
冒頭の動画ではこの2つを上手いこと切り替えてプレイしていますね。



以上。
DVSの導入とミキサーの買い替えを検討している方や
クラブでトラクターでのプレイを考えている方など。
かなり面白いミキサーではないでしょうか?










ブログパーツ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

comment(0)  trackback(0)

DMC2011西日本予選

2011.08.03

category : DMC2011

PCの故障から復帰しましたが
いろいろ入れすぎて調子が悪く、そこからの復旧と
もしものためのバックアップ体制を整えているうちに
DMCや新商品など、面白いことが増えてきたので
とりあえず、必要最低限のものからアップしていきます。


DMCの西日本予選が終了したようなので
恒例の結果をDJ DRAGON的にまとめました。
WEST.jpg

今回九州予選がなくなり西日本予選に34名の応募!
その中から西日本予選へ出場できるDJが16名!
この中から西日本予選の決勝へ進んだのが、黄色文字の8名!

dj nozawa
TOBACCO
DJ A's 3PT
MISHIMA 14PT
ono hisashi
IGARASHI
DJ TOSHI
FUMMY 20PT
ロベルト吉野 5PT
DJ NAO-K 9PT
DJ城家 20PT
PANDRUM
DJ DOM-AUTO 18PT
DJ S2
dj besshon
DJ Bahn 11PT


予選ではFUMMY と DJ 城家が20ptで同率一位!



で、決勝後の結果発表の前に、九州を代表するDJ 「「Olive oil」による
PIONEERのDDJ-T1を使ったDJプレイ
(Youtubeで動画を検索してみました。)



結果発表!!

同率5位が2名!

DJ Bahn!!
BAHN.jpg


髪切った?
ヨーロッパ系のジャグリングをうまく取り入れていて
日本のオリジナリティを融合すれば面白いです。

DJ NAO-K!!
NAOK.jpg






3位も同率で2名!!!


DJ DOM-AUTO!!!
DOMAUTO.jpg




ロベルト吉野
ロベルト


今年はどんなことをやらかしたんでしょうか?



そして、JAPAN FINALへ進出する2名が
DJ FUMMY と DJ 城家 !!!
この2人は実力間違いナシですね。





2位は

DJ FUMMY----!!!!!!!!
FUMMY.jpg




この動画を見たときにすごい!と思いました。





優勝は!!!!!!!!


DJ 城家!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
JOYEAR.jpg

動画がなかった・・・。

レベルは年々上がってきてますが、Technicsの撤退や
メディアのデータ化、Youtube動画によるDVDの販売不調
などによる移行期に入っており、運営のやり方を大きく変えていく
時期にあると思います。

こういうときだからこそ新たな波を起こさないといけないですよね!
現場とWebの新次元での融合とか・・・。



とにかく、今年のDMCでは、ScratchLiveの使用がOKみたいなので
自作の曲や、レコードにない曲など、新しい風が吹きそうでね。
ブログパーツ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

comment(0)  trackback(0)

プロフィール

DJ DRAGON

DJ DRAGONの気になる機材へようこそ!


    メーカーやSHOPのように、商品べた褒めではなく、感じたことを感じたままにお伝えします。
  • RSSに登録
人気ページランキング
DJ DRAGONへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

記事のリクエスト等お気軽に。
FC2カウンター

Copyright ©DJ DRAGONの気になる機材. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

アクセスランキング テスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。