DJ DRAGONの気になる機材

機材が大好きなDJ DRAGONが気になる機材を紹介していきます。

気になる記事検索
WEB全体の検索(ページの下部に表示)
この記事内のキーワード検索は上部のFC2バーより
最新記事
カテゴリ一覧
DJ教則動画
Youtube動画リスト

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

ScratchLiveと相性の良いカートリッジを検証

2012.05.14

category : SERATO関連

ScratchLiveを使っているけれども、
結局どのカートリッジが相性が良いのだろうか?
という疑問を解決したく、いろんなカートリッジで
ScratchLiveのセットアップ画面にある
スコープ波形をチェックしてみました。
8313_article_popup.jpg

このSCOPE波形がマルに近い形で大きいものが
ScratchLiveと相性が良いということで良いのか分かりませんが
コレが一番分かりやすいのではないかと思い、
人気の高いカートリッジで試してみました。
環境によってや、個体差で左右されることもあるので、
あまり鵜呑みにしないようにしてください。

環境的には、ターンテーブルはSTANTONのST.150
Phone出力で、直接SL-3に接続しています。
バイナルはもちろん新品。



SHURE
では、SHUREから。
M44-7
バトルDJご用達!M44-7SHURE/カートリッジ/M44-7

バトルDJご用達!M44-7SHURE/カートリッジ/M44-7
価格:4,780円(税込、送料別)

3M447_2.jpg

低価格ながら、以前はScratchLiveの推奨カートリッジに指定されていたこともあり、相性GOOD!
コストパフォーマンスを考えるとScratchLive用としてかなりGOODです。

M44-G
10M44G_2.jpg

ためしに、M44-Gも試してみましたが、コレはあえて選ぶべきではなさそうです。
SHUREでいくならM44-7でしょう!!



ortofon
Seratoで使ったとき不具合の起こる率が高いのでも有名ですが、やはり大本命はオルトフォンでしょうか?
アームとの付け根の部分の接触不良が多いようなので、不具合が出たら一度はずしてきれいに拭いてみよう!
Serato専用のS-120やDVS用のDIGITRACKもありますが、どれが良いのだろうか!

PRO-S
11PROS_2.jpg

まずは、オルトフォンの中で一番安いカートリッジ。
そんなに期待してはいませんでしたが、SHUREのM44-Gにそっくりですね。


SCRATCH
7SCRATCH2_2_2.jpg

オルトフォンの中でユーザーが一番多いのではないかというのがコレ!
かなり良い波形なのではないでしょうか?
M44-7よりも小さいですが、きれいな形です。


Q-BERT
6Q_2.jpg

スクラッチ用つながりで次はQ-BERTモデル。
出力がSCRATCHより大きいので、波形も大きくなりました。
バランスはSCRATCHとかなり似ています。

DJ-S
8DJS_2.jpg

次はコレ。DJ S
PRO SとQ-Bertモデルの中間くらいの波形のサイズです。

ここからは、ortofonのDVS専用カートリッジ!
S-120
4S1202_2_2.jpg

Q-BERTモデルとかなり似た形になりました。
ScratchLive用ながら、不具合が多いといわれていましたが、結果は良い感じです。
Twinパックで、2本あったので、もう片方も試してみました
4S1201_2_2.jpg


こっちの波形のほうが少し大きいですが、形は1個目のほうが良かったです。
あと、このカートリッジ針圧4gで試しましたが、10gくらいまであげれるので
針飛びなどには強いかもしれません。

DIGITRACK
5DIGI2_2_2.jpg

こちらも2個やってみました。
5DIGI1_2_2.jpg

DVS用で、S-120よりも、ScratchLiveとの相性も良いという人もいるDIGITRACKですが
波形のサイズは中くらいでした。形はよさそうです。



BANANA
12BANANA_2.jpg

NAGAOKA製のコンコルドカートリッジBANANA。
波形のサイズは最小クラス。



STANTON
680.V3
9_680V3_2_2.jpg

音質に定評のある680.V3ですが、それほど良い感じでは無かったです。

GrooveMaster.V3
1GM3_2_2.jpg

本当はTrackMaster.V3をチェックしたかったんですが、こっちのみあったので、
STANTONは出力デカイですから、少し期待してはいたんですが、
なかなか良い結果でした。GrooveMasterは楕円針ですので、スクラッチなどは無理ですので
やはりTrackMaster.V3のチェックをやってみたいです。




Numark
CS-1
2CS1_2.jpg

マイナーなので、期待してませんでしたが、以外に波形がでかくてビックリ!
コストパフォーマンスもかなりGOODですね!
NumarkさんのWebサイトを見ると、2011年9月にプライスダウンしてました。¥6,300
マイナーなので、楽天出店のSHOPの売価がどこも高いままですが、
結構相性も良さそうで、コストパフォーマンスも良いようです。



DJ DRAGON的にランキングをつけると

1,STANTON GrooveMaster.v3(※注-楕円針)
2,Numark CS-1
3,ortofon S-120
4,ortofon DIGITRACK
5,SHURE M44-7
6,ortofon Q-Bert
7,ortofon Scratch
8,ortofon DJ S
9,STANTON 680.V3
10,SHURE M44-G
11,ortofon PRO S
12,TONAR BANANA

LIST_ALL2.jpg

こんな感じでしょうか?
かなり意外ですよね!
M44-7の位置が難しいんですが、ここかな?

番外編ですが、
ortofon DIGITRACKに、Scratchの針をつけてみたんですが、
DIGI_SCRATCH.jpg

これが、以外に良い結果でした。
ホントにたまたまかもしれません・・・
鵜呑みにしないでくださいね。
他のカートリッジと針の組み合わせも面白いかもです。

DJ TechToolsさんのサイトでも以前同じような特集をやっていましたので、そちらも参考にしてみてください。
今回の結果と少し違うものもあるようなので、個体差もあるのかもしれません。
やはり、STANTONのTrackMasterよさそうなので、試してみたいですね。

<追記>
STANTON TrackMasterがチェックできたので、アップ!!

TMV3_1.jpg
結構期待して針を置いてみましたが、期待していたほどではなかった・・・
OrtofonのScratchとQ-Bertの中間でしょうか?
それでも価格で比較するとかなり良いカートリッジなのは間違いないです。
2本チェックしましたが、波形はほぼ同じでした。

最終のまとめ画像。
LIST_ALL3.jpg
1,STANTON GrooveMaster.v3(※注-楕円針)
2,Numark CS-1
3,ortofon S-120
4,ortofon DIGITRACK
5,SHURE M44-7
6,ortofon Q-Bert
7,STANTON TrackMaster.v3
8,ortofon Scratch
9,ortofon DJ S
10,STANTON 680.V3
11,SHURE M44-G
12,ortofon PRO S
13,TONAR BANANA

こんな感じでしょうか?
円錐針だとNumarkのCS-1が一番良かったと言う面白い結果。
他にも試して欲しいカートリッジ等ありましたら
コメント欄に記入お願いします♪

ブログパーツ
スポンサーサイト

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

comment(2)  trackback(0)

KORG MINI-KAOSSPAD2でモバイルDJセット構築

2012.05.07

category : エフェクター/サンプラー

IMG_0381_20120507125044.jpg
前回KAOSSILATOR2の紹介をしましたが、
今回はMINI-KAOSSPAD2のご紹介をいたします。

カオスパッドといえばエフェクターですが、
今回のミニカオスパッド2はエフェクターだけではない!
IMG_0382_20120507125044.jpg
SDカードに入っている曲を再生できる
「MP3プレイヤー」機能を搭載!!
もちろんMP3だけでなく、WAVも再生できるようです。

とりあえず、内臓曲が入っているので、チェックできます。
IMG_0472.jpg
BPMも表示されて、うれしいですね!


このMP3プレイヤー機能がすごいんです!!
IMG_0474.jpg
なんと!ターンテーブルなどについているピッチコントローラーを搭載!
±30となんと贅沢な!!
(音程そのままでテンポを変えるKEYLOCKはさすがについてませんでした。)

IMG_0475.jpg
さらに驚いたのがコレ!!
CDJ等についているCUEがついている!!
コレならDJセットにもう一台のプレイヤーとして追加できそうですね!!

でも、コレだけじゃない・・・
IMG_0476.jpg
なんと!!クロスフェーダーまでついている!!!

IMG_0479.jpg
外部入力の音と、カオスパッドの音をミックスできるので、

MINIKP2_2.jpg
こんな感じで接続すれば、ミニカオスパッド2を2台で
DJプレイが出来ちゃうわけですね!!
ミニカオスパッド2は電池でも動く上に、スピーカーもついてるので、
完全にモバイルDJとしてプレイできちゃうわけです!!
ミニカオスパッド2は2台買い必須ですね!!



コレで十分楽しめる訳ですが、
このセッティングだとヘッドホンモニターが出来ない・・・
となると、やっぱりDJミキサーが欲しくなってきます。
ちょうどよさそうなのがコレ!

POKKETMIXER-BLACK (1)
電池不要で使用できるDJミキサー「POKKETMIXER」
ちょうどMINI-KAOSSPAD2とつなぐケーブルも付属されてますね!

Anleitung.jpg
接続の例

Widerstandseinstellung.jpg
IOはこんな感じ


寸法を元にセットアップしてみたのがこちら!
kp2set.jpg
良い感じじゃないですか??
サイズ的には、128(縦)×230(横)×28(高さ)mm
くらいになると思います。
プレイヤー2台と、ミキサーの組み合わせではかなりコンパクトなのではないでしょうか?
コレならヘッドホンモニターも出来るので、
満足いくDJプレイが出来そうですね。
しかもエフェクターは盛りだくさん!

POKKETMIXER動画



これもちょっと気になりますね。



これに、
xam4_all3.jpg
このスピーカーを加えれば、モバイルながら
満足いく音が出せるのではないでしょうか?

kp2set2.jpg
kp2setRD2.jpg

X-MINI動画




もちろんエフェクターとしてもGOODなアイテムですよ!
IMG_0477.jpg
ダイレクト/センド・リターンの切り替えも出来ます。

でも、DJ DRAGON的に気になったのはMP3プレイヤー機能!!
ミニカオスパッド2のみでDJプレイ面白そうですね!
ちなみに使用できるSDカードは
microSD カード(512MB~2GB)、microSDHCカード(~16GB)
対応するSDカードの一覧はこちら
(購入時はSDカードは付属してません。)









Xm-i 新型カプセルスピーカー X-miniII

Xm-i 新型カプセルスピーカー X-miniII
価格:2,980円(税込、送料別)

ポータブルスピーカーX-mini 2 Capsule Speaker

ポータブルスピーカーX-mini 2 Capsule Speaker
価格:3,675円(税込、送料別)




ブログパーツ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

comment(0)  trackback(0)

プロフィール

DJ DRAGON

DJ DRAGONの気になる機材へようこそ!


    メーカーやSHOPのように、商品べた褒めではなく、感じたことを感じたままにお伝えします。
  • RSSに登録
人気ページランキング
DJ DRAGONへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

記事のリクエスト等お気軽に。
FC2カウンター

Copyright ©DJ DRAGONの気になる機材. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

アクセスランキング テスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。