DJ DRAGONの気になる機材

機材が大好きなDJ DRAGONが気になる機材を紹介していきます。

気になる記事検索
WEB全体の検索(ページの下部に表示)
この記事内のキーワード検索は上部のFC2バーより
最新記事
カテゴリ一覧
DJ教則動画
Youtube動画リスト

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

RANE empathに、Innofader PNPを取り付けてみました。

2012.10.28

category : DJミキサー

IMG_2412.jpg
友人が持っているRANEのempathのクロスフェーダーを
Innofader PNPに交換する作業を頼まれてみました。

なんと!
IMG_2413.jpg
フェーダーが折れてしまったんですね!!
empathにはP&G製のフェーダーが使用されているようで、
メーカーに問い合わせしたそうですが、P&G製フェーダーが生産終了していて
交換が不可能だったそうです。

IMG_2416.jpg
そこで、交換用で見つかったのがInnofader PNPだったということです。
Innofader PNPはシャフト部分が通常の倍くらいあるそうなので、折れることもなさそう♪

IMG_2414.jpg
Innofader PNPをempathに取り付けるには、ドリルが必要だそうで、
日ごろからドリルを愛用しているDJ DRAGONに話が回ってきたということです。



IMG_2418.jpg
Innofader PNPの中身はこういう感じ。


取説
IMG_2419.jpg

ケーブルの種類と、取り付け方法が書いています。

IMG_2420.jpg

ケーブルの取り付けが正しいかのチェック

中には取説が入っていましたが、英語で分かりません。
今回は、STOKYOさんに取り付け方法を日本語で準備してもらいました。ありがとうございます♪
(アップして良いか分からないのでしません、empathの人は買うとき言えばもらえると思います。)

IMG_2421.jpg
取説表面の、ケーブルの取り付けをやります。
empathでは、この画像の左側の2本を使います。
両側に白いコネクタがついているものと、真ん中に黒いしるしがついているもの

IMG_2422.jpg
まず、黒いしるしがついているものをここに取り付けます。
コレは、刺さる方向が決まっているので、間違うことはなさそうです。

IMG_2423.jpg
次に、もう一本のケーブルに取り付けます。
この部分は、上下どちらにも刺さるため、間違う可能性が出てきます。
(まぁ、色で分かりそうなものですが)



IMG_2415.jpg
ミキサー側を準備♪
作業中は、基本的に電源は繋がない状態で行ってください!
もともとついていたクロスフェーダーははずしました。

IMG_2424.jpg
もともとついていたクロスフェーダーが刺さっていた端子に刺します。

IMG_2425.jpg
無理やり押し込んだりして壊さないように♪

ここで、ミキサーの電源を入れてください。
IMG_2426.jpg
ミキサーの電源をONにしてみると、青く光りました!
このつなぎ目が正しい方向か、逆になっているかがチェックできます。

試しに、逆に繋いで見ると
IMG_2428.jpg
赤く光りました!
この場合、接続が逆なので取り付けしなおします。

IMG_2429.jpg
初期状態では、この黒いのがTESTモードに刺さっています。

IMG_2430.jpg
コレを、RUNに取り付けしなおします。
これで、実際にInnofader PNPが使用できるようになります。



IMG_2431.jpg
では、音を出してみます。
今回は、次の日の朝一に家にとりに来るとのことだったので、
ターンテーブルはFlare Scratchを使用しました。

IMG_2432.jpg
この部分で、フェーダーの重さを調整可能。
初期状態で軽すぎる場合はネジをちょっと締めることで抵抗感が出てきます。
DJ DRAGON的には一番軽いので問題ないかな?と思います。

IMG_2433.jpg
この2つのつまみで、フェーダーのカーブを調整します。
まず、右側のつまみで、音の入り方。(すぐ音が入るか、ゆっくり音が入るか)
もちろん一番シャープになるように、右に回します。
左側のつまみで、どこから音が入るか。
マイナスまで行くので、ほんのちょっとフェーダーを動かしただけで音が入るくらい
キレッキレのクロスフェーダーを設定できます!!

ホント、切れすぎて切られているのに気づかないくらい切れます!!



最大の難関登場!!
ここからは、また電源ケーブルをはずして行ってください。
IMG_2435.jpg
これです!!
empathには、Innofader PNPはそのまま取り付けできないらしい!
ドリルでこの穴を6.5mmまで広げてやる必要があるようです。

まずは、下準備
IMG_2436.jpg
穴を空ける際、鉄クズが変なところに入り込んで故障の原因にならないように
自宅にあったスーパーの袋でカバー。(工事現場を参考に。)

IMG_2437.jpg
この穴を広げていきます。

IMG_2438.jpg
同じサイズのスクリューを突っ込んで、横に広げていく作戦。

IMG_2442.jpg
こうやって、横に力を入れながら、ひたすら削ります。
この間約20分くらいか?嫁から何度も「うるさいー!!」って言われながら
でも、明日の朝一に取りに来るし!とか思いながら・・・

これ以上やると本気で怒られそうだったから、この辺でって思ってつけてみると
IMG_2443.jpg
つきました!!

IMG_2444.jpgIMG_2445.jpg
まぁ、良い感じでしょう。

IMG_2447.jpg
今回犠牲になったモノ達・・・

IMG_2446.jpg
作業完了!!
ちょっと遊んでみましたが、かなり良いフェーダーです!!
作業の後の酒は格別です!!
(最近、STRONG ZEROにはまっている。)

IMG_2448.jpg
ちなみに、ここは効かなくなります。

ちなみに、ミキサーの外で切れ具合を調整したい場合は
47882449.jpg
Innojusterを一緒に買えば良いみたいです。



なんと!
楽天やAmazonでInnofaderがない!!

PA01084975.jpg

↑STOKYO ONLINE STOREへGO!!
Vestax、PIONEER、Numark、STANTON、DENON、BEHRINGER、Allen&Heath、ECLER、RANE、RELOOP、TRAKTOR、PCDJコントローラーなどあらゆるミキサーに対応します!

ちょうど今、オンラインDJバトルもやっているのでチェック!
ブログパーツ
スポンサーサイト

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

comment(0)  trackback(0)

Serato DJ専用、PIONEER DDJ-SXチェック!

2012.10.18

category : デジタルDJ(コントローラー系)

IMG_2371.jpg
Seratoの新しいソフトウェア「Serato DJ」用の
初のコントローラーとして話題の「DDJ-SX」をチェック!
DJ DRAGONのSCRATCHi PHONEとどっちがスクラッチやりやすいか試して見ました!

IMG_2374.jpg
このDDJ-SXで一番驚いたのは、クロスフェーダーの切れ味!!
まずは、JOGだろ!って思ってましたが、フェーダーが一番すごいです!!

IMG_2372.jpg
これが、一番右に持っていったときの状態

IMG_2373.jpg
ここで音が入ります!!
ヤバイですこれ!!これでリアルミキサーとしても使えるんですよね!
SCRATCHi PHONEは惜しくも負けたわけですが、今出てるスクラッチ用ミキサーと
比べてもすごいです!!VestaxのPMC05PRO4の次くらいかも知れません。

IMG_2388.jpg
トップパネルにネジ穴があるのが少し気になりましたが(爪が引っかからないか)
普通よりもネジ穴の場所を外にしているようで、爪があたったりもせず、
問題なくスクラッチできました!!

IMG_2375.jpg
もちろん、フェーダーのカーブコントロールがついています。

IMG_2377.jpgIMG_2378.jpg
しかも、一度設定した後、押すとへこみます。



IMG_2379.jpg
曲の選択も、LOADボタンがすぐ近くにあるので
使いやすく、その下にはTRAKTORライクなFXボタンが。
4トラックだし、TRAKTORをかなり意識してますね。

IMG_2387.jpg
DDJ-SXのもう一つのポイントは、
4トラックのリアルミキサーとしても使用できるという点です。

PIONEERといえば、DJM900NEXUSなど、世界標準といわれる程の
4CHのDJミキサーでは定評のあるブランドです!
そのPIONEER製のミキサーだから悪いわけはありませんが・・・

IMG_2376.jpg
インプットの切り替えが手前にあるのもポイントですが、
ここで、Serato DJの音と、インプットの音と切りかえれます。

20121017-IMG_1702.jpg
さらに、EQやFILTERもリアルミキサー時にはリアルEQとFILTERが搭載されています。(当然ですが・・・)
SeratoDJと繋いだときは、もちろんSeratoDJのEQとFILTER(iZotope製)のコントローラーになります。

IMG_2386.jpg
マスターアウトにはキャノン(XLR)もついていて、プロ仕様!!



ようやくJOGです!!
IMG_1700.jpg
CDJ850ライクなJOGがかなり目を引きます♪♪
サイズは、約13cmくらい。
【参考】
●TRAKTOR S4:8cmくらい
●DDJ-S1:11cmくらい
●CDJ350:11cmくらい
●MIXTRACK PRO:13cmくらい
●TerminalMix:17cmくらい
●CDJ850:20cmくらい

十分なサイズです♪♪

ちなみに、タッチセンサータイプ。
JOGの感度調整ももちろん搭載です。

IMG_2382.jpg
もう一つのポイントはこの「DUAL DECK」機能!
例えば、アカペラと、ビートを1と3で同期させて、スクラッチができます。
これは、いろんなDJが面白い使い方を編み出してくれるのではないでしょうか?

IMG_2380.jpg
来ました!大型PAD!
DJ DRAGONの愛用しているKORGのPadKontrolくらいのサイズでしょうか?
当然叩きやすいですので、DUAL DECK プラス PAD演奏もできそう!!

IMG_2384.jpg
最後になってしまったのですが、Serato DJの目玉の一つ!
エフェクターはiZotope社製の高品位なものになっています!

エフェクターはTRAKTORに大きく差をつけられていたので、
Serato的にはかなり力を入れているのでしょう!!
つまみの配置もTRAKTORライクですけどね。

ニードルサーチ機能や、SLIP機能もあって盛りだくさん!



IMG_2383.jpg
このあたりは現状は分かりませんでしたが、便利そう。

IMG_2385.jpg
サイドには、持つところもついていました。

なかなかよさそうですね!
後は、Seratoの「Serato DJ」待ちというところのようです。



発売後すぐに見たい!!
っていう方はPIONEER製品取り扱い店舗リストから、近くの販売店を探して見に行ってはいかがでしょうか?
実際に発売時に入荷するかは各販売店に問い合わせてみてください♪


ブログパーツ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

comment(3)  trackback(0)

NI MASCHINE MK2 VS MASCHINE

2012.10.18

category : トラックメイク系

MASCHINE - OVERVIEW - NATIVE INSTRUMENTS - PRODUCER
今回は、先日発売になった、今やMPCを抜いたのでは?と噂されるトラックメイカーの定番アイテム
「MASCHINE MK2」を旧MASCHINEと簡単に比較してみました。

MASCHINEのことがいまいちよく理解できていない方は、少し古い記事で、今見ると分かりにくいな~と思っちゃいますがNI MASCHINE / MASCHINE MIKROの簡単講座を参考にしてみてください。



MASCHINE MK2の発売前にリリースされたMASCHINE用のソフトウェア「MASCHINE 1.8.1」
まずは、一番うれしい機能がコレ!!
02_massive_CE_04.jpg
トラックメイクでは定番として使われている「MASSIVE」がダウンロードできる!
しかも、旧MASCHINEユーザーも1.8.1をダウンロードすれば、MASSIVEがGETできるみたい!
MASSIVE欲しさにKOMPLETE買う人もいたと思いますが、MASCHINE買えばついてくるのはポイント高いですね!

あと、カラー表示、タイム・ストレッチとピッチ・シフトなども追加されているようです。


それでは、ハードウェアをチェック!!
IMG_2396.jpg
まず、目を引くのがこのカラー対応のPAD!
COLOR.png
ソフト側で、設定したカラーでPADが光ります。

コレが、使ってみるとかなり便利!!
例えば、HIHAT系をブルー、KICKをピンク、スネアを黄色、タム赤
などと分けておくことで、配置されている音がカラーで認識できます!!

IMG_2391.jpg
グループも同じく、
ドラム系がオレンジ、ベースが青
とか分けておくと、「あの音どこだっけ?」と探さなくても
カラーで一発で選ぶことができるわけです。



もう一つ大きく変わった点としては
IMG_2399.jpg
ディスプレイが見やすくなりました。
単純に良いですね。

IMG_2397.jpg
その他、左側の変更点は・・・
IMG_2392.jpg
この部分ですかね?
つまみが一つにまとまっていますが、
左側のVOLUME/SWING/TEMPO等のボタンをおして、つまみを回すと
3つ分のつまみの働きをします。
さらに、このつまみはプッシュにも対応していますので、
逆に操作子は増えている印象です。旧MASCHINEより使いやすくなっています。

IMG_2408.jpg
あと、実機を触らないと分からない部分ですが、
MASCHINE MK2は、PAD部分以外は、ボタンを押すと「カチッ」っと音がします。
多少抵抗感もある感じです。TRAKTOR F1等と同じ感じです。(わかりますかね?)

旧MASCHINEはコレがなかったので、押せてないとか、間違って押したとかあったそうで
この「カチッ」があることで、作業の効率が上がりそうですね♪



以外に見落としがちなポイント達

IMG_2400.jpg
上がMK2 下が旧MASHINEですが、配置が変わっています。

さらに!
IMG_2401.jpg
USBポートが深くなっています!

IMG_2404.jpg
コレが旧MASCHINE

IMG_2402.jpg
MASCHINE MK2

旧MASCHINEでは、USBポートの接触が悪くなることがたまにあったそうですが、
MASCHINE MK2では、改良している点がすばらしいですね!


IMG_2405.jpg
↑写真で見ても、全く分からないかも知れませんが、
左がMK2、右が旧MASCHINE
ゴムが多少柔らかくなっています!!

あと、MASCHINE MK2は重くなっています。
旧MASCHINE:1.8kg  MASCHINE MK2:2.1kg

何がポイントかというと、ゴムが滑りにくくなって、あえて?重くしたことで、
より安定感が増しています!!

IMG_2406.jpg
あと、実はボディにちょっと高級感が出ています。



オプションが増えたのもうれしいポイント♪
CUSTOM.jpg
カラーカスタムキットが別売りで!

MASCHINE_CUSTOM_KIT_overview_1_02.jpg
DJ DRAGONなら色的には間違いなくSOLID GOLDなんですが、
シックにSTEEL BLUEや、SMOKED GRAPHITEも人気だとか。
でも、DJ DRAGONなので、DRAGON REDも気になるー!
PINK CHAMPAGNEは女性向けでしょう。

STAND.jpg
斜めになるスタンドも別売りで。

MASCHINE_STAND_overview_2_02.jpgMASCHINE_STAND_overview_1_02.jpgMASCHINE_STAND_overview_3_02.jpg
スタンドに立てれるのもポイントになりそうです。



「カチッ」と音がする点とか、気になる方は
NI商品日本国内販売店リストから、近くのお店を探して見に行ってみてはいかがでしょう?
(実際にどの機種が置いているかなどは、各店舗へ聞いてみてください。)


ブログパーツ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

comment(0)  trackback(0)

Vestaxより、SPIN2発表!iOSステレオアウトにも対応!!

2012.10.05

category : iOS機器

NumarkのiDJ PROの発表で話題のiOS「djay」用コントローラーですが、
VestaxよりiOS/Mac両対応の「djay」用コントローラー『Spin2』が
発表になりました!!!
Spin2_RGB_with_iPhone_for_web.jpg
Spinのモデルチェンジかと思いきや、「Spin」の上位モデルらしい。

なんと!ステレオ対応のiPhone(djay)用コントローラー!!
iPhone/iPodTouch/iPad/Mac対応です。
Mac版のdjayがダウンロードできるそうです。
(djay for Macインストールガイドがつくそうです。)







仲良くしているVestaxの方から実機を見せてもらっていましたので、実機レビューをいたします!!

IMG_2135.jpg
Spin2オリジナルのiPhoneスタンドは、12月下旬より購入者全員にプレゼントされるらしい。

角度も自由に変更できました。
HPによると、12月から同梱予定らしい。
それまでに買った人も、12月下旬から順次発送されるそうです。

IMG_2121.jpg
なかなか考えたデザインだなー、と思ったのがこのあたり
iOS用ケーブルが出ている隣の穴に、
さっきのトレイが刺さるようになっています。
さらにこの穴、それだけではなく

IMG_2114.jpg
移動中などは、ケーブルの収納用の穴になる!!
ステキですね♪♪

IMG_2131.jpg
SPIN2の最大の特徴の一つとなりであろう機能がこちら!!
iOSのバージョン6からの新機能
マルチチャンネル出力「Multi-route audio」に対応!!
要するにステレオでのアウトプットのことですが、
コレまではiOSの制限で、2CHのアウトをする場合、どうしてもモノラルでしか
出せなかったのですが、STEREOのモードに切り替えると
ステレオでのアウトプットができるようになるようです!
(この時点では、世界初の新機能ではないか?と思います。)
他の2つのつまみはよく覚えていません。
(STEREOが衝撃的過ぎて・・・。)

IMG_2120.jpg
ついでに、Macに接続するUSB端子、電源と
JOGの感度調整。
Mac接続は、USBバス電源で動きます。

IMG_2117.jpg
ついでにヘッドホン端子



プレイヤー部
IMG_2118.jpg
操作子がかなり増えていますね!

IMG_2127.jpg
再生など、当然SYNC機能もついていますね。

IMG_2125.jpg
旧SPINには無かった、HOTCUEや、LOOPの拍ボタンも搭載!
エフェクターもSHIFTを押しながらでいろいろ使えそうですね。

IMG_2130.jpg
曲の好きな部分にジャンプできるニードルサーチ機能も搭載されていますね!



ミキサー部
IMG_2119.jpg
まず、パッとみてEQがミニスライダーから、つまみになっているのが好印象♪

IMG_2128.jpg
フェーダー周りも当然シンプルで使いやすいですよ!

IMG_2132.jpg
曲のブラウズはVestaxおなじみの使いやすい十字キー。
EQの下にFILTERのつまみがあり、かなり使いやすい!


コレは、iOSの「djay」用のコントローラーの大本命になりそうですね!
現状iOS「djay」用のコントローラーは
●Numark iDJ Live
●Numark iDJ PRO
●Numark MIXDECK QUAD

だと思いますが、いずれも出力はモノラル
iDJ Liveだと物足りない。iDJ PROはiPad用の色が強い!
MIXDECK QUADまではだせないかな~って方。
iPhone用で探している方にはこれ以上の
コントローラーは今のところ無いでしょう!!

価格は3万5千円前後と、SPINより高くなっていますが、
機能などもかなり増えていますので、妥当な価格だとは思います。


10月20日前後発売予定!!
実際触ってみたいって方はお近くの
ベスタクス製品取扱店舗へ行ってみてはいかがでしょうか?
実際においているかは直接お確かめください。


ブログパーツ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

comment(0)  trackback(0)

RELOOP TerminalMix4チェック!何でもいけるDJコントローラー!!

2012.10.02

category : デジタルDJ(コントローラー系)

以前、BeatMixと一緒にお借りした
RELOOPのTerminalMix4ですが
IMG_2256.jpg

BeatMixはすぐにレビューを書いたのに、TerminalMixは
今までレビューを書かなかった。

その原因は、「よく分からなかった」からです。
何がよく分からなかったかというと、

付属のソフトウェアが、VirtualDJ LEと、DJ INTRO。
以前コントローラー仕分けで書いたように、
この2つは初心者向けかな?というソフトウェアです。

ハードウェアはかなりのハイクオリティで、現場でも使えそうなレベルなのに、
ソフトウェアは初心者用?っていうところで、
今まで保留にしていたのですが、すごいことに気づいたんです!!

L_e3fddfd9dd.jpg
TerminalMixは、TRAKTORで使うと良いのではないか?
ということ。(TRAKTORは音質重視の現場DJ向けソフト)

実は、TRAKTOR PRO 2.5は、NIのホームページ
¥7,800で販売されているんです!!

TerminalMix4が、¥69,800で、TRAKTOR PRO2ダウンロードで、合計¥77,600
TerminalMix2が、¥49,800で、TRAKTOR PRO2ダウンロードで、合計¥57,600

TRAKTOR KONTROL S4/S2と比較してもかなりお買い得感のある価格ではないでしょうか?


ダウンロードがちょっと・・・って方は
T_d9eac346e7.jpg
TRAKTOR PRO 2付属のTRAKTOR AUDIO 2DJを買えば良いんです!これは¥10,800!
T_32d80d8982.png
USB端子とアウトプットが2系統と、かなりシンプルで超小型のオーディオインターフェイスです。
大きなコントローラーを持っていけないところでも、
T_3740bb8e53.jpg
こんなつなぎ方や、

T_c504145320.jpg
こんなつなぎ方で、簡易DJシステムが構築できます。
持ってて損はないモノです。

TerminalMix4が、¥69,800で、TRAKTOR AUDIO2DJと合わせて、合計¥80,600
TerminalMix2が、¥49,800で、TRAKTOR AUDIO2DJと合わせて、合計¥60,600
コレでも全然お得ですよね!



ということで、TerminalMix4は、
初心者用のVirtualDJ LEが付属していて、
●HOUSE等の4つ打ち系に人気のTRAKTORで使ってもお得で、
HIPHOP系に強いDJ INTROもついている!(ここだけ現状ちょっと弱いですが。)
と、オールマイティなコントローラーだったんです!!


さあ!それでは、コントローラーの紹介へ参りましょう。
IMG_2226.jpg
見るからに高級感があり、質感重視な感じですね!

IMG_2234.jpg
フェーダーまわりも質感が良かったです。

IMG_2228.jpg
特にクロスフェーダーは、キレッキレで、フェーダーのつまみの
両サイドにはRELOOPのLOGOが入っているというこだわりよう。

IMG_2235.jpg
曲を選ぶのもかなり分かりやすくて、使いやすい!

IMG_2236.jpg
EQ周りも超質感!です。
低価格のもので省かれているGAINもちゃんとついていますし、
EQの下にFILTERがついているのもGOODですね!

IMG_2237.jpg
アウトプットのボリュームが2系統!

IMG_2242.jpg
当然アウトプット端子も2つ分ついています!
現場で重宝しそうですね!

IMG_2238.jpg
ついでにインプット1個

IMG_2241.jpg
電源周りとUSB端子


プレイヤー側
IMG_2230.jpg
HOTCUE、SAMPLER、LOOP等も標準的な配置で使いやすいです。

IMG_2231.jpg
エフェクター周りは、TRAKTORで使うと便利そうな配置ですね!

IMG_2233.jpg
ピッチコントローラーはMIXTRACK PROと比較しましたが
かなりストロークが長く、細かい設定がやりやすそうです。


IMG_2229.jpg
気になったのはJOG!
結構大きめで、質感も良いのですが、
JOGが少し軽い気がしました。回りすぎる・・・
2枚使いとかやる人じゃなければ気にならないかも知れませんし、
回りすぎたほうが良いって人もいるとは思いますが、
DJ DRAGON的には2枚使いでJOGを離したときに立ち上がりがもたついて苦手です。

ちょっと、初期設定の感度が弱く、たまに反応が鈍いことがあったんですが
IMG_2259.jpg
曲選択用のこの部分の、
CRATESと、BACKと、TRAXを押しながら電源を入れると、

IMG_2260.jpg
ここの4の部分が点灯します。
ここでJOGの感度調整ができるようです。

IMG_2262.jpg
この状態が一番感度が良い状態。
DJ DRAGONはこの状態が一番しっくり来ました。

IMG_2261.jpg
一番感度を弱めたこの状態のときは、ほぼスクラッチができませんでしたが
JOGではピッチベンドしかやらないっていう人はこの設定がベストかもしれません。

IMG_2243.jpg
どうですかね?
すぐにレビュー書かないからちょっと記憶が薄れてますが、
TerminalMix4の特徴は伝わったでしょうか?


最後に初心者の方向けのポイントです。

WS000000_20121001234632.jpg
実は、付属のVirtualDJ LEは、このTerminalMix4専用設計で、
かなり分かりやすい画面になっています。

特に、DECKの切り替えが分かりやすかった!
WS0_A.jpg
これが、DECK1を選択した状態。

WS000001_20121001234632.jpg
DECK3を選択した状態。
なかなか考えられたレイアウトだなー!と感じました。

IMG_2263_20121001235119.jpg
さらにスタートアップガイドがついていて

IMG_2264_20121001235119.jpg
DJ INTROのダウンロード方法や

IMG_2265_20121001235119.jpg
DJプレイの基本から

IMG_2266_20121001235119.jpg
エフェクターを使った応用プレイまで、
サポート体制が充実しています!



始めにも書きましたが、TerminalMix4は、
初心者用のVirtualDJ LEが付属していて、
●HOUSE等の4つ打ち系に人気のTRAKTORで使ってもお得で、
HIPHOP系に強いDJ INTROもついている!(ここだけ現状ちょっと弱いですが。)
と、オールマイティなコントローラーだったんです!!


product_tmix2_02.png
で、TerminalMix2は何が違うのか?
●ミキサー部分が2CH分のみになっている。
●付属ソフトはDJ INTROのみ
という感じです。

しかし、
product_tmix2_04.png
DECKは4台分切り替えができるようになっています!!
コレなんか、付属のDJ INTROには2DECKしかないから、
まさにTRAKTORでも使ってくれ!っていう仕様ですよね!

ということで、TerminalMix2は、
●HOUSE等の4つ打ち系に人気のTRAKTORで使ってもお得で、
●初心者用~HIPHOP系に強いDJ INTROもついている!(ここは現状ちょっと弱いですが。)
と、オールマイティなコントローラーだったんです!!

TRAKTORで使う場合でも
TRAKTOR KONTROL S2は2DECK分しか操作できないのに対して
TerminalMix2は4台分操作ができるので、かなりお得なコントローラーですね!

TerminalMix2はDDJ-ERGOとかぶりますがハードウェアの質感ではTerminalMix2。
イルミネーションのキレイさや操作性ではDDJ-ERGO。
どっちを選ぶかは好みで分かれるとは思いますが、
これらをオールマイティタイプと位置づけましょう!


Reloop Terminal Mix: Live Mix Demo performed by DJ Angelo


Reloop Terminal Mix 2 Showcase at the Airport // feat. DJ Flip




英語ですが、TRAKTORで使っている動画を発見

Reloop Terminal Mix 4 TRAKTORのマッピング方法


TRAKTOR用のコントローラー比較的な


Terminal Mix 4 × TRAKTOR PROでプレイ




TerminalMixを実際触ってみたいという方は
RELOOPの販売店リストをみて、近くの店舗に見に行ってはいかがでしょうか?
実際どのモデルが置いているかは直接聞いてみてくださいね。

ブログパーツ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

comment(0)  trackback(0)

プロフィール

DJ DRAGON

DJ DRAGONの気になる機材へようこそ!


    メーカーやSHOPのように、商品べた褒めではなく、感じたことを感じたままにお伝えします。
  • RSSに登録
人気ページランキング
DJ DRAGONへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

記事のリクエスト等お気軽に。
FC2カウンター

Copyright ©DJ DRAGONの気になる機材. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

アクセスランキング テスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。