DJ DRAGONの気になる機材

機材が大好きなDJ DRAGONが気になる機材を紹介していきます。

気になる記事検索
WEB全体の検索(ページの下部に表示)
この記事内のキーワード検索は上部のFC2バーより
最新記事
カテゴリ一覧
DJ教則動画
Youtube動画リスト

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

TRAKTORの繋ぐポイントも設定できるオートミックス(CRUISE)がすごい!

2013.02.05

category : NativeInstruments

NATIVE INSTRUMENTS
本日、TRAKTOR KONTROL S4がお買い得になるアナウンスがありましたね!!

¥94,800→¥83,800。
1万円以上お得になりましたね!

ちょうど良いので、TRAKTORのオートミックス機能をご紹介します。
と言っても、DJ DRAGONは普段はSerato派なので、TRAKTORがものすごく詳しいわけではありません。
少し前のDJ Tech Toolsのこの記事みてすごいなー♪って思ったので、見ていない方のために再度ご紹介。
TRAKTORのオートミックスは、曲を繋ぐポイントも好きに設定できたんですね♪



CRUISE.jpg
TRAKTORのオートミックス機能がこの「CRUISE」(クルーズ)機能

djay等と同じく、プレイリストに入っている曲を自動でミックスします。

PLAYLIST_20130205181459.jpg
TRAKTORのプレイリストがこちら。

WS000002_20130205181459.jpg
djay等と同じように好きな曲をこのPLAYLISTにドラッグ&ドロップでOK

WS000003_20130205181459.jpg
こういうのが出てくるので、好きな名前を付けてOK

WS000004_20130205181500.jpg
これでプレイリストの曲リストが完成!!

あとは、設定画面で
WS000001_20130205182015.jpg
オートミックスのミックスする時間を設定。
4つ打ち系なら大体30秒くらいが良いと思います。

BPM120なら1分で120拍で、30小節。30秒で60拍で15小節?
16小節にしたければ、32秒?
もしくは、BPM128にすれば、
1分で128拍、32小節、30秒で64拍で、16小節?
これでいいのかな?

このあたりは、少し怪しい情報ですが、BPM128で話を進めよう・・・

WS000000_20130205182016.jpg
で、フェードイン/アウトのポイント設定のために、
デッキレイアウトをAdvancedとかにして置いてください。

インポイントの設定
WS000005_20130205183132.jpg
オートミックスの時間を約30秒に設定している場合、
15秒で、次の曲が入ってきて、15秒で前の曲がフェードアウトしていくという仕様なので、
繋ぎ終わったときに、ココから次の曲が始まって欲しいってところにポイントを持っていって、

さっきの話のように、30秒分だから64拍前にポイントを打ちます。
MOVEの項目で、32に設定して
WS000006_20130205183132.jpg
2回前へ戻します。

次に、
WS000007_20130205183132.jpg
そこに、フェードインポイントを作成するために、
CUEの項目を出します。

WS000008_20130205183133.jpg
どれでもいいんですが、あまり頻繁に使わないCUEの7を
フェードイン専用とかにすると分かりやすいかもしれません。

WS000009_20130205184225.jpg
このあたりをクリックすると、こういう項目が出てくるので、
ここでFade-Inを選択してください。

アウトポイントの設定
WS000010_20130205184226.jpg
アウトポイントは簡単ですね。
こっから次の曲が入ってきて欲しいってところに、CUE8を設定

WS000011_20130205184226.jpg
同じようにFade-Outを設定します。

オートミックススタート
WS000012_20130205184504.jpg
オートミックスしたいプレイリストを選択して、曲を読み込み
どちらかを再生して、CRUISEボタンを押します。

WS000013_20130205184505.jpg
もう少しで、フェードアウトポイントが近づいてきました!

WS000014_20130205184505.jpg
左がフェードアウトポイント、右がフェードインポイント。
同期して再生がスタート!
右のプレイヤーのミキサーボリュームが徐々に上がってきます。
(15秒で、MAXになる。)

WS000016_20130205184506.jpg
右(次)の曲のボリュームが上がり終わったら、左(前)の曲のボリュームが下がっていきます。



どうでしょう?
フェードイン・アウトのポイントが設定できれば、オートミックスも結構使えますよね!
これから先は、オートミックス機能のついたDJ機器が出てきて欲しいと思っています。
これに、djayのオートミックスのバリエイションがつけば面白いですね!

ちなみに、オートミックスは、インターナルモードのみです。
DJ DRAGONのオートミックスの理想
TRAKTORのイン・アウトポイントに、ミックスのバリエイションを増やしてほしい。
例えば、djayのバックスピン、サンプラー鳴らして繋ぐとか、
エコーかけて繋ぐとか、EQ使って繋ぐとか・・・

ジャンルとかみたいに曲ごとにミックスを選択できるようにして・・・
これで、DJ続くか分からない。って人でも買いやすくなる。

それにプラスして、最近コントローラーが光るのは当たり前になってきたので、
オートミックスにあわせてコントローラを光らせてくれると、
それがDJのやり方の勉強になる。的な♪

こんなのが出てくれば出てくるほど、そんなのDJじゃねー!とか言う人出てくると思いますが
アナログ全盛期のときも、そんなのDJじゃねーって人いっぱいいましたよね。
DJ人口が増えるほどに、スキルの高い人がよりリスペクトされていくわけですから・・・


ブログパーツ
スポンサーサイト

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

comment(0)  trackback(0)

おゆまるフェーダーノブを作ってみた。

2013.02.05

category : フリスクフェーダー

休日のほんのちょっとしたお遊び♪
何事にも気分転換は必要です♪
IMG_2549.jpg
100円ショップセリアに行ってみたら、
こんなものを発見してしまったのでした!!

魅力的過ぎる!!

で、DJ TECH TOOLSのCHROMA CAPSみたいなのを作りたくて・・・

OYUMARU.jpg
ダイソーで、おゆまるくんをGETしてみました!
これは、お湯に入れるとやわらかくなって、自由に形が作れるもの。

こんなので、CHROMA CAPSができるわけが無いが、どうしても好奇心が押さえられない!

IMG_2579.jpg
中身はこんな感じ、2種類を混ぜてしばらくすると固まるシリコンです。

IMG_2553.jpg
開封

IMG_2554.jpg
混ぜ混ぜ。

IMG_2555.jpg
キレイに丸めて

IMG_2581.jpg
いつも使ってるスプレーのフタを利用。

IMG_2582.jpg
2つ分でちょうどの分量だった。

IMG_2583.jpg
フェーダーを押し込んで型取り。
ここでいかにすきまを無くすかが勝負!

IMG_2885.jpg
さっきのおゆまるを。
今回はピンクのほうを使ってみました。
(2つを混ぜてマーブルっぽくしても面白いみたい。)

IMG_2560.jpg
沸騰させたなべに

IMG_2888.jpg
放り込んでみました。
ホントはお湯に付けて3分くらい待つらしい。

IMG_2889.jpg
型につっこんで、放置。

IMG_2891.jpg
ちょっと微妙ですが、完成!!!

IMG_2892.jpg
FRISK FADERに付けてみました!
おゆまるは、スーパーボールも作れるっていう素材なので、
ゴムっぽくてスクラッチしづらいですが、面白かったです。


レジンってのをGETして、色づけとかしたらCHROMA CAPSに対抗できるかも♪
とか思ったりしましたが、それはまた今度暇なときに・・・

ブログパーツ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

comment(0)  trackback(0)

SeratoコントロールバイナルVer,2と、ver,2.5比較。どっちが良い?

2013.02.04

category : SERATO関連

s2+25.jpg
前回Twitterで、Serato Control Vinyl Ver2.5は
Ver2と比べて、滑ってグリップ感が無い!ってつぶやきましたが
ちょっと気になったので、比較してみました。

まず、Ver2.5になって、何が変わったかというと、
過去バージョンに比べ6db音量がアップ。
10M44G_2_20130204015022.jpg3M447_2_20130204015024.jpg
↑コレが                   →     こう
なるわけです。さらに、レコードの寿命も長くなったとか。
以前のScratchLiveと相性の良いカートリッジを検証という記事も参考までに。

コレなら、絶対Ver2.5がいいじゃん!って思って使ってみてると。

何か、しっくり来ない・・・
レコードが滑って細かいスクラッチとかがやりづらい・・・
冬だし手がカサついているのかな?とか思ってみましたが、違う気が・・・


それでは、比較スタート
s2_1.jpg
こちらが、Ver2のコントロールバイナル
ちょっと使用感ありますが・・・

s25_1.jpg
こちらが、最近のVer2.5のコントロールバイナル

大体同じ場所で撮影したんですが、
光の当たり具合もありますが、Ver2.5の方がちょっと白くてカサカサっぽいか?


では、もうちょっとアップで
s2_2.jpg
Ver2

s25_2.jpg
Ver2.5

分かりづらいですが、Ver2.5の方が横線が多い気がしませんか?



持ってるしょぼいデジカメの性能をフルに使っての最アップ
s2_溝2
Ver2

s25_溝2
Ver2.5

やっぱり6db音圧が上がった分、溝の横ブレが大きくなっています。
コレによって、表面がサラサラになって、グリップ感が悪くなったのではないでしょうか?




ちなみに、TORAKTORもついでに写真を撮ってみた。

まずは、遠め
t1_1.jpg
Ver1

t2_1.jpg
Ver2
これで比べると、TRAKTORもVer2は溝が深くなっているように感じる。

接近
t1_2.jpg
Ver1

t2_2.jpg
Ver2

っていうか、TRAKTORの方はSeratoよりもコントロールのトーンの音程が高いから
溝がまっすぐで細い気が・・・


最接近
t1_溝
Ver1

t2_溝
Ver2

TRAKTORはあんまり問題ない気がします。




何より、SeratoのコンとロールバイナルのVer2.5は個人的な感想としては、表面がサラサラ滑ってグリップ感が悪くなっている気がします。
スクラッチや2枚使いをシビアにやる方は、Ver2を使ったほうが良いかもしれません。

しかし、音圧が6db増えて、音質や安定性が向上したのは間違いの無いことなので
スクラッチや2枚使いをあんまりやらない人はVer2.5でよいと思います。

TRAKTORは問題なし!
最近のバージョンだとVer2しか使えない場合も多いので、注意。

ブログパーツ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

comment(0)  trackback(0)

プロフィール

DJ DRAGON

DJ DRAGONの気になる機材へようこそ!


    メーカーやSHOPのように、商品べた褒めではなく、感じたことを感じたままにお伝えします。
  • RSSに登録
人気ページランキング
DJ DRAGONへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

記事のリクエスト等お気軽に。
FC2カウンター

Copyright ©DJ DRAGONの気になる機材. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

アクセスランキング テスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。