DJ DRAGONの気になる機材

機材が大好きなDJ DRAGONが気になる機材を紹介していきます。

気になる記事検索
WEB全体の検索(ページの下部に表示)
この記事内のキーワード検索は上部のFC2バーより
最新記事
カテゴリ一覧
DJ教則動画
Youtube動画リスト

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

DJバトルでやってみたい飛び道具的なテクニック集!

2013.03.22

category : バトルDJの映像

featured-image.gif
http://dmc-japan.jp/
2012年はDMC JAPANが気づいたら消滅していて、この先どうなるやらと思われていたバトルシーンですが、歴代のDMCチャンプなどが力を合わせて2013年はDMC JAPAN FINALの開催が決定!

これから、地方予選の日程等が発表されていくのだと思いますが、バトラーの皆さんは今ルーティンを作っているところかと思います。
そこで、今回はルーティンで使えるかどうかは分かりませんが、飛び道具的なネタをいくつか紹介します。



Twitter等でツィートしてちょっと話題になったこれ

DJ Mysterioさんの手品を織り交ぜたルーティン!
これは、絶対まねできないので解説はできません!!



カートリッジやレコードをを叩いたりする。

DMC2001年チャンピオンのDJ PLUS ONEの動画2:40あたりから。
↑これは度肝を抜かれた!
折れやすいので有名なSHUREのM447をココまで荒く使って、その後普通にプレイ!
この驚きを今再現するとしたら、Macを叩いたり落としたりしてリカバリーってなりますか?

DMC 2007年の日本代表のDJ宮島さんもやっていたんですが、画質の良いのが無かったので。



自分でおどる

こちらもTwitter等でちらほら出ていた動画ですが。

ターンテーブルの上で回る!

日本人に馴染み深いのは2009年のロベルト吉野さんのプレイではないでしょうか?

DJ BUNTAさんのスロ~~~スロ~~~ルーティンをヒントに、
ロボットダンスとかしながらジャグリングする人出てこないかな?



火を吹く

↑のロベルト吉野さんのプレイの前半にも出てきましたがオイルで火をつける!


この動画は、当時相当衝撃を受けたのを覚えています!4:10くらいからが衝撃です!
2002年のDMC WORLD FINALのDVDに収録されていた動画です。
このあたりのバトル全盛期のDJバトルでみんなこの人のバトブレを使っていたDJ SWAMPのプレイ!
自分のトラックでラップはするわ、ターンテーブル燃やすわで大変です!

火を吹くのは真似しない方が良いかも・・・
(弁償させられること間違いなし!!)

IMG_2974.jpg
自分でラップするってのは、意外と現実的で
マイクの持込みはダメかもしれませんが、ヘッドホンなら問題ない!
ヘッドホンをマイク入力に刺すとL側がマイクになるのはご存知だろうか?

おおっぴらにラップしてヨシ!
ヘッドホンで音を聞いてるふりしてこっそりボイパしても良いんじゃないか?



ケーブルを使ってハウリングの音でトーンプレイ
IMG_2976.jpg
DJ DRAGONがバトルをやり始めた頃に誰かがやってて、必死でやり方を調べたのを思い出しますが
Technicsのミキサーの場合、MONITOR OUTと、LINE INをケーブルで繋ぐだけです。

IMG_2979.jpg
ココを、CUEにした状態がオススメですが、
この場合は右のLINE INに繋いでいるため、セレクターをBに倒すと「ピーーーーー」って音が鳴ります。
さらに、一番上のLEVELで音程が変わります。

IMG_2980.jpg
縦フェーダーでハウリング音のボリュームが調整できるので、他の音源と合わせやすい。
もちろんクロスフェーダーも使えます。

IMG_2977.jpg
MASTERも出す場合は、このCUEとのミックスが良いのでは?
この画像の状態で、BALANCEを真ん中くらいに持ってきて
レバーをA/B切り替えると、救急車の音に・・・

MASTERも出す場合、縦フェーダーは音量ではなく、音程の変更に使える。
何しろ、もしやってみたいかたはケーブルで繋ぐだけなのでやってみてはどうでしょう。
(スピーカー痛めたりしないように、音量は小さ目から上げていってくださいね。)



道具を使うシリーズ!

輪ゴムを使ってベースを演奏


ちょっと前に見つけた動画。
輪ゴムをカートリッジの針の部分に引っ掛けてベースの演奏。
カートリッジをあらかじめ改造しておく人もいるようです。



1987年のDMC World FinalのチャンピオンChad Jackson (UK)はビリヤードのキューみたいなやつとかラグビーボールでスクラッチして話題になりましたが、今はコレだけではどうにもなりませんね。



あと、見たことないけどやって欲しいこと

NK084_1.jpg
ヌマークの取替え可能なアーム
Technicsのターンテーブルにも当然付けれるので、コレを4つくらい使って、1枚のレコードの音を2台のターンテーブルで鳴らす。リアル半拍ずらしできないかな?

DJ WOODY 2002 Winning World Vestax set practiceで一台のターンテーブルに2個のアームを使ってプレイしています!

など、思いついたのをまとめてみましたが、こういうのもあるよ!っていうのがあったらコメント欄にお願いします。一緒にまとめておきます。

ブログパーツ
スポンサーサイト

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

comment(2)  trackback(0)

Numark N4があればiPadでDVSが使える!

2013.03.14

category : デジタルDJ(コントローラー系)

今回は、かなり前にNumarkさんよりお借りしていたN4について。
ちょっとあれこれやってるうちに記事を書くのを忘れてました・・・

まずは、N4の基本的なところ。
IMG_2800.jpg
恒例?のMIXTRACK PROとのサイズ比較
ピチコンの幅がN4のほうが広く、プレイしやすそうですね。

IMG_2799.jpg
チャンネル数もMIXTRACK PROが2CHに対し、N4は4Ch。

NK123_2.jpg
通常は、4デッキ対応Virtual DJ LEが付属。

写真取り忘れたんですが、N4用のVirtual DJ LEはかなり画面が見やすいです。
4Ch使いたかったらVirtualDJLEを使って良いと思います。
ただ、本格的にやるならソフトをTRAKTOR等に変えたほうが良いかもしれません。
(なんとなく、VDJ=初心者、TRAKTOR=HOUSE、Serato=HIPHOPというイメージ。)

IMG_2821.jpg
チャンネルごとに色が分かれていて理解しやすいです。

IMG_2818.jpg
で、SeratoのDJ INTROにも対応しているので、最新版をダウンロードすれば使用可能。
DJ INTROは2CHのみ
4chの意味が無いじゃん!って思われるかもしれませんが

IMG_2822.jpg
N4には外部入力が搭載されています!!

IMG_2820.jpg
ミキサー機能も搭載されているので、1+2をDJ INTRO
3+4をアナログターンテーブルや、CDJで使用可能です。

IMG_2823.jpg
ついでにアウトプットBOOTH OUTもあるところが本格派!



本題はココから!!

IMG_2808.jpg
では、ターンテーブルを繋いで見ました。


IMG_2801.jpg
ジャーン!!
真ん中にあるのは、PCじゃなくiPad!!!
カメラコネクションキットを使って、USB接続しています。
今回はiPadの「DJ PLAYER」というアプリとN4を使って
ターンテーブルのDVSを使うというのが本題!

IMG_2824.jpg
実は、USB端子の横にこういうレバーが!!
Timecodeに対応しています。

IMG_0112_20130314015732.jpg
iPadの設定画面でいろいろ設定できる。
Serato以外にも、TRAKTOR等のコントロールバイナルにも対応します。

IMG_0111.jpg
スクラッチの設定がオススメですが。

IMG_2802.jpg
これが、一番端にフェーダーを持っていったところ。

IMG_2803.jpg
通常アナログタンテ等を繋いでスクラッチするときにはこの場所から音が入る。

IMG_2804.jpg
i PadのDJ PLAYERでスクラッチするときはこのあたりから音が入る。

すみません。今回は少し前のテストだったので詳しく覚えていません・・・
N4をDJ PLAYERに繋いでプレイしている動画をご覧ください。


IMG_2817.jpg
動画に出てくるエフェクターの操作パネル。

IMG_0113.jpg
このミキサー画面のフィルターとかと連動します。

iPadにほとんど曲入れていないんですが、相当前のネタがあったのでやってみた。

内容相当ひどいので、限定公開・・・。
寝巻きだし

内容はさておき、結構ついてきてるでしょ?
あんまり素早く操作しなければプレイできます。

以前、AKAI EIEを使ってDJ PLAYERとターンテーブルを接続する
iPadアプリ「DJ PLAYER」をDVSでプレイしてみた。って記事も書いているので、そちらも参考にしてみてください。


と、いうことで。
Numark N4ならiPadアプリ「DJ PLAYER」と接続してiPad内の曲でDJプレイができます!
しかも、DJ PLAYERには、ターンテーブルでコントロールするDVS機能も搭載!!

期待してたTRAKTORのiPadアプリが外部コントローラー使えなさそうだったので
DJ DRAGON的にはやはり、DJ PLAYERに期待!!

ブログパーツ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

comment(1)  trackback(0)

Shure M447,44Gの持ち運び方法

2013.03.07

category : カートリッジ

しばらくブログ更新やってませんでしたね・・・
Twitter、Facebookは更新してるので、そちらもチェックしてくださいね♪
Twitter:@KIZAIDRAGON
Facebook:DJ DRAGONの気になる機材(ページ)

DJバトルが盛り上がっているので、DJ DRAGONも愛用している
DJバトルにオススメなカートリッジ、SHUREのM447の持ち運び方法をご紹介♪


何でM447を使っているかというと、
●針飛びが少ない
●レコードが痛みにくい
●安い

人気のORTOFONは、お金が無いから買えないってのもありますが
上の3点でM447が優れているということから、M447がオススメ♪

●大会等では、極力針飛びが 少ないほうが良い!
●練習のしすぎで、本番時にレコードがズタボロ!ってのが避けれる。

scay_n44-7.jpg

Q_20130307013001.jpg
針先がSHUREより鋭いのが分かりますでしょうか?

もちろん、音質等はortofonが当然上なので、
練習でSHURE、本番でortofonってのも良いかもしれませんね。
本番で音質を取るか、針飛びを取るかってところでしょう♪



で、今回は持ち運びについてですが、SHUREのカートリッジは針飛びに強いのですが、折れやすいってのでも有名ですので、持ち運び時は、カートリッジケースがあると最適!

sh020.jpg
SHUREの場合、販売時のケースが持ち運びようのケースにもなるので、特にこだわりが無ければコレでもOKでしょう♪



このあたりのケースに入れて持ち運ぶのがオススメですが、SHUREのカートリッジのDJ DRAGON的な持ち運び方法をご紹介♪



IMG_2917.jpg
こちらが、SHUREのM447。

IMG_2913.jpg
通常、針の保護用のレバーを上げて使用します。

IMG_2914.jpg
下から。
針が長くて、やわらかいので、横ブレに強い!

IMG_2915.jpg
触るとやわらかさが分かります。
あんまり力を入れるとすぐ折れます。

IMG_2916.jpg
横から見るこう。

IMG_2918.jpg
持ち運び時は通常このレバーをおろしておくのですが

IMG_2919.jpg
所詮プラスチックですので、こういう風にレバー部がつぶれてしまうことがよくあるわけです。

IMG_2920.jpg
で、この状態で気づかずにレバーを上げようとすると、針が折れちゃうとか良くあるんですよ!


では、どうすればよいかというと・・・
カートリッジから針先をはずします。

IMG_2921.jpg
針の付け根はこういう風に四角形になっていますので、

IMG_2922.jpg
上下逆に取り付けができます!!

IMG_2924.jpg
こうすることで、針の部分が上下でガードされてめったなことでは折れることがなくなります!!

IMG_2925.jpg
横から見たらガードされているのがよく分かる!


IMG_2939.jpg
こうなると、あのレバーの部分は邪魔なので捨てちゃいましょう♪♪

IMG_2926.jpg
とにかく使わないときはこうやっておいて、使うときだけ差し替えましょう♪


コレならタオルでくるんで持ち運びとかでもめったに折れなくなります!



ちなみに、スクラッチならM447
針圧4gで、スネア等の音が気持ち良い。

M44Gは、針圧2g-4g。
2gで使うと、レコードの消耗がかなり少ない。
4gくらいにすると、HIPHOPぽい音になり、針飛びも447くらいになる。

ブログパーツ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

comment(0)  trackback(0)

プロフィール

DJ DRAGON

DJ DRAGONの気になる機材へようこそ!


    メーカーやSHOPのように、商品べた褒めではなく、感じたことを感じたままにお伝えします。
  • RSSに登録
人気ページランキング
DJ DRAGONへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

記事のリクエスト等お気軽に。
FC2カウンター

Copyright ©DJ DRAGONの気になる機材. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

アクセスランキング テスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。