DJ DRAGONの気になる機材

機材が大好きなDJ DRAGONが気になる機材を紹介していきます。

気になる記事検索
WEB全体の検索(ページの下部に表示)
この記事内のキーワード検索は上部のFC2バーより
最新記事
カテゴリ一覧
DJ教則動画
Youtube動画リスト

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

TRAKTOR Z2が入るハードケース

2013.09.26

category : DJミキサー

FC2ブログのiPhoneからのアップロードがどんな感じでできるかを知りたいが為のテスト記事です。

ここ最近Z2使う人増えてきましたね!でもクラブに置いてるわけないので、持ち込みになるわけですが、キャリングケース困ってる人多そうです。

DRAGONがようやく見つけたのがコレ。

ピッタリ!に見えますが、いくつか難点あり。


ケースに入れた状態で使おうとすると、ヘッドホンジャックの大きい方がふさがってしまいます。
ミニジャックの方は使えるので、そっちでやるか、ケースから出して使うかはあなた次第でしょう!


あと、上部のケーブル隠しのフタが、Z2のアース取り付けの金具に当たって閉まらないので、自分で加工しています。
彫刻等でカットして、ヤスリでキレイにして、マスキング後ラッカースプレーで塗りました。


ちなみに同じケースにV4EXも入りました。結構付属のウレタンでスキマ埋めましたが


ケースはRR10MIXというケースです。



ブログパーツ
スポンサーサイト

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

comment(0)  trackback(0)

ヘッドホン改造!ケーブル着脱可能にしてみました。

2013.09.20

category : ヘッドホン

以前見つけたブログに載っていた、ヘッドホンの改造のやり方を試してみました。

今回は、家にあったケーブルの取り外しができない
audio-technicaのATH-PRO5を使いました。

pro5.jpg
これ。
改造後はこんな感じです。

改造後
IMG_3534.jpg

IMG_3535.jpg




IMG_3516.jpg
あけて、このあたりでケーブルを切ります。

IMG_3519.jpg
ケーブル側で使うプラグは家にあったコレ。

IMG_3520.jpg
ネジ式で簡単にはずれます。

IMG_3521.jpg
付け根部分をケーブルに通して,ハンダ付けします。

IMG_3524.jpg
ケーブル側にもハンダを乗せとく必要があるのですが
この手のケーブルはコーティングされているので、
ハンダが上手くつかないので、ライター等でコーティングを溶かします。

IMG_3526.jpg
こんな感じ。

IMG_3527.jpg
プラグに取り付けます。

IMG_3528.jpg
こんな感じ?

IMG_3529.jpg
ケーブル側完成!
機材に刺す側のプラグもL字に変えています。




IMG_3518.jpg
ヘッドホン側で使うのはコレ。

IMG_3530.jpg
同じ要領でこんな感じにケーブル取り付け。

IMG_3533.jpg
ケーブルの出ていた穴に差し込みます。

IMG_3532.jpg
反対側からボルト?で止めればOK!

IMG_3536.jpg
完成!
うーん。やっぱり便利ですよ。

ブログパーツ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

comment(0)  trackback(0)

DJ-Tech DIF-1SをTechnics SH-EX1200と比較!

2013.09.05

category : DJミキサー

画像 023
しばらくSNSばっかりでこちらのブログ更新ができていませんでしたが、
気になる機材が増えてきたので、更新頑張ります♪

約2万前後と、低価格ながらinnoFader搭載、DVS対応、シンプルデザインと、
バトルDJを中心に話題になっているDJ-TechのDIF-1Sですが、これまでのDJバトルの定番TechincsのSH-EX1200と比べてどうなのかを比較して比べてみたいと思います。





まずは、DIF-1Sの方が勝る点をまとめて紹介

innoFADER mini搭載

画像 025

DIF-1Sの一番の特徴はinnoFADERでしょう!
とりあえず、切れ味をTechnics SHEX1200と比較してみました。

IMG_3804.jpg
まずは、SHEX1200の一番右側にフェーダーを持っていったときがココ。

IMG_3806.jpg
音が入りだすのがココ。
しるしを付けておきます。

コレをDIF-1Sに持っていって比較。
IMG_3807.jpg
DIF-1Sの音が入りだすポイントがココ。
ほぼEX1200と同じですね。

IMG_3808.jpg
音が消えるのがココ。
ちょっと入るポイントと、消えるポイントがずれていました。

取説を見てみると、音の入る位置の設定は可能なようですので、自分でもっとキレキレにしたりもできそうです。

画像 026
SHEX1200で、DJ DRAGON的にちょっと苦手だったのが、フェーダーつまみ表面のテカテカ素材。

画像 050
DIF-1Sのつまみはマット仕上げというか、サラサラしているので、クラブとかやるときに指が引っかかりにくくてフェーダーを切りやすいです。

画像 049
あと、SHX1200のフェーダーつまみのカーブ具合も指がフィットするようになっているんでしょうか、スクラッチの方には好き嫌いがあると思います。

画像 031
あと、SHEX1200のクロスフェーダーはスクラッチのみですが、DIF-1Sのフェーダーはカーブの調整がついているので、スクラッチ以外でも使えそうです。



DVS用の入出力搭載

画像 033
入出力にはScratch Live等のDVS専用入出力がついていますので、接続が簡単です。

画像 032
インプットセレクターで、
Phono、LINE、DVSと切り替えることができます。

画像 034
Phonoのインプットは、LINE用としても使えそうです。



DIF-S1がイイ点もう一個

画像 030
Technics SHEX1200はEQがLOW/HIGHの2バンドのみでしたが、
DIF-1SはLOW/MID/HIGHと、3バンドのEQがついています。
キレイにEQが掛かるので、いろんなジャンルで使えそうです。
SHEX1200のEQはFILTERのような効果も出せるので、どっちがいいかは使う人次第。



やっぱりTechnics SHEX1200がイイ点

外部入力(AUX)

画像 035
サンプラー等の外部入力ソースを繋ぐためのAUXがSHEX1200にはついています。(DIF-1Sにはついてなかった・・・)
画像 036
この部分です。

画像 037
ScratchLiveの方でも、SL3等ならサンプラーの音をAUXから出力して、ミキサーの外部入力に繋ぐのが一番良い方法なので、コレがついているとかなり重宝します。



バトルDJの練習に必須かな?マスターのモニター

画像 038
SHEX1200では、左右のプレイヤーのモニター以外に、スピーカーから出ているマスターの音をヘッドホンで聞くことができます。
バトルDJの練習だと、夜あんまり音が出せない環境などではマスターをヘッドホンで聞きながら練習する人も多いと思います。無いとしんどいですね・・・

画像 039
DIF-1Sは、CUEのボタンどっちかです。

画像 040
つまみ系はボリュームだけ。



縦フェーダーまわり

画像 043
こちらがDIF-1S
DIF-1Sに比べて、

画像 042
SH-EX1200の方が縦フェーダーの間隔が狭いので、片手で左右のボリュームフェーダーを同時に上げ下げするプレイのときに、SHEX1200の縦フェーダーの間隔の方がやりやすいかもしれません。

画像 041
インプット切り替えレバーを使ったプレイなどもSHEX1200独特の機能です。



高さ
これは、どうでも良いかもしれませんが・・・

画像 044
ミキサーの高さはこんな感じです。

画像 046
そのまま置くとこんな感じですが、

画像 047
ターンテーブルの高さを調整すれば問題ありません。

画像 048
ホントどうでも良いですが、気になったので・・・



SHEX1200 VS DIF-1Sまとめ

DIF-1Sの方がイイ点
●クロスフェーダーmini inno FADER(操作感最高!)
●フェーダーつまみのさわり心地
●DVS専用入出力
●3バンドEQ
●お値段

なにしろ、クロスフェーダーが最高なので、安くてバトル向けのミキサーを探している方には間違いの無いクオリティ!!

SH-EX1200の方がイイ点
●外部入力(AUX)搭載
●マスター出力のモニター
●縦フェーダーの使いやすさ
●EQのフィルター感の独特感

ブログパーツ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

comment(0)  trackback(0)

プロフィール

DJ DRAGON

DJ DRAGONの気になる機材へようこそ!


    メーカーやSHOPのように、商品べた褒めではなく、感じたことを感じたままにお伝えします。
  • RSSに登録
人気ページランキング
DJ DRAGONへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

記事のリクエスト等お気軽に。
FC2カウンター

Copyright ©DJ DRAGONの気になる機材. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

アクセスランキング テスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。