DJ DRAGONの気になる機材

機材が大好きなDJ DRAGONが気になる機材を紹介していきます。

気になる記事検索
WEB全体の検索(ページの下部に表示)
この記事内のキーワード検索は上部のFC2バーより
最新記事
カテゴリ一覧
DJ教則動画
Youtube動画リスト

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

PIONEER イヤホン DJE-2000/1500をチェック

2014.03.31

category : ヘッドホン


PIONEERの新作イヤホンDJE-1500と2000をチェックしました。
左がDJE-2000、右がDJE-1500
どちらも、ブラック・ホワイトの2色。


ケーブルには布が巻いてあって、断線などにも強そうです。

まずは、DJE-1500。
ダイナミック型のドライバーを採用。

オーバーイヤー


ノーマルと、付け方を2通りから選べます。


外から見るとこんな感じ。


プラグの付け根は


取り外し可能。
強めに引っ張ると取れました。

音質など。
ダイナミック型なので低音を強調したパワフルな音をイメージしていましたが、DJ専用というわけでは無いようです。
トン・シャンって感じの音でした。


DJE-2000

低音側はダイナミック、中高音はバランスド・アーマチュアのハイブリット仕様。


DJE-2000は向きは変えれません。


ケーブルは取り外し可能。

音質は
レコーディングなどでも使える音にしているようで、フラットな感じの印象。シャリっとしてる感じではなく、フワっとした感じに近いです。HDJ-2000の音に似ています。


イヤホンなどについては、音の感じ方も人によって違いますし、好みも人それぞれですので、実際に音を聞いてから購入することを強くオススメします。
このDJEシリーズに関しては、在庫のある店舗では試聴できるようになっているところが多いと思います。

ブログパーツ
スポンサーサイト

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

comment(0)  trackback(0)

RMX-500動画作成しました

2014.03.16

category : エフェクター/サンプラー


RMX-500を触って来たので簡単に紹介。
今回はバックを切り抜いた動画が作りたかったので、紹介は手抜きですみません。


RMX500の左側。
ビート系のエフェクトが上部に。
下はドラムマシーンの様な感じ。
キックやスネアの音が入ってるので、曲にビートをリアルタイムで追加できますよ♫
4拍、8拍のどちらかでリアルタイムでドラムループを作れます。
しかもキックやスネアは音色が選べます。


右側は上部がアップ系、下がダウン系のエフェクト。
左側のECHOボタンでエコーの追加も可能です。


しかもこのボタン


押し込むと選んだエフェクトの違うパラメーターが追加でき、面白い音が出ます。モジュレーションっぽいのが多いです。


最後の見せ所がこの真ん中!
ブレーキ、エコー、バックスピンのどれかをかけることで、全てのエフェクトがリセットされます。
エフェクトで盛り上げといて最後にこいつで「ドーーーン」って感じ。
ちなみに画像の様に押すことで例えばエコーの返ってくる拍を設定可能。


ということで、動画をどうぞ。


100円ショップに売っているグリーンの布を敷いて撮影してみました。
結構きれいに抜けてうれしい限り♪

ブログパーツ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

comment(0)  trackback(0)

PIONEER DDJ-SZの実機を触ってきました。

2014.03.12

category : SERATO関連


大人気のPIONEER SeratoコントローラーシリーズのDDJ-SB/SR/SXの最上位機種DDJ-SZを触ってきました。

でかいとは噂で聞いてましたが、

手前がDDJ-SZ奥がCDJ-2000NEXUSとDJM-900NEXUSのセットです。
CDJ2000のセットよりはさすがに小さいですが、参考にしてください。


やっぱり一番のポイントはコレ!

USB端子が2個ついていて、パソコンが2台接続可能なんです。Serato DJが2台制御可能なんですよ!


ミキサー機能も付いていてターンテーブル等からDVSでプレイすることも可能なので、SL4が入っていると言ってもいいでしょう。SL4っていくらでしたっけ?


しかも曲選んだり、コントローラー系も最強装備!DDJ-SXプラスアルファ付いてます。コレはスゴイですよ。


パソコンが2台繋がってる場合、SZの左右のプレイヤーで、どっちのパソコンを操作するかが簡単に選択できます。

例えばAのパソコンでプレイしているDJがいて、Bにもう一台パソコンをつないで、Aが左のプレイヤーで曲を流している時に右のプレイヤーのみBのパソコンに切り替えて。
という具合に、Aの左のプレイヤーからBの右のプレイヤーにスムーズにつなぐことができますね~。


曲の選択等はコレでできますが


左右に計2つついているのでパソコンに2台つないでいても曲選択スムーズです。


画面はこんな感じ。





それから、サウンドカラーFXも搭載!
これはかなり使える!SeratoのエフェクタープラスパイオニアのFXも使えちゃうんですね♫


サウンドエフェクトが鳴らせるオシレーター。いわゆるピュンピュンマシーンみたいな音がここで鳴らせちゃいます。


クロスフェーダーも最上級!
重さも変えれるキレキレフェーダーです。
DJM900プラスアルファ位の機能は付いてますね!




プレイヤー部分はJOGの重さも調整可能です。


クラブに設置してみたらこんな雰囲気です。かなりカッコイイですね♫


パッドもカラー対応でハデ!


唯一難点は、JOGのライトはSeratoのJOG情報を写しているようなので、ヌルッとした感じ。反応が遅れて感じました。あと、CUEで12時に飛ぶのも何とかして欲しい。
この点はNumark NS-7Ⅱがイイですね~。
(発売前のデモ機を触ったので、改良されてればGOODですね。)

いかがでしょう?
SL4、DJM900、DDJSX、プラスアルファの機能が付いてこの値段は破格だと思います。
単純に足すと、40万超えますよね。

ブログパーツ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

comment(0)  trackback(0)

Dirigentさんにおじゃましてきました。

2014.03.09

category : PC、PCソフト


先日有楽町のDirigentさんの事務所を訪問してきました。

もちろん目的はコレ!

3月26日発売のBitwig Studio!
Ableton Liveユーザーの私は気にならないわけがありませんね!
(Bitwigは元AbletonのクルーがAbletonを辞めて新しく作ったDAWなんです。)

まずはパッケージ。

表。なんかちょっと前のLiveっぽいって思ってしまうには私だけではないでしょう。


裏も見たことある^_^;

気になるBitwigの動いてるとこ!

ちょっとテンション上がります!

Dirigent多良間さんにイロイロ教えて貰いました。
Liveユーザー目線で「へ~!」って思ったのがこれ!

クリップ画面(Liveで言うところセッションビュー)が縦ではなく、横に並んでいますね!
さらに、クリップ画面とアレンジ画面が1つの画面に表示されています!
(Abletonのセッションビューみたいな縦表示もミキサー画面で表示可能。)

クリップ画面が横だからどのトラックのクリップか分かりやすくてイイですね!
Ableton Liveではこのセッションビューとアレンジビューは切り替えて使うイメージでしたが、Bitwigでは、同時に進行します。
これかなり便利なんです!

セッションビューで鳴らしながら編集して、最後にアレンジビューに貼り付けるか、アレンジビューで作る人はアレンジビューを再生しながらプレビューで鳴らして見てたのが、アレンジビューを鳴らしながら、セッションビューで編集していけるんですね。
これだけでかゆいところに手が届きました!



また、Bitwigでは作ったクリップなどを他のプロジェクトにコピペができるそうです。これもイイですね!

例えば、気に入ったフレーズのストック用のプロジェクトを作っておいていつでも呼び出せるようにしとく(○○○系ドラム、○○○○系ベースなど)とか、この前作ったあのフレーズが使える!と思った時そのプロジェクトから引っ張ってきたり。



イロイロ紹介してもらったんですが、聴き入っていてあまり写真が撮れていませんね。



プラグインがそれぞれ独立して動作するようになっているので、プラグインがクラッシュしてもBitwigはクラッシュしない。



MIDIのノート単位でのオートメーションの記録なども面白いですよね。
プラグインソフトのパラメーターも全てオートメーションで記録できるのも凄いですね。




プラグインもいくつか紹介してもらいました。

XY INSTRUMENTS


A/B/C/D 4つの音源をアサインして、XYパッドでバランスを取って鳴らせます。


それぞれのボリュームも調整可能。


あと、気になる音質ですが、Bitwigではオーディオエンジンを独自に開発したものを搭載しているようです。(abletonは他社製らしいです。)

これはまだ比較していないそうなので、どっちが良いかは分かりませんが、海外のブログで、Bitcrusherのエフェクトの比較ですが、Abletonよりちょっとあったかくてリッチな感じでglassyだと言う書き込みもありました。

実際イロイロ試して見たいですね~!


簡単ですが、Bitwigの説明はここまで。
このとき聞いた話によると、BITWIG の発売後に各地でBITWIGセミナーを開催予定との事。
詳しく知りたいという方は是非参加してみてはいかがでしょうか?
こういうブログをやってて言うのもおかしいですが、WEBの情報なんて当てになりませんよー♪
『百聞は一見に如かず!』




Xkey
外出先でDAWをいじる場合、ボーカルやギターの録音が必要なければ、Macだけ持って行けば済むわけですが、せめてキーボードは無いと不便な事が多々あります。
そんな時に便利なのがこれ。
フルサイズ鍵盤で、バッグ等にススっと入りますね。


左側には、オクターブ、ビブラート、ピッチベンド、サスティーンペダルもついてます。




RELOOP KeyPad
KORG nanoシリーズがまとまったみたいな感じですが。


指一本でコードが弾けるコードモードや


アルペジエイター


スケールの変更まで可能


それからこのつまみ。
回すだけでなく、プッシュにも使えます。

一つになったことで、USBポートが足りないなんてこともなくなりますね。

ブログパーツ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

comment(0)  trackback(0)

Native Instruments Japanにおじゃましてきました。

2014.03.05

category : NativeInstruments


先日、事前にアポを取ってNative Instruments Japanの事務所にお邪魔してまいりました。

原宿の大通りからちょっと入ったところです。この建物の2階。

中身はオシャレなオフィスになっていて、入り口にはいろんな商品の空箱が展示されていました。
(オフィス側は写真撮っていません。)

案内されたのは、入って右側にある応接ルーム的な場所。

真ん中に大きいテーブルがあって、大画面の液晶TVが。
(Apple TVでMacの画面が映せるようになっていました。)

で、応接室の片側にあるNI製品の展示!


Maschine Studio

ちょっと映ってるヘッドホンはSENNHEISER HD25

TRAKTOR SCRATCH

Z2欲しいっす!


時計はNIの他の拠点の現在時刻が。
おっと!長居してしまいました。

ちょうどスタートしたX1mk2にTRAKTOR PRO2がつくキャンペーンを始め、いくつか面白い話も聞けたので、できる限りここでご紹介して行きたいですね~。


帰り際にもらったお土産が最高♫

ブログパーツ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

comment(0)  trackback(0)

プロフィール

DJ DRAGON

DJ DRAGONの気になる機材へようこそ!


    メーカーやSHOPのように、商品べた褒めではなく、感じたことを感じたままにお伝えします。
  • RSSに登録
人気ページランキング
DJ DRAGONへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

記事のリクエスト等お気軽に。
FC2カウンター

Copyright ©DJ DRAGONの気になる機材. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

アクセスランキング テスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。