DJ DRAGONの気になる機材

機材が大好きなDJ DRAGONが気になる機材を紹介していきます。

気になる記事検索
WEB全体の検索(ページの下部に表示)
この記事内のキーワード検索は上部のFC2バーより
最新記事
カテゴリ一覧
DJ教則動画
Youtube動画リスト

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

パイオニア DDJ-T1 VS NI TRAKTOR S4

2011.02.15

category : デジタルDJ(コントローラー系)

DJ DRAGONの気になる機材
今月のトップはやっぱりパイオニアからまもなく発売されるDDJ-T1!!
でも、ちょっと前に出ていたTRAKTOR KONTROL S4も気になる!!
ってことで、簡単に比較・・・。
VS.jpg

どっち買うべきか?って方いるんじゃないかな?



まずは、どちらにも共通する機能
プレイヤーから

IMG_1295.jpgC_1e03f67011.jpg
まずは、JOG。
左がDDJ-T1、右がTRAKTOR KONTROL S4(以後同じ)
当然JOGの周りにライトが光るDDJ-T1の方が操作性は上です。
サイズもT1が11cmくらいでS4は8cmくらいだったと思います。
あと、手前側にあるため、DDJ-T1の方が使いやすいと思います。

あと、ピッチコントローラーの場所。
T1は左右どちらのプレイヤーも右側についているのに対し、
S4は左右対称に外側についている。
片耳ヘッドホンなどでやるDJなどは特に片方の手でテンポを触るとの事。
IMG_1294.jpgC_04898d0a87.jpg
こちらはプレイイングアドレス。
曲の好きなポジションに瞬時にジャンプできる機能です。
T1はこのスライダーを触った場所にジャンプできます。
S4はSHIFTボタンを押しながらJOGをまわすことで同じように曲をサーチできます。

CUEの数は8個ずつ、ループ等も同等です。

プレイヤー部はJOGのイルミネーションでDDJ-T1が優勢。



ミキサー部

IMG_1291.jpgO_7a1fc82d84.jpg
T1の上の方から順に比べていくと
曲の選択はどちらもJOGが付いていて簡単。
しかし、曲のロードの際T1の方が1-4チャンネルの
読み込みがすぐ近くにあるので選択しやすい。
EQはそれほど違わないが、S4の方はミキサー部にFILTERが付いている。
T1の方はプレイヤー側のリボンコントローラーの横にFILTERがついている。
特筆すべきは、T1にはシンクのマスター、スレイブのボタンと
チャンネルフェーダースタートのスイッチがある。
これはTRAKTORの精度の高いシンク機能を使って、フェーダーの抜き差しで
曲の展開をつけるというプレイをすることが可能になる。

フェーダーのクオリティは好みも分かれますが、
縦フェーダーはパイオニアの方が質がよいように感じます。
クロスフェーダーはT1の方は初期状態ではミックスモード(ゆっくり音が入っていく)のみ、
ソフトウェアをバージョンアップすると、スクラッチもできそう。
S4は遊びがかなり少なくできるので、スクラッチならS4の方がキレます。

ミキサー部はテクノ・ハウス系にはDDJ-T1
スクラッチ系もやるならTRAKTOR S4がオススメ。

USBバスパワーにも対応
どちらも、電源を接続しなくてもUSBバスパワーで使用可能。
イルミネーションが暗くなります。


と、ここからは、片方にしかない機能をご紹介していきます。
まずは、DDJ-T1の方がよいポイント。

☆「LAPTOPドック」構造を採用
ddj-t1_img02_20110215012741.jpgIMG_1300_20110215012753.jpg
PCが下に入りディスプレイが手元に来る。
☆クラブスタンダードのパイオニアレイアウト
(ボタンや、ピッチコントローラーの位置など)



TRAKTOR KONTROL S4がよいポイント

☆TRAKTOR PRO 2付属(2011年4月より)
T_760fb22477.jpg
2011年4月1日より最新のTRAKTOR PRO 2*バージョンにアップデートされるようです。
(S4ユーザーには無償アップデート!)
☆豊富な入出力(ターンテーブル、CDJ等の接続が可能)
front_and_back_1200px2_20110215013651.jpg
ターンテーブルやCDJを接続できるインプットが豊富です。
接続した機器は一度パソコン内に入って処理されるため、パソコンを繋いでいないと音は出ないようになっていますが、TRAKTOR内のエフェクターなども利用できるなど、とても便利。

☆TRAKTOR KONTROL S4 Scratch UpgradeでDVSコントロールバイナルを使用可能。
T_bfa4677d22.png
2011年4月より、S4ユーザーはTRAKTOR KONTROL S4 Scratch Upgradeを購入してS4システムにスクラッチ機能を追加することができます。
S4のシステムのJOGで2台分のプレイヤーをコントロールし、
ターンテーブル等を繋いで、コントロールバイナルでもう2台をコントロールする
ってことができるようになりそうです。
☆24bit / 96 kH対応
こちらは、スペック上こちらが上ですが、音のよさはどちらが上ともいえません。





うーん、これは迷いますよね?
どちらもよい商品だと思います。
PCDJのカテゴリーを引っ張っていって欲しいです♪

ブログパーツ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
プロフィール

DJ DRAGON

DJ DRAGONの気になる機材へようこそ!


    メーカーやSHOPのように、商品べた褒めではなく、感じたことを感じたままにお伝えします。
  • RSSに登録
人気ページランキング
DJ DRAGONへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

記事のリクエスト等お気軽に。
FC2カウンター

Copyright ©DJ DRAGONの気になる機材. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

アクセスランキング テスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。