DJ DRAGONの気になる機材

機材が大好きなDJ DRAGONが気になる機材を紹介していきます。

気になる記事検索
WEB全体の検索(ページの下部に表示)
この記事内のキーワード検索は上部のFC2バーより
最新記事
カテゴリ一覧
DJ教則動画
Youtube動画リスト

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Ableton Live8でトラックメイク始めませんか?

2011.08.11

category : Ableton Live

最近またトラックメイクなどをやりだそうとしているDJ DRAGONです。
今回は、いつも愛用しているなくてはならにソフトウェアLIVE8 についてです。

とっても簡単というイメージですが、奥の深さも併せ持っているソフトです。
今回は、DJ DRAGONがよく使っている機能だけを間単にご紹介します。


まずは、この2画面があることを覚えといてほしいわけですが、
こちらが縦画面(セッションビュー)
01session_s.jpg
普通のDAWならミキサー画面に当たるのではないかと思いますが
LIVEの場合、独特の機能がかなり詰まっています。
この部分の説明は今度・・・

こちらが横画面(アレンジメントビュー)
02arrangement_s.jpg
これが通常のDAWのメイン画面に近いと思います。
今回はこちらを使ってLIVE8をご紹介します。

まずは、こちらの動画
LIVEintroの紹介動画なので、シンプルでLIVEの基本がわかります。




それでは、DJ DRAGONがいつも使っている機能だけ紹介していきます。
細かい部分はかなり省きますが、それでもLIVE8の凄さが伝わると思います。

まず、画面の左上の部分ですが、
フォルダのマークになっているボタンが3つありますが、
一番上が基本的にLIVEに入っているLOOP素材などが入っているフォルダで、
2番目、3番目はミュージックフォルダなど、好きなフォルダを設定できます。
03ライブラリ
このマークはLIVEに搭載されている音源や、エフェクターが入っています。
04LIVEデバイス
LIVEの凄いところは、これらのフォルダの中の音の試聴も簡単にでき、
アレンジメントビューにドラッグ&ドロップで簡単に貼り付けができるんです。
MIDIクリップも、音源と一緒に貼りつき、とっても簡単です。
さらに!どんな音源も曲のテンポに勝手に合わせてくれちゃいます♪




あと、一番使う機能がこちらの「DRUM RACK」機能!
05DRUMRACK.jpg
パッと見てわかると思いますが、MPCみたいなPADサンプラーです。
16個のPadが7~8個分くらいある、十分すぎるサンプラーです。
これにPadKontrolなんかを接続するとMPCみたいにプレイできます。

あと、このドラムラックを使った面白い機能が
こちらのスライス機能。
06スライス
まず、オーディオ素材をアレンジメントビューに放り込みます。
そして、右クリックすると、下のほうに「新規MIDIトラックへスライス」という項目があります。
(Macだとたぶんコマンド+クリック)

すると、こういうスライスの設定が出てきます。
07スライス設定
よさそうなものを選んでください。

08スライスDRUMRACK
こんな感じで、ドラムラックにスライスされます。

09MIDIクリップ
同時にこういうMIDIクリップも作成されます。
少し長めにスライスして、このクリップの入れ替えをすると
ビートの組み換えが簡単にできちゃうんですね。

この動画の4:12くらいからスライス機能の紹介。

その他の動画は以前のブログでご紹介しています。



あとは、ドラムラックの代わりみたいなサンプラーです。
LiveのIntroなどでは、DrumRackの編集ができないので、
こちらの「Impulse」をメインで使うことになりますS。
10Impulse.jpg
Pad8つのサンプラーです。
画像のSWAP機能を押すと左上によさそうな音が出てきますので、
簡単にドラムセットを作ることができます。

そして、結構便利なのがこちらの「Simpler」
シンプルな単音サンプラーです。
11SIMPLER.jpg
自分の好きな音を放り込んで、それに音階をつけて打ち込みができます。
ペットの声なんかを録音して、ペットが歌ってるみたいになんてことも簡単です。

あらかじめ入っている単音の音源を捜すなら「InstrumentRack」
WS000000_20110818015359.jpg
Suite8ならこの部分の音源がかなりの容量入っています。
一応、インストール容量は
SUITE8が48GB、LIVE8が約20GB、LiveIntroが8GB必要。



単音のサンプラーがあってもメロディの入力なんてできない!
って人のためのMIDIエフェクターが結構便利です。
12Chord_arp.jpg
左側が、CHORDのエフェクター
単音のキーを引くとその音を元にコードみたいに鳴らしてくれます。
右側はアルペジエイターで、勝手にメロディを弾いてくれます。

13rand_Scale.jpg
こちらの左側はランダム。
キーボードを押すたびに勝手にランダムに演奏します。
右側はスケール。
ギターなどだと、スケールを覚えて、そのポジションを弾けば
ソロパートが演奏できるようになりますが、
このMIDIエフェクトはそのスケール以外の音が発音されないようになります。

これらのMIDIエフェクトをSimplerの前において
うまいこと組み合わせればキーボードがまったく弾けなくても
以外にメロディの打ち込みができます。



最後にちょっと便利なLIVE8の機能をご紹介。
KEY_MIDI.jpg
画面右上のこの部分ですが
左側のキーボードみたいなボタンを押すと
PCのキーボードのAからド・レ・ミとキーボードの入力ができるんです。
Z/Xでオクターブの変更もできちゃいます。

それから、その隣のKEYとMIDIのボタン。
KEYMAP.jpg
KEYを押すとPCのキーボードにアサインできる部分が赤くなります。

MIDIMAP.jpg
MIDIを押すと外部MIDIコントローラー等へアサインできる部分が青くなります。

これらの色の変わった部分をクリックして、アサインしたいキーボードのボタンや
MIDIコンのボタンなどをいじるだけで簡単にアサインができちゃいますS。

これ、普通のDAWならかなりめんどくさい設定なんですけどLIVE8なら簡単♪




いつも使っている機能だけの簡単な紹介でしたが、
LIVE8の良さは伝わったんでしょうか?

こちらから、Live8のデモバージョンがダウンロードできますので
気になった方は、ちょっと試してみてはいかがでしょう?

また、LIVEの3つのラインナップの比較表はこちらをご覧ください。










学生割引バージョン


ブログパーツ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
プロフィール

DJ DRAGON

DJ DRAGONの気になる機材へようこそ!


    メーカーやSHOPのように、商品べた褒めではなく、感じたことを感じたままにお伝えします。
  • RSSに登録
人気ページランキング
DJ DRAGONへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

記事のリクエスト等お気軽に。
FC2カウンター

Copyright ©DJ DRAGONの気になる機材. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

アクセスランキング テスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。