DJ DRAGONの気になる機材

機材が大好きなDJ DRAGONが気になる機材を紹介していきます。

気になる記事検索
WEB全体の検索(ページの下部に表示)
この記事内のキーワード検索は上部のFC2バーより
最新記事
カテゴリ一覧
DJ教則動画
Youtube動画リスト

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PIONEER CDJ-2000NEXUS VS CDJ-2000 実機レビュー

2012.09.19

category : CDJ

来ましたね!最高峰モデル「CDJ2000」のモデルチェンジ!!
CDJ2000NEXUS(以下、NEXUS)の登場です!!
zoom_cdj2000nexus.jpg

発売は9月末の予定のようですが、実機をチェックできたので
コレまでのCDJ2000とどう変わったのかを見ていきましょう!!



大きなポイントは3つ!
●iPhone/アンドロイド版の「rekordbox」を直接接続可能!
●大型波形の表示
●ビートシンク機能の搭載

プラスアルファで2つ!
●SLIP機能の搭載!
●クオンタイズのON/OFF!

では、順を追って比較していきましょう。

まずは、外観
IMG_1493.jpg
もちろん左がNEXUSです。(以下、大体左がNEXUS)
やっぱり波形が目を引きますねー!

IMG_1485.jpg
イルミネーションはちょっと白っぽくなった気がする。
CDJ2000も、JOGイルミネーションの明るさが調整できるんですが、
このCD取り出し部分の明るさは変化しなかったのが、
NEXUSはこの部分の明るさもJOGイルミと一緒に変化します。

外観つながりで
IMG_1458.jpg
こちらがNEXUSのJOG
JOGの色がちょっとシルバーがかっているいるのと、
肌触りがちょっと変わっていて、溝が深くなったのか
よりアナログレコードっぽい質感になっていました。

IMG_1459.jpg
こちらがCDJ2000のJOG

IMG_1443.jpg
この部分もちょっと高級感が増している感じです。

IMG_1444.jpg
CDJ2000



では、電源をつけよう!
ってところで、気になったのがこれ!
IMG_1461.jpg
電源ケーブルが以前のメガネ型からパソコン等でよく使われる
3芯タイプのものに変わっていました!
電源も大容量になるし、アースも接続できるわけなので、より音質も良くなっているのか?

IMG_1460.jpg
以前のCDJ2000の電源

音質が違うか同じ音源、同じ設定でじっくり聞き比べてみましたが
NEXUSの方が良くなっているという先入観もあってか
わずかにNEXUSの方が良くなっている気がしました。
(と言っても、ほとんど違いが分かりませんでした・・・)



それでは内容の紹介!まずは、
●iPhone/アンドロイド版の「rekordbox」を直接接続可能!
IMG_1464.jpg
NEXUSには、このUSB-DOCK用のぶっといケーブルが付属されています。
これで、iPhone/iPad/iPod Touch等が接続可能になります。
(アンドロイドの方は別途準備が必要です。)

接続して、
IMG_1509.jpg
NEXUSの、USBのボタンを押すと
NEXUS側から接続されているスマホが選択できます。

IMG_1510.jpg
コレまでのUSBデバイスと同じようにNEXUS側から曲が選べます。

IMG_1511.jpg
NEXUSからはこのようにジャケットが表示されます。


試しに、iPhoneを接続している状態で電話をかけてみましたが、
プレイには影響が出ませんでした!!
rekordboxはバックグランドで動くのでしょうか?
iPhone1台でUST配信しながらプレイとかもできちゃうかも知れませんね。
(これは試していないですので、鵜呑みにしないでください。NEXUSでの使用時は、機内モードでの使用を推奨します。)

また、LINKケーブルで繋いだCDJ2000側からもiPhoneの曲が使用できました。
NEXUSを1台追加すれば他のCDJ2000でもスマホのrekordboxの楽曲が使用できそうですね。



IMG_1466.jpg
NEXUS

IMG_1467.jpg
CDJ2000

この部分に増えたrekordboxのボタンは有線接続では使用しませんでした。
無線のときに使うのでしょうか?



●大型波形の表示
やはり一番目を引く機能がこの大型波形!
IMG_1475.jpg
右側のつまみで波形のサイズを調整できます。
一番縮めた状態。

IMG_1476.jpg
一番大きくした状態。

後半紹介する、クオンタイズ機能用のビートグリッドが
ずれていたりした場合、
IMG_1506.jpg
右側のつまみを長く押すと「GRID」の調整モードに

IMG_1507.jpg
つまみを回すと拍位置が調整可能です。


この大型波形などは、今後CDJ2000にもバージョンアップで追加される可能性があるそうです。
(その他の機能もCDJ2000バージョンアップで多少使えるようになるそうですが、どこまで追加されるかは全く未定のようです。)



●ビートシンク機能の搭載
IMG_1500.jpg  IMG_1499.jpg
NEXUSには「MASTER」と「SYNC」のボタンが追加されています。
先に再生している曲をMASTERにしておけば、SYNCを押したNEXUSが
MASTERのNEXUSのBPMにぴったり同期するっていう機能です。

同期した状態でMASTER側のピッチコントローラーをいじっても、
SYNC側のNEXUSはBPMは同期したままらしいですよ。

残念!!!
NEXUSが1台しかないので、この機能はチェックできませんでしたが、
拍位置の調整がコレだけきっちりできているので
ぴったりシンクするのは間違いなさそうですね。
3台以上のCDJ使いなどはシンクがついているからTRAKTORを使っていた方も
多いのではないかと思いますが、NEXUSなら不安定なPCに悩まされることもなさそうですね。



意外にすごかったのが、プラスアルファといった2つ!
●SLIP機能の搭載!
IMG_1473.jpg
SLIP機能というのは、例えば再生中に
LOOPしたり、スクラッチしたり、HOTCUEを使ったり
したときに、通常はLOOPやスクラッチを解除したところから再生されますが、
SLIPをオンにしている場合、LOOPやスクラッチをしているときも原曲は再生し続けて、
解除すると、原曲の再生している先の時間から再生されます。

よく分かりづらいので、この説明はPIONEERのHPより

cdj2000nexus_09.jpg
【例】LOOP時にSLIP機能を使用する場合
①LOOPのINボタンを押す
②OUTボタンを押す
③LOOが完成
④出力される音は、LOOPの音のみ
⑤EXITボタンが押されるまで、曲はバックグランドで動き続ける
⑥EXITボタンをプッシュ
⑦出力音がLOOPから原音に戻る

ちょっと難しいですが、分かりますでしょうか?

LOOPや、HOTCUEなどと組み合わせると、面白いですよー!
今回から、再生ボタンにもSLIPがきくようになっているようです。

また、JOGを触っているときもSLIPがききますので、
IMG_1478.jpg
この状態でビートに合わせてJOGをタップすると、
TRANCEのエフェクト効果が得られます。(ストロポっぽい感じ)

IMG_1477.jpg
この状態でJOGをタップすると、ちょっとブレーキがかかった感じで面白いです。



●SLICE機能を追加することで、LOOPとROLLが可能に!
IMG_1495.jpg
CDJ2000

IMG_1496.jpg
NEXUS
CDJ2000のLOOPのイン・アウトの下についていた
4-BEAT LOOPボタンが、インボタン長押しにまとめられています。
LOOPボタンの下のボタンが2つになり、
上のボタンが「LOOP」モード
下のボタンが、「SLIP」モードですが、
コレが、「ROLL」モードとも取れます。

IMG_1497.jpg
LOOPモード時は、この部分が赤枠で表示されます。
1/8~16拍までのLOOPが設定できます。

IMG_1498.jpg
SLIP(ROLL)モード時は青枠で表示されます。
1/16~2拍までのROLLが設定できます。
ROLLはSLIPモードが動いていますので、解除すると原曲の再生先へ飛びます。

LOOPモード時は、一度押すとEXITを押すまでLOOP再生
ROLLモード時は、押している間だけLOOP再生
となっています。

LOOP_20120919134722.jpg
LOOP時は、このボタンでLOOPを半分にしたり、2倍にしたりできます。

さらに!
IMG_1470.jpg
NEEDLE SEARCHボタンもパワーアップしています!

LOOPをONにすると!
IMG_1471.jpg
光ります!
押し間違いの無いように仕切りもついていますね!

IMG_1467.jpg
CDJ2000



●クオンタイズのON/OFF!
IMG_1512.jpg  IMG_1513.jpg
NEXUSにはこの部分に新しくクオンタイズのオン・オフボタンが追加されています。

NEXUSから、リバースレバーや、HOTCUEにもクオンタイズが利くようになっています。
(CDJ2000はHOTCUEやリバースにはクオンタイズは利きません。)

特に、HOTCUEを使う場合、ビートを崩したくない場合はクオンタイズが利いたほうが良いですが、
例えばHOTCUEを連打したり、キック・スネアでビートを叩いたりする場合
クオンタイズが掛かっているとおかしくなるので、クオンタイズはオフにできます。



●その他、キーでミックス!!
IMG_1502.jpg
この画面で、おや?と思った点。

IMG_1503.jpg
曲のキーが表示されています!!!

IMG_2195.jpg
ブラウザーのこの部分!
KEYの表示が!

IMG_2196.jpg
↑では何故かA♭mとか選択してみていますが、
A♭mに関連するキーまで選べます。
このキーに該当する曲からの選曲ができちゃうわけです!!

これによって、今まで気づかなかった相性の良い曲のつなぎなどができるようになるわけですね!



いやー!すばらしいですねーーーー!!!

ビートシンクや、スマホの使用、キーでの選曲など、
こんなのつけるとDJの意味がないじゃん!!っていう書き込みも見かけますが
いやならその機能を使わなければ良いわけですし・・・

自分でBPM合わせれないなんてのはどうかとは思いますが、
例えば3台-4台のプレイヤーを使うような高度なミックスを行う場合
ビートシンクに気をとられなくなることで、エフェクトや選曲に時間を使えるため、
より、プレイの幅が広がることは間違いないでしょう!!

CDJが出てきたときも、スクラッチライブが出てきたときも同じように
ある程度拒否反応する方もいたわけですが、今やそれがスタンダードなわけです。

PCDJを使う方の大きな分類ですが、

1,アナログタンテでデジタル音源が使える(ScratchLive)
2,ビートシンクがついているので、3-4の音源のミックスが楽
3,LOOP、ROLL、エフェクト等の機能が豊富
4,音質が良いから(TRAKTOR)

という感じではないでしょうか?
NEXUSなら、1 以外いけそうですね!



実際触ってみたいって方はお近くの
パイオニアDJ機器取扱店舗へ行ってみてはいかがでしょうか?
実際においているかは直接お確かめください。

ブログパーツ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
プロフィール

DJ DRAGON

DJ DRAGONの気になる機材へようこそ!


    メーカーやSHOPのように、商品べた褒めではなく、感じたことを感じたままにお伝えします。
  • RSSに登録
人気ページランキング
DJ DRAGONへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

記事のリクエスト等お気軽に。
FC2カウンター

Copyright ©DJ DRAGONの気になる機材. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

アクセスランキング テスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。