DJ DRAGONの気になる機材

機材が大好きなDJ DRAGONが気になる機材を紹介していきます。

気になる記事検索
WEB全体の検索(ページの下部に表示)
この記事内のキーワード検索は上部のFC2バーより
最新記事
カテゴリ一覧
DJ教則動画
Youtube動画リスト

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

フリーでトラック分けからCDライティングまでできるXO Wave Free!(Mac)

2013.12.17

category : フリーソフト

このブログを始めた頃に書いた、
フリーソフトでトラック分けという記事が定番化しているようですが、
DJ DRAGONがMacをメインで使うようになったので、探していたところ、かなり良さそうなフリーソフトを発見しました!
以前の記事だと、トラック分けするソフトと、CDを焼くソフトが別で、面倒でしたが、今回紹介するソフトは1つのソフトでトラック分けからCD作成までできるので、かなりオススメです!

XO Wave Free
1.png
XO Waveのページにいくと、次のソフトを作ってるのでこのソフトは終了です。と書いています。
サポートも終了しているようですが、良かったら有料版を購入してあげてください。

次のソフトはWebブラウザベースのXO Namiという波形編集ソフトらしい。
WebベースってCDライティングまでできるのかな?という疑問があるので、ミックスCD目的の方はXO Waveを今のうちにダウンロードしておきましょう。


XO Wave Freeをダウンロード
まずは、XO Waveのダウンロードページから、XO Wave Freeをダウンロードして下さい。

2.png
インストールはダウンロードしたものをアプリケーションフォルダにドラッグ&ドロップしてください。

そのまま開くと使用可能。
3.png
こういうメッセージが出ますが、そのまま開く。

エラーがでて、開けない場合があります。
4.png
システム環境設定の、

5.png
この辺りに出てくるメッセージから開く事ができます。


では、ソフトを起動

6.png
開いたら、Create New Sessionをクリック。

7.png
毎回表示させたくなければ、チェックを入れてOKしておいた方が後々楽です。

8.png
XO Wave Proへアップグレードしますか?と聞いてきますが、とりあえずNot NowでOKです。

9.png
編集画面が開きました!
録音する事も可能だと思いますが、今回は、最近のDJはSerato等で録音したファイルを後で編集するパターンが多いと思いますので、既に録音されているミックスを読み込む感じで紹介します。


録音された音源を読み込み

10.png
File→Import Audio→Import Single Fileを選択。
Macに録音しているミックスを選択してください。

11.png
COPYでいいと思います。

12.png
これも毎回表示されますので、チェックを入れてOKで次回から表示されなくなります。

13.png
AUDIOファイルのインポート

14.png
Create new trackをクリック

15.png
こんな感じでインポートされました。


トラック分けの為のトラックマーカーをつけよう。

17.png
波形が長過ぎる場合は、ここの虫眼鏡ツールでサイズを調整してください。

16.png
で、この部分をクリックして、CDのマークを選んでください。

19.png
曲を聞きながら、トラックナンバーを入れたいポイントのこの辺りをクリックすると、そこにトラックナンバーがつきます。後で簡単にずらす事もできます。


CDのマスターデータを作成

20.png
トラックナンバーをつけ終わったら
File→Burn CD→Create CD Master

21.png
Next

22.png
CDのタイトルを入れます。
(Free版では反映されません。)

23.png
基本的に気にせずNextでOKです。

24.png
チェックが入っている事を確認して、そのままDone!

25_20131217024017844.png
これでマスターが完成。
Next。


CDライティングへ

26.png
CDを焼きます。

27.png
真ん中の項目で、Don't Limit Pregapsが選ばれていれば、トラック番号の変わり目に無音部分がないミックスCDが作れます。

28.png
ライティング速度を選択する画面ですが、何でも良いです。


Free版の制限

31.png
エラーっぽいのが出ますが、びっくりしないでください。
大雑把にいうと、

XO Wave FreeはCD焼けるけど、3つの制限があります。
・ライティングスピードは最低スピード(1倍)です。
 しかも、ライティングが始まるまで3分待ってください。
・CD Text,ISRC,MCNデータは含まれません。代わりに、
 「Burned with XO Wave Free」というタイトルが含まれます。的な・・・
・CDテキストには対応していません。

というメッセージです。

ですので、CDライティングは3分後からスタートしますので、気長に待ってください。
同じタイミングでラーメンにお湯を注ぐと良いでしょう。


3分後にCDライティングがスタート

34.png
3分したら、CDライティングが始まります。
この部分に進行状況が表示されます。 クリックすると。

35.png
もう少しわかりやすい進行状況が確認できます。

36.png
このメッセージが出たら完了です。



Free版はCDを焼く前に、3分間待って、ライティングのスピードも等倍速になります。
かなり時間かかるかもしれませんが、無料なので我慢です。
約1万円で有料版にできます。

でも、1万円だすなら、Wave Labとか買った方が良さそうですね。
Wave LabでミックスCDを作るやり方も以前紹介しています。
MacでMix CDを作れる!Steinberg WAVELAB ELEMENTS 7

ブログパーツ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
プロフィール

DJ DRAGON

DJ DRAGONの気になる機材へようこそ!


    メーカーやSHOPのように、商品べた褒めではなく、感じたことを感じたままにお伝えします。
  • RSSに登録
人気ページランキング
DJ DRAGONへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

記事のリクエスト等お気軽に。
FC2カウンター

Copyright ©DJ DRAGONの気になる機材. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

アクセスランキング テスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。